【アニメ感想】ぼくたちは勉強ができない 2ND SEASON 第10話「最愛の星に[x]の名を(後編)」

 ぼく勉の2期10話を見て感想を書かせていただきます。
 文乃さんのメイン回、そして彼女の居候が続きますが……
 お父さんの本心はどこにあるのか、わたし、気になります!

【内容】
 成幸が目を覚ますと文乃が料理を作っていて、母親や他のきょうだいはいませんでした。
 肝心の料理がうまくできなかった文乃は小さくなってしまいますが……
 成幸は文乃の切り傷に彼女の努力を見て「うまいよ」と笑顔を見せてきました。

 文乃は「いいお嫁さんになるのが夢だった」と言いますが、家事に関してはさっぱりのようです。
 成幸が風呂に入っていると文乃も(水着で)入ってきて背中を洗ってくれました。
 文乃はふと父親のことを思い出し、成幸は文乃に父親と向き合うべきだと言ってきました。

 夜中に目を覚ました文乃に成幸は「デートしないか」と言って外に連れ出してきました。
 空には満面の星が輝き、アンドロメダやらペガサスやらと星座の名前が出てきたら文乃のスイッチが入ります。
 成幸はその話を父親にしたことがあるのか、星の話をしている文乃が好きと言ってきました。

 「本当にやりたいこと、俺が全力で応援している」と成幸さん。
 母親との会話を思い出した文乃は自宅へと戻り、勇気を出して「戯れ言じゃない」反論してきました。
 文乃は母親と星を見たことが自分の原点で、自分が星が大好きなのだと訴えかけます。

 零侍は文乃に妻の顔を重ねたものの、才能が生かされないことは世界の損失だと言ってきます。
 文乃が開いたデータには母親の生前の姿が映っていて、高校まで数学の才能がゼロだったと告白してきます。
 母は好きなことを全力でやれと言ってきた一方で、成幸は不審者扱いされてしまいました。

 幼い日の文乃は星を見つけたら父親の名前を付けると言い、パスワードもまた最愛の人である「零侍」でした。
 母のことを思い出した文乃は顔を真っ赤にして成幸に「支えてくれてありがとう」と言って寄りかかってきます。
 零侍は娘の進路を認めてきて、不器用な父親は「娘とはどの段階なのか」と聞いて周囲を唖然とさせるのでした。

【感想等】
 本人は否定するかもしれませんが、文乃さんがますます新婚さんみたいになって微笑ましいです。
 彼女の努力を評価して必死にフォローしようとする成幸さんを見ると誰であっても攻略されそうです。
 たとえ夫婦であったとしても背中を流したりするのかは未婚の私にはなんとも言えません。

 タイトルどおりなのかあまり勉強できていませんが、2人がいいムードになれたのならよかったかと。
 ペガサスやアンドロメダというとジャンプ漫画の大先輩「聖闘士星矢」が頭に浮かびます。
 緑川さんが「聖闘士星矢Ω」の光牙さんだったのはただの偶然だと思いますが……

 数年前にはプリキュアをしていた堀江由衣さんが(文乃さんの)母親役というところに時代を感じてしまいます。
 星合の空で子供を押さえつける親ばかり見てきたので、娘のやりたいことをしろという文乃さんのお母さんが素敵でした。
 一歩も二歩も前に進んできた文乃さんに対して、成幸さんがどんな答えを出すのか、わたし、気になります!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

猫さん、こんばんは。
ぼく勉の視聴おつかれさまです。

今回も文乃さんのターンでした。
彼女はすごく頑張っていると思いますし
成幸さんの返事もよかったと思います。
文乃さんとお父さんが理解しあえて
私もほっとしました。

ノートPCが意外な形で役に立ちましたね。
お茶目な母親が私の記憶に残りました。
二人がこのまま結ばれてもよいと思いますが
まだ回が残っているので楽しみです。
父親が娘のことを心配するのは当然かと。
お父さんも長い間迷っていたのでしょう

綺麗な星、というと私が前に住んでいた
場所を思い出します。
クーラーも要らないし水もおいしい所でした。

今日も一日おつかれさまです。
猫さんもよい夜を過ごしてくださいね!

Re: No title

> 猫さん、こんばんは。
> ぼく勉の視聴おつかれさまです。

 こんばんはです。
 ぼく勉は文乃さん回の後編でしたね。

> 今回も文乃さんのターンでした。
> 彼女はすごく頑張っていると思いますし
> 成幸さんの返事もよかったと思います。
> 文乃さんとお父さんが理解しあえて
> 私もほっとしました。

 好きなことを一生懸命やることはそれだけで尊いと思います。
 お父さんともわかり合えてよかったですね。

> ノートPCが意外な形で役に立ちましたね。
> お茶目な母親が私の記憶に残りました。
> 二人がこのまま結ばれてもよいと思いますが
> まだ回が残っているので楽しみです。
> 父親が娘のことを心配するのは当然かと。
> お父さんも長い間迷っていたのでしょう

 なんといいましょうか可愛いお母さんですね。
 ハルオさんのお母さんとはベクトルが違いますが、
 どちらも微笑ましい方だと思います。
 子供を心配しない親は普通に考えるといないのかも。

> 綺麗な星、というと私が前に住んでいた
> 場所を思い出します。
> クーラーも要らないし水もおいしい所でした。

 自然が豊かなところだったのですね。
 考えただけでなんだかほっとしてきます。

> 今日も一日おつかれさまです。
> 猫さんもよい夜を過ごしてくださいね!

 いつもありがとうございます。
 ようへいさんもお疲れ様でした。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム