【アニメ感想】グリザイアの果実 第13話(終)「射界10センチ」

 グリザイアの「果実」の最終回(13話)を見て感想を書きます。
 壮絶な過去回で神経をすり減らしながらも雄二さんは一姫さん生存の可能性を示唆しますが……
 天音さんは過去を乗り越えて未来へと突き進むことができるのでしょうか。

【内容】
 雄二、天音は一姫からのメモを頼りに指定された場所へと向かいます。
 その場を掘ってみるとクーラーボックスが出てきて、中には天音への手紙が入っていました。
 そこには「全員病死」だと書かれていて、肉に手を出さなかった天音は助かったそうです。

 一姫はできたら天音に弟を見守ってほしいと言い、生きていたらどこかで会おうと手紙を締めくくります。
 慰霊碑に線香を手向けた天音は「もう逃げるのをやめる」と言い、これからはお礼を言うと言ってきました。
 雄二は慰霊碑の「坂下」千秋という名前が気になり、帰り道ではその父親から連絡が入ります。

 少し前に寮にやってきた坂下はいきなり猟銃を突きつけて寮生の携帯を没収してきました。
 雄二は「任せろ」と言ってJBに電話して協力を求め、警察が介入したら由美子の生存が公になると言ってきます。
 坂下は娘が生きていたら学校に通っていたと言い、娘を失った父親の気持ちがわかるかと言い放ちます。

 JBと特殊部隊が学校の周辺を取り囲み、天音は雄二が「汚れ仕事」をしているという意味を察します。
 雄二は高台の灯台から犯人を狙うと言い、射界はせいぜい10㎝といったところらしいですが……
 朝子は射界15㎝を狙撃したとのことで、雄二はそれを上回る射撃をするとともに「海兵」を使うと言ってきます。

 雄二はモールス信号で蒔菜に合図を送り、蒔菜はトイレに行きたいと言いますが、みちるも一緒についてきました。
 みちるは男子トイレに放り込まれて憤りながらも体当たりしてトイレを壊し、雄二は天音にペットボトルを持っていかせます。
 坂下は娘が死んだのに天音が生き残っていることが気に入らず、4人を助けたければ撃たれろと言ってきます。

 周囲の非難を受けながらも坂下は天音を引っ張り回し、これならみんなで死んだ方がいいなどと言い出します。
 天音を殺す前に楽しませてもらうと言って連れていき、雄二は尿意をもよおして射界に入った坂下を撃ち抜いてきました。
 特殊部隊が坂下を確保し、雄二は「ここは俺の学校だ」と言ってヒロインとの再会を果たしますが……

【感想等】
 一姫さんが天音さんに大切な弟を託したところに、彼女の信頼がいかに大きいかを実感します。
 部長のお父さんがラスボスというのは色々な意味で想定外でしたが……
 娘を奪われた父親の苦しみは理解できるものの、行動がやや飛躍しすぎているように思えます。

 由美子さんの父親との葛藤や蒔菜さんシナリオの訓練などなど、これまでの集大成といえるお話でした。
 これだけの遠距離からの狙撃……もしかしたらSAOのシノンさん以上なのかもしれません。
 果実の後は「迷宮」「楽園」が続きますが、順調にいけば今年中に終わるのではないかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム