【アニメ感想】ちはやふる3 第10首「さねかづら」

 ちはやさんの3期10話を見て感想を書かせていただきます。
 主人公が修学旅行に行っている間に、太一さんも新さんも予選に挑んでいましたが……
 お二人のこともそうですが、原田先生がこのまま優勝できるかも気になります。

【内容】
 名人戦西日本予選の決勝は新と兄弟子の村尾との試合になりました。
 審査員達は周防の5連覇を止めるのは村尾よりもむしろ新だと考えているようですが……
 新はお腹が痛くなってトイレに行き、東日本予選で太一が負けてほっとしたことを思い出します。

 村尾はいつもどおりのカルタをしてきましたが、新は千早や太一を意識して集中できなくなってしまいます。 
 今の新なら勝てるとふんだ村尾は(次で引退するという)周防と戦える最後のチャンスをものにしようとしますが……
 村尾は新に「戻ってこい」と激励しますが、新はまたお腹が痛くなってトイレに向かいます。
 
 トイレに行っているうちに11枚差になりますが、まだ諦めていない新は冷静に札を動かしてきました。
 いつもの新に戻って反撃してきて、今は亡き祖父の言葉を思い出して勝つイメージを描いてきました。
 場面が変わるとクイーン戦の東日本予選は遥と由美子(?)が激しく戦っているようです。

 村尾は本来力のない相手に大差がついていることで逆にプレッシャーを受けているようです。
 新は果敢な攻めで徐々に差をつめていて、東日本の予選は気づいたら原田先生が制したようです。
 村尾はこれが努力で名人を負かす最後のチャンスだと言いますが……

 勝ったはずの新は涙を流し、負けたのに自分を励ましてくれる村尾に「好きや」とつぶやきます。
 西日本の挑戦者は新と恵夢に決まり、修学旅行中の千早は結果が気になるもののみんなに気を遣っていました。
 太一はこっそり修学旅行に戻ってきていて、宮内先生も空気を読んでお茶を買ってきてくれるそうです。

 東日本の代表が原田先生に決まったと聞いた千早は興奮して携帯で色々と調べはじめます。
 太一は「すげえよなあいつ」と新が戦うことを示唆してきましたが……
 試合をこなして京都まで移動したのがよほど疲れたのか、太一は制服のまま眠ってしまうのでした。

【感想等】
 主人公不在にもかかわらず大いに盛り上がるというのはそれはそれですごいです。
 精神的な動揺だけでなく身体的な不調が重なってこのまま負けてしまうのかと思いましたが……
 「止まるんじゃねえぞ」ではなく「やるしかない」と反撃してくる新さんがかっこいいです。

 村尾さんと新さんの試合がメインで原田先生の方はカットされながらも優勝したようで何よりです。
 かつての師匠である原田先生に新さんがどこまで食い込めるのか気になるところです。
 恵夢さんと遥さんとの試合も気になりますが、試合と京都までの移動で太一さんの体調も気になる今日この頃です。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム