【アニメ感想】コレクター・ユイ 第2期 第25話「コムネット崩壊!?」

 コレユイの2期25話を見て感想を書かせていただきます。
 終盤らしく最大の危機が訪れ、最後の戦いが始まったように思えます。
 ユイさん達はコムネットの平和を守ることが出来るのでしょうか。

【内容】
 老人を操っていた「黒幕」はコムネットに復讐することが来たとひと言。
 あちこちのネットで次々とバグルスが発生し、愛は3つに別れて対処することを提案してきました。
 春菜はシンクロやコントロルの力を借りて暴走する車のバグルスをイニシャライズします。

 愛はエコの力を借りていがぐりを切断し、その中に潜んでいたバグルスをイニシャライズします。
 ユイはキョンシーのバグルスをイニシャライズしますが、バグルス発生のペースの方が早いようです。
 さらにはユイ達の通うスクロール学園のセキュリティなど現実社会にも影響が出始めます。

 犬養博士はコムネット時間と現実の時間の流れを同じにして時間を稼ぎます。
 ユイ達にも疲れが出始める中、犬養博士はフリーズのバグルス探知能力に全てを賭けることになりました。
 博士はコレクターズを全員呼び戻し、中心である少女をイニシャライズするしかないと断言します。

 クマちゃんが連れていってくれと言った後、春菜、愛、ユイの変身シーンが続きます。
 ユイ達は自分の学校に影響があったと聞いてますます闘志がわいてきました。
 フリーズを追いかけた先は壁でしたが、愛は壁を殴って道を作り、バグルスと化した老人と戦うことに。

 老人は長い髪でコレクターズを翻弄し、ユイは苦戦しながらも老人を倒すことに成功します。
 フリーズは老人を問い詰めようとしますが、彼ですら黒幕に操られていただけでした。
 向こうにはバグルスの中心があり、愛の母親の後ろから「黒川」という男が現れるのでした。

【感想等】
 次々と出てくるバグルスは終盤でありがちなボスラッシュでしょうか。
 コムネットの異変が現実世界にも影響を及ぼすのを見ると最大の危機と言っても過言ではないかと。
 向こうの世界と現実世界を同期するのは後のSAOでもあったような気がします。

 これまでバイトをクビになり続けたフリーズさんが決め手になったのはよかったです。
 「黒」幕だけに「黒」川さんなのかはわかりませんが、彼を倒して全てが終わる感じでしょうか。
 次回タイトルが「みんな友だち」というタイトルなのでハッピーエンドになると思いたいです。
 

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム