【アニメ感想】ブラッククローバー 第113話「突入 影の王宮」

 ブラクロの113話を見て感想を書かせていただきます。
 ゴーシュ先輩が元に戻って黒の暴牛の皆さんもほぼ勢揃いしたようです。
 影の王宮が決戦のバトルフィールド……なのでしょうか。

【内容】
 バネッサ達はエルフに転生したドロシーを倒し、アスタ達もエルフになったゴーシュ達を元に戻します。
 集結した「黒の暴牛」メンバーは食事で回復し次第、上司のヤミを追いかけることに。
 ツンデレのノエルはアスタを意識して赤面し、サリーがさりげなくアスタの服を着ていることに憤ります。

 「この戦いが終わったら、アスタの体を好きにしてもいいって約束したんだ……」と変なフラグを立てるサリーさん。
 エルフが攻めてきたかと思ったらフエゴレオンとメレオレオナの2人が復活してきました。
 バネッサ達は「黒の暴牛」がエルフを食い止めると言い、その間にアスタやフエゴレオン達を先に進ませます。

 ノエルの兄・ソリドは五日は妹を超えると言って彼女を先に進ませてきました。
 影の王宮はあの世とこの世の境という位置づけらしいですが……
 アスタの上にミモザが落ちてきて、他の皆さんは別のところに飛ばされたようです。

 敵を倒さなければ「てっぺん」には行けないらしく、アスタ、ミモザの前にエルフになったリルが出てきます。
 リルは新しい世界を描くと言ってきて、さらにファナやヴェット、王国最強の盾のカイゼルも出てきました。
 フレゴレオンはサラマンダーの炎でカイゼルを攻撃したものの、彼の「渦」魔法に阻まれてしまいました。
 
 メレオレオナはヴェットと戦いますがどこか楽しそうで、フエゴレオンはカイゼルの強さに姉の姿を重ねます。
 姉は自由奔放な人間で、魔法騎士にはならずに各地を旅するのだとか。
 フレゴレオンとメレオレオナは互いを意識して強くあろうとして相手を殴り倒してくるのでした。

【感想等】
 前置きで魔法帝うんぬんと言われているものの、今はその魔法帝が不在という事実が悲しいです。
 戦いのさなかでもしっかり食事を取ることが出来るのは大物の証なのかもしれません。
 ノエルさんのツンデレぶりもサリーさんのあからさまなフラグも中々に興味深いなと思います。

 パワーアップしたフレゴレオンさんはかっこいいですが、それでもお姉さんの方が強いのでしょうか。
 仲間が血路を切り開いて先に進むのは少年誌らしい展開で素敵だと思います。
 フレゴレオンさんがケモナーマスクさんだったのはさておき、ユノさんは今頃何をしているのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム