【アニメ感想】A3! SEASON SPRING & SUMMER 第3話「おやすみシアター」

 A3の3話を見て感想を書かせていただきます。
 旗揚げ公演を目指して練習を続ける一同ですが……
 彼らの前に現れた男は一体何者なのでしょうか。

【内容】
 一人でゲームをやっていた至に壁ドンされたいずみは台本を渡してその場を去ります。
 オープニングの後、団員を集めて台本を読み合わせることになりました。
 真澄はすでに台本を覚えていたようで、咲也が「棒読みすら出来ていない」とダメ出しします。
 
 至は体調がよくないからと早退し、代役はいずみがすることになりました。
 真澄は綴が何もキャラをつかんでいないと言い、綴は「和を乱すな」と激怒します。
 いずみは役者同士がぶつかるのを見て頭を痛めてしまいます。

 綴は咲也やシトロンと同じ部屋にやってくる一方で、真澄は学校ではひとりぼっちなのだとか。
 真澄は両親も海外であまり人と関わるのに慣れていないらしいですが……
 綴は6時に集合して朝練でもするかと言い、自分の部屋に戻ることになりました。

 咲也達は至を尋ねますが怒号が飛んでいて、ゲームをしているのを見て呆然とします。
 シトロンは至を「ジャパニーズ干物」と言い、至が廃人だとわかる彼も相当のもののようです。
 次の日、咲也やシトロンだけでなく真澄や至もやってきて一緒に練習することになりました。

 朝練のおかげで読み合わせはうまくいったものの、時間が足りないのもまた事実でした。
 昔の衣装はボロボロでしたが、直してくれる知人がいるそうです。
 いずみは初代春組に連絡を取ろうとし、至はトイレだと言ってゲームの続きをします。

 初代春組の「鹿島雄三」が出てきて演技を見て、問題外、やり直せと容赦なくダメ出しをしていきます。
 雄三は咲也はいくらでも伸びると言い、今の惨状は監督の責任だと言い放ちます。
 咲也はこのままでは続けられないと言い、少しでも理解出来るために舞台の上で寝ると言い出します。

 5人は舞台の上でふとんを敷き、ダメ出しに不満を述べつつも愛の鞭なのかと思えてきます。
 咲也は小学生のときに初めて演劇を見たときのことを語り出し、真澄は意外にも同調してきました。
 「もっと芝居がうまくなりたい!」と叫んで、互いに指摘しながら練習を進めるのでした。

【感想等】
 至さんの正体にドン引きしましたが、うまく切り抜けたのはさすがだと思います。
 それほど腐っているわけでもないので、いずみさんが紅一点として出るのもありのような気がします。
 真澄さんのスペックはすごいものの、どうしても協調性のなさが目につきます。

 咲太さんが真澄さんの学校でのことを話しますが、そのうち彼らの学校パートもやって欲しいかも。
 シトロンさんが「干物」と言ったところで某干物妹のことを思い出しました。
 鬼コーチが出てきてスポ根ものっぽくなりましたが、咲也さんはこれからどう伸びていくのか気になります。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちょっとどころじゃねえし… 立派な廃人ダヨ… 劇団辞める!?

Re: No title

> ちょっとどころじゃねえし… 立派な廃人ダヨ… 劇団辞める!?

 劇の稽古と廃人を両立するのは只者ではないと思います。
 これで昼も仕事をしているとしたら、彼はいつ眠っているのでしょうか。

No title

まぁ、至は元々芝居を本気でやるつもりはなかったですからね(三食付きの条件がついている寮が魅力的だっただけで)。最初は芝居はついでみたいな感覚だったのでやる気がないように見えるのはしかたがないのかな。

Re: No title

> まぁ、至は元々芝居を本気でやるつもりはなかったですからね(三食付きの条件がついている寮が魅力的だっただけで)。最初は芝居はついでみたいな感覚だったのでやる気がないように見えるのはしかたがないのかな。

 やる気がなかった彼が役者に成長していく過程を、
 楽しんでいけたらいいなと思います。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム