【アニメ感想】ヴィンランド・サガ 第21話「再会」

 ヴィンランドサガの21話を見て感想を書かせていただきます。
 クヌートさんがお父さんと再会した後は、トルフィンさんが思わぬ人物と再会するそうです。
 そういえばトルフィンさんのお母さんとお姉さんは元気にしているでしょうか。

【内容】
 ヨークはデンマークヴァイキングの支配下にあり、多くの奴隷がヨーロッパに供給されることに。
 かつてトールズに救われた男は恩に報いるために何ができるかと考えますが……
 クヌートがヨークにやって来て、男はトールズを殺したアシェラッドがその中にいることに気づきます。

 アシェラッドは王はクヌートとトルケルを互いに離れさせようとしているのではないかと考えます。
 クヌートは背後から弓で射抜かれて周囲は騒然とし、トルフィンは刺客をやっつけていて先ほどの男と出会います。
 トルフィンは王子を射抜いた犯人ではないかと疑われ、悪党の面と言われたのでとりあえず殴り飛ばします。

 目の前の男は「レイフ」だと判明し、撃たれた王子は実は女……ではなく替え玉だったようです。
 トルフィンはアシェラッドを殺して父の敵を討とうとしていると言いますが……
 フィンランドのことを聞いてくるトルフィンに、レイフはどうして母と姉のことを聞かないのかと言ってきます。

 レイフは「故郷に帰ろう」と訴えますが、トルフィンはアシェラッドを殺すことしか考えていませんでした。
 ビョルンはベッドで養生していて、アシェラッドに足の具合はどうかと聞いてきました。
 王子が暗殺されなかったと聞いた王は「この街に呪いをかけよった」と言い、村では暗殺(未遂)のことで持ちきりでした。

 アシェラッドは暗殺は自作自演だったと言い、これで王は王子に不利な決定をできないと言ってきます。
 クヌートは身代わりを立てることを許さんと言い、アシェラッドはグンナルが王に通じていると推測します。
 アシェラッドは知られてもいいことだけをしゃべったといい、トルフィンに尾行させているとのことです。

 グンナルは王の元を尋ねて内通者だと判明し、トルフィンは「それが戦士のやることか」とつぶやきます。
 トルフィンは右腕を怪我した状態で決闘をすると言い、アシェラッドは先約があると言ってきました。
 ビョルンが息も絶え絶えの状態でやってきて「寂しくねえのか」と言い、あんたと友達になりたかったと言ってくるのでした。

 アシェラッドはビョルンを一突きにしたはずが急所を外してしまいます。
 ビョルンはあんたと友達に……と言い残して命を落とし、アシェラッドは彼をたった一人の友達だとつぶやきます。
 盟友を葬ったアシェラッドは次にトルフィンと「遊んでやる」と言いますが……

【感想等】
 そろそろ最終回も近いと思いますが、トルフィンさんは一体何処に向かっているのでしょうか。
 レイフさんの変わり果てた姿を見るに、時代がずいぶんと進んだのだと実感します。
 アシェラッドさんを殺すか死ぬかしない限りはトルフィンさんが母と姉に再会することはないのかも。

 ことごとく先手を打って事を進めるアシェラッドさんはまだまだ消えるには早いように思えます。
 逆にアシェラッドさんを失ったらクヌートさんが一気に不利になりそうですが……
 ハードな世界観で「友達」という単語が出てきたのは一番の驚きですが、トルフィンさんはアシェラッドさんに勝てるのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム