【アニメ感想】ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル 第16話「果てしなき跋扈の終わり」

 PSO2の16話を見て感想を書かせていただきます。
 怒れるルーサーさんはダークファルスにその身をやつしてしまいました。
 アッシュさん達は彼を倒してアークスを正常化することが出来るのでしょうか。

【内容】
 シオンを失ったルーサーはダークファルスの力を解放して襲いかかってきます。
 アッシュは一撃で倒され、マトイもまた吹き飛ばされてしまいます。
 ゼノやレギアス、マリア、ヒューイ、カスラが次々とやってきますが……

 ルーサーは自分に刃を向けてくる六芒均衡を「万死に値する」と言い放ちます。
 リサはちょっとした超新星爆発が起こると物騒なことを言い出します。
 六芒均衡とルーサーの戦いが繰り広げられ、さすがのルーサーも5人相手では厳しいようです。

 自分が生き残っていれば「全知」へとたどり着くと主張するルーサーさん。
 初代クラルスクレイスの名前を出してレギアスを味方に引き入れようとして逆に怒らせてしまったようです。
 アッシュはルーサーの攻撃を受けきり、ルーサーはそんな風に作った覚えはないとつぶやきます。

 戦いの果てにルーサーは倒れますが、船がもうしばらくすると爆発するらしいです。
 ダークファルスの「双子」が出てきてルーサーを食べてクローンっぽいのを作ってしまいます。
 アッシュ達は脱出に成功し、ルーサーのことは当面は秘密にせざるを得ませんでした。

 カスラはアッシュとマトイに「秘密」が隠されているのではと推測していました。
 レギアスはアッシュに、マトイから目を離すなと言ってきました。
 イオがアッシュに声をかけてきて、アビスに操られてアッシュを殺そうとしたことを謝罪します。

 リサは謝らないどころか楽しく戦わせてもらったから「ありがとう」とお礼を言ってきました。
 「次は本気で殺し合いましょうね」と物騒な言葉が気になりますが……
 マトイは正式にアークスに任命され、これまでどおりにアッシュやアフィンと一緒に任務に出られるそうです。

 クーナのライブが行われる一方で、テオドールは荷物運びに専念しているようです。
 シオンの光を見届けた後、アッシュ達は惑星リリーパの調査にやってきました。
 クラリスクレイスはうさぎのような耳のリリーパ族と自分が死んでも悲しくないと言って涙を流します。

 マトイは本物も偽物もどうでもいいといってクラリスクレイスをフォローします。
 ヒューイは「お前という人間はお前一人だ」と言っていい流れでお話をしめてきました。
 アッシュ達の前に新たなダークファルス「アプレンティス」が現れますが……

【感想等】
 ルーサーが「敗者」という意味だったのは公式サイトを見てはじめて気づきました。
 この名前の時点で彼が「全知」に到達することは不可能だったのかも。
 カスラさんでなくてルーサーさんが「万死に値する」と言ってくるのはちょっと面白いです。

 釘宮さんの少年声と女性役が一度に出てくるのは他ではなかなかなさそうな気がします。
 リリーパ族がもふもふしてすごく可愛いですし、クラリスクレイスさんにもフォローがあってよかったです。
 残りのお話でマトイさんの記憶を取り戻したりダークファルスと戦ったりするのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム