【アニメ感想】映像研には手を出すな! 第4話「そのマチェットを強く握れ!」

 映像研の4話を見て感想を書かせていただきます。
 短編アニメを作って予算獲得を図る一同ですが……
 どのアニメでも生徒会は絶対の権力を握っているのでしょうか。

【内容】
 みどり達は短編アニメを作っていましたが、どうもうまくいかないようです。
 ツバメはマチェットを振り回しますが煙の動きがうまく書けないのだとか。
 先人の編み出した技をチェックしていたらさやかができあがりを見に来いと言ってきます。

 映像はよく動いていたものの「早く全カットみたいですよね?」と突っ込みを入れるさやかさん。
 このままでは間に合わないらしく30日徹夜で書けとむちゃくちゃなことを言ってきます。
 風景だけのカットを入れることで全てのシーンに動画を描く必要がないとのことですが……

 移動は同じ背景を繰り返したり光を入れたり、青空に入道雲を見せることになりました。
 さやかは「漫画もモノクロですよ」「間に合わないと意味がない」と言い放ちます。
 ツバメは手書きにこだわりますが、さやかは数字が上がっていないと現実を突きつけてきました。

 「手書きかデジタルかなんて見る人にはわからない」とさやかさん。
 台詞なしはやむを得ないですし美術部も発表資料を作るので忙しくて手伝ってくれないそうです。
 さやかは自腹で食料を買ってきて、机の下で眠っているみどりを発見します。

 すでに発表当日になりますが、下校しないのは不退去罪になってしまうのだとか。
 さやかは前もって宿泊許可を出していますが、生徒会は手を出してはいけない手強い相手らしいです。
 生徒会は映像研の破壊行為は問題だと言いますが、さやかは無表情で問題はないちひと言。

 さやかはトラブルを学校側の不祥事にすり替え、みどりは江戸っ子の口調で涙ながらに訴えます。
 生徒会は映像だけなら流してもいいと言ってきて、そのマチェットを強く握れとタイトルを回収します。
 女子高生が画面狭しと暴れ回って戦車と格闘し、生徒会も活動を認めざるを得ませんでした。

 生徒会は「こいつらに予算渡したらどうなるんだろうな」とつぶやきます。
 予算をいただいた彼女らがどんなアニメを作るのか、わたし、気になります!

【感想等】
 初めてのアニメ制作でこれほど動くのは只者ではありません。
 オープニングで謎の動きを見せる3人を見ていると楽しく生きているのだろうと思います。
 何事も楽しまなければ本当にいいものは出来ないのでしょうか。

 現実を突きつけるさやかさんがいてはじめてカタチになるのだと実感します。
 学校で徹夜なんてしたことがないのでこの情熱がうらやましいです。
 予算を手に入れた彼女らがどんな世界を作り上げるのか、最後まで刮目して見ていきたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム