【アニメ感想】ぎんぎつね 第12話(終)「夏越の祓(なごしのはらえ)」

 ぎんぎつねの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 他にアニメがなかったからか、年末年始で一気に最後まで来てしまいました。
 最終回もオープニングが流れるのは日常の延長という意味なのかも。

【内容】
 「夏越の祓」当日になり、まことは神社の境内を掃除しつつ銀太郎の様子を伺います。
 江津子が来たころには達夫は宮司の恰好になっていて、義友は「女子高生もいるし」と気合いを入れます。
 最後のオープニングが流れ、金髪の男が来たと聞いて将平だと思っていましたが……

 やってきたのは桐島先輩で、いろいろうんちくを述べた後、日輪子の巫女姿を見て興奮していました。
 たくさんの人が来て応対で疲れてしまう一方で、桐島先輩は祖母がイギリス人だと言っていました。
 義友はテレビの前で眠ってしまい、朱輝や祥奈が大河を連れてきますが女子のように見えてきました。

 まことはやってきたこずえに儀式(?)の説明をし、吉住もやや遅れながらもやって来ました。
 主将や小杉も出てきてお願い事を持ってきましたが、悟は「あの人(桐島)、連れて帰ってください」と言ってきます。
 小杉はまことの巫女姿を見て「天使」だと称賛し、ハルはうちの神社の方が人が多かったとひと言。

 まことはおばあちゃんに再会し、起きてきた義友も宮司の恰好になったら別人のようになっていました。
 義友はまことの姿を見て母親に似ていると言い、自分はお嫁さん募集中だと言ってきました。
 達夫が祝詞を読んで祈りを捧げ、儀式が終わってあとはお供え物を分ける「宴会」が行われるとのこと。

 銀太郎は神様に会っていたらしく、神なんていてもいなくても同じだと言ってきます。
 彼からすれば達夫や義友もガキらしく、まことは小さいときに父親のお嫁さんになると言っていたことを思い出します。
 まことは銀太郎に知り合いの神使にあいさつしてこいと言い、銀太郎はハルとともに去っていきました。

 夕日を見て「夏が来るね」と言って「夏越の祓」は終わったようです。
 最後は境内の掃除をして「皆さんをお待ちしています」と言ってお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 1話、2話ではきつい展開もありましたが、基本的には心が温まる作品でした。
 時期的に真逆ではありますが、参拝の作法等々、お正月向けのアニメと言ってもいいかも。
 桐島先輩と義友さんを足して二で割ると親類になる……というのはここだけの話です。

 最終回らしくたくさんの人が出てきて、賑やかで楽しそうな感じがよかったです。
 義友さんのひょうひょうとした感じが面白く、江津子さんが弟(達夫)に話しかけるところに優しさを感じます。
 まことさんと「琴浦さん」を間違えそうになったので、そちらの方も機会があれば見ておきたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム