【アニメ感想】真・中華一番! 第9話「魔都上海」

 中華一番の9話を見て感想を書かせていただきます。
 上海にやってきたマオさん達はかつて陽泉酒家で修行していたサンチェさんと再会します。
 どうやらすでに裏料理界の魔の手は上海に伸びてきたようですが……

【内容】
 マオ達が船長に地図を見せると「大連合」を尋ねるといいと言われます。
 上海は国際貿易港として発展しつつある「新しい都市」であり人々はここを「魔都」と呼ぶのだとか。
 活気にあふれた街には得体の知れない怪しい連中がいて、フェイの姿もそこにはありました。

 マオ達は上海ガニを食べて喜んでいてシェルはマオが作った焼売のことを思い出します。
 「大連合」は「広厨連」と同じ料理人の同業者組合らしいですが……
 マオと因縁のあるショウアンはシャン達と合流し、マオが上海に来ていることを知ります。

 マオ達は気がついたら何人もの男に囲まれ、死刑、死刑と連呼される異様な雰囲気に。
 そこにやってきたのはかつて陽泉酒家でマオとともに修行していたサンチェでした。
 サンチェはマオ、メイリィとの再会を喜び、俺の店に来てくれと言って強引に連れていきました。

 さぼり癖の上にいじめまでしていたサンチェは小さい頃のトラウマで包丁が握れなかったのだとか。
 マオがサンチェを引き戻して2人で青椒肉絲を作って破門を解かせたもののサンチェは故郷に戻って現在に至ります。
 サンチェは包丁を握って復活をアピールしつつ、チョウユをうならせたという青椒肉絲を振る舞ってきました。

 マオは伝説の厨具を探していることを告げますが、上海料理界は伝説の厨具のことで神経質になっているのだとか。
 裏料理界は伝説の厨具を求めて毎日のように脅迫の手紙を送っているらしいですが……
 いきなり裏料理界が出てきてサンチェの父親を含む大連合幹部の身柄を全て預かっていると言ってきます。

 マオ達は目隠しをされて船で移動し、海の上には裏料理界が所有する巨大な船が燦然と輝いていました。
 門を開いた先には料理勝負のための舞台が整っていて、料理勝負で勝った方が暗号と地図を手に入れることになりました。
 審査員は張大人をはじめとする重鎮達であり、上海料理を仕切るのは裏料理界でも大連合でもいいと言い出します。

 弱点を知られたサンチェは「お前達にこの勝負を託す」と言い、まずはシェルが「面点王」ラコンと戦うことになりました。
 ラコンは饅頭を考案した「白羅家」最後の生き残りであり、饅頭とは鎮魂だと言い放ちますが……
 シェルは心境を転換するから点心だと言っていましたが、一番ひいてはいけない「饅頭」を引いてしまうのでした。

【感想等】
 セイヨさんのエピソードがカットされた一方で原作ではいないはずのフェイさんの姿が……
 陽泉酒家でのお話がカットされたせいか、兄弟弟子の再会にあまり感情移入できませんでした。
 旧アニメだとサンチェさんのお父さんがDVをはたらいていたのが衝撃的でした。

 レオンさんがタケノコを積み重ねてサンチェさんの刀工を絶賛するシーンがカットされたのは少し残念かも。
 ロウコさんとの試合そのものがカットされてサンチェさんの立場がまるでないのですが……
 秋元さんボイスのラコンさんが旧アニメより強そうなのですが、シェルさんはどこまで戦うことができるのでしょうか。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

真・中華一番! 第9話 『魔都 上海』

上海に到着したマオ達は、『海厨師大連合会』に行く途中で マオの兄弟子のサンチェに出会う。 一時は裏料理界の人間だと上海の人たちに 思われていたマオ達は、サンチェのお陰で 疑いが晴れました。危ないところですね。 『伝説厨具』を巡って既に裏料理界が動き出していました。 サンチェに勝負を挑む裏料理界の目的は マオ達の排除と『伝説厨具』の奪取でしょうね。 裏料理界は悪党なのに料理...

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム