【アニメ感想】失われた未来を求めて 第8話「すれちがう流星」

 われめての8話を見て感想を書かせていただきます。
 ゆいさんが奏さんのことを好きなのではないかと考える佳織さんですが……
 お話はここから一気にクライマックスへ突き進むような気がします。

【内容】
 ゆいはカレンダーを見て「明日」とつぶやき、佳織はゆいが奏を好きなのだと考えます。
 キーホルダーがなくなっていることに気づいてますますテンションを下げる佳織さん。
 愛理が後ろから抱きついてきて、いっそ2人が付き合ってしまえばいいのにと言ってきます。

 オープニングの後、奏はどうして自分を置いていったのかと言ってきますが……
 奏はどこかうかない表情をしていて、佳織はゆいに声をかけると「話をしたいことがある」と言われます。
 愛理は佳織のことをちゃんと見てあげてほしいと言ってこっそり唐揚げを食べてきます。

 現像した写真を飾ることになり、佳織はロッカーの上にあるコルクボードを一人で取ろうとします。
 奏はケニーのポージングが絶妙だと言い、ゆいと奏を見た佳織は浮かない顔をして教室に戻っていきました。
 ゆいは佳織や奏を見ていましたが、佳織は放課後、用事があるからと奏を避けてきました。

 愛理は佳織を追いかけろと言い、ケニーは奏を下着泥棒扱いし、ゆいも「早く謝ってください」と怒り出します。
 凪沙は全員が揃わないと嫌だと言い、愛理も佳織がいないと寂しいと連絡してきます。
 夕食を取った後、奏は玄関の外に出ていき、佳織の母は近くにいる人ほど言わないと気持ちが伝わらないとひと言。

 天文学会が全員揃ってシートを敷いて星を見ていき、奏は星座の解説を始めていきます。
 ゆいは「昨日の夜空もよかった」と言い、凪沙はケニー、愛理、ゆいを連れていって奏と佳織を2人きりにします。
 奏はくまさんのキーホルダーを佳織に渡し、元々のキーホルダーはぬいぐるみの代わりに奏がくれたとのこと。

 佳織は奏を好きだと告白してきて、ゆいのことはどう思っているのかと聞いてきました。
 ゆいは夜空に「明日」とつぶやき、ついにその「明日」がやってきましたが……
 奏、佳織は互いに相手を意識するあまり顔を真っ赤にし、奏は彼女を直視できずに他のところで昼食を取ります。

 ゆいは佳織をつかまえて改めて放課後に話があると言い、奏に佳織の様子がおかしいのは何があったのかと聞いてきます。
 奏は「告白されましたか?」と聞かれて困惑し、どうして返事をしていないのかと迫ってきます。
 佳織はクラスメイトにカラオケに行こうと言われ、さきほどの奏、ゆいを見ていたことからカラオケに向かいます。

 ゆいは佳織がいないと知って急に戸惑い、佳織は行く途中でカラオケをやめて戻っていきます。
 天文学会にも佳織がいないと知ったゆいは校舎の外に走り、佳織は男子生徒とすれ違ってキーホルダーが外れそうになります。
 入れ違いに天文学会にやってきた佳織は学会を休むと言ってゆいの元へと向かいますが……

 キーホルダーが車道に落ち、佳織はそれを取ろうとして暴走するバスに衝突されます。
 話を聞いた奏はすぐに病院に向かいますが……
 時間が経過してカプセルに入っているゆいの姿が映し出されるのでした。

【感想等】
 毎回ながらヒロインのスペックが高すぎてコンプレックスをこじらせてしまいそうです。
 佳織さんがくまさんがなくなっているのに気づいて、撤去が事故回避のためだとようやく気づきました。
 いかに目的があることとはいえ、佳織さんが浮かない顔をしていると胸が痛くなってきました。

 主人公が鈍感なのはよくあることとはいえ、佳織さんもその周りも彼に気を遣って大変そうです。
 8話にして1話とお話が繋がってきたかと思えば、再び悲劇が繰り返されてしまいました。
 残り4話でどうやってこの悲劇を回避し、ハッピーエンドに結びつけるのか、わたし、気になります!

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム