【アニメ感想】ライフル・イズ・ビューティフル 第12話(終)「ファイナル・イズ・ビギニング」

 ライフルさんの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 昨年の秋はきらら系不在の中、もっともきらら系に近い作品が本作だったのかも。
 てっきり前回で全国大会は終わったとばかり思っていましたが……

【内容】
 千鳥高校の皆さんはバスで移動していましたが、裕子先生はのけ者にされたとつぶやきます。
 今日は「ファイナル」と呼ばれる個人戦が行われ、これがミサ達3年生にとって最後の試合なのだとか。
 沙由は個人戦の優勝だけでなくエリカを手に入れることが目的と言いつつも声をかけられませんでした。

 秋田の代表の女の子は他に相手がいなかったから予選すらなしで全国出場したそうです。
 ミサはひかりとともに気合いを入れ、大人しめだと思っていた小桜も吠えてきました。
 涼子はミサの姿を焼き付けたいと言い、競技2日目にはひかり、雪緒がカレーの移動販売に着目します。

 雪緒は「攻めてカレーくらい甘口でいきたい」と言い、るりは可愛いキーホルダーを買おうとしていました。
 ミサは予選突破には微妙に足りないみたいですが、エリカは千鳥で一番先に撃つ選手がいい得点を出すといってきます。
 ずいぶんと性格が丸くなったエリカは高得点を連発し、瀬玲奈は謎のロックバンドのシャツを着て暫定一位を出します。

 エリカは暫定2位でファイナル出場がほぼ確定しますが、同時に力が抜けて倒れてしまいます。
 75名が終了した段階でひかりが撃つことになり、学校では自分達に色恋沙汰が起こらないことに呆然としていました。
 ひかりはあまりにもひどい結果に呆然とし、気がついたら泉水と一緒に体育座りをしていました。

 ファイナルでは真帆が圧倒的な実力を見せつけ、ひかりはあの人ともう一度撃ちたかったとひと言。
 エリカは結果7位、雪緒はファイナル進出はならず、あきらは4位で全ての競技日程が終わります。
 先生は「夏休みはまだ始まったばかりよ!」と叫び、真帆は「次は大きな舞台で」といってくるのでした。

【感想等】
 最終回でもオープニングが流れればいつかは13話があるのではと思いたいです。
 秋田の子というとうまるちゃんの海老名ちゃんをふと思い出します。
 小桜さんも似たようなタイプだと思っていたらいきなり吠えてきたのが可愛いです。

 るりさんが可愛いもの好きだったり、カレーを食べたりと試合以外も楽しいお話でした。
 最後の最後にきつい現実を見せてきて、体育座りをしているところでもらい泣きしてしまいました。
 ひかりさんはまだ1年生ですし先(2期)もあると思いつつ、一旦は筆を置こうと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム