【アニメ感想】宝石商リチャード氏の謎鑑定 第2話「ルビーの真実」

 リチャードさんの2話を見て感想を書かせていただきます。
 ひょんなことからリチャードさんのお店でアルバイトをすることになった正義さんでしたが……
 サファイアの次はルビーだとどう見てもポケモンさんが頭に浮かびます。

【内容】
 エトランジェでバイトをはじめた正義はロイヤルミルクティーを作っていました。
 色々な客が出てきてリチャードはフランス語(?)をはじめとする色々な言葉で接客します。
 リチャードは正義に偏見を持たずに差別的発言をしないようにと念を押します。

 オープニングの後、明石真美という女性がやってきてルビーの「鑑別」を依頼してきます。
 ルビーが「ヒート」しているのかそうでないのか確かめてほしいそうですが……
 正義は鶏肉についている血の塊のようだと言い、鳩の血という形容が存在するらしいです。

 真美が財布を忘れたのを見た正義はリチャードが声をかけるのも聞かずにそれを届けに向かいます。
 正義は真美の思い詰めた表情に祖母を重ね、リチャードはヒートの有無の確認は滅多にないと言ってきます。
 市場に出回ったルビーの大半は加熱処理がされているらしく、それを確かめようとする人は稀なのだとか。

 リチャードは思い出ではなく数字が重要だと言い、正義は鉱物図鑑を見ていたら晶子が声をかけてきます。
 高校で地学の研究会に入っていた晶子はやたらと石に詳しいようですが……
 店には穂村貴志という男がやってきて自分が真美の婚約者で人を使って彼女を調べていたと言ってきます。

 貴志は真美に一目惚れしたものの、交際が進んだものの彼女が笑わなくなってやせ細ってしまったのだとか。
 リチャードが浮気相手ではないかと考えた貴志ですが、彼が言うには「明石」ではなく「砂州」真美が本名らしいです。
 貴志は別に浮気しても構わないとすら言いますが、真美は貴志とは結婚できないと言い切ります。

 真美は「砂漠で家庭菜園をするのが耐えられない」と出ていき、正義はバイト代がなくてもいいからと追いかけます。
 リチャードは問題は別の所にあると言い、真美は路上で倒れそうになってしまいます。
 真美は両親からはなるべく目立たないようにと言われ、数年の間に明石という女性と暮らしていたと言い出します。

 普通の幸せに憧れた真美は貴志と結婚しようとしたものの吐き気を催したりしたらしいです。
 場面が変わって(真美は髪の毛が短くなっていて)鑑定結果によると非加熱で1000万円を下らないものなのだとか。
 過熱していたら結婚するつもりだったという真美はブローチを返して結婚をやめると言い出します。

 リチャードは宝石の単位について聞いてきて多くの物差しがある世界の方が生きやすいと言ってきます。
 正義はお茶を全部飲んでもらったことに喜びを見出すのでした。

【感想等】
 冒頭から色々な言葉を話すリチャードさんも違和感なくそれを演じる声優さんもすごいです。
 働くのはどこでも大変だと思いますし、お客も一筋縄ではいかなさそうな気がします。
 普通のヒロインだと思っていた晶子さんが石を見て急にキャラが変わったのは想定外でした。

 宝石を見るだけでいきなり男女関係の話になってよくわからなくなってきました。
 浮気してもいいとまで言い切る貴志さんができすぎていて何か裏があるのではと邪推してしまいました。
 色々な価値観を認めることは難しいと思いますが、少しずつ考えていけたらと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム