【アニメ感想】PSYCHO-PASS サイコパス3 第7話「Don't take God's name in vain」

 PSYCHO-PASSの3期7話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は話が色々と繋がってきたもののビフロストはよくわかりませんでした。
 気づけばあと1話なのですがちゃんと綺麗にまとめてくれるのでしょうか。

【内容】
 クリス(オブライエン)が実は生きていたことが判明する一方で、シスターのテレーザは彼にもうやめてほしいと訴えてきました。
 執行官を集めた慎導はクリスが犯人だと断言し、この事件を速やかに解決すると言ってかっこいいオープニングが流れてきます。
 ミハイルは相変わらず拘束されていましたが、トーリはミハイルの妻(舞子)を人質にとって外務省の潜入捜査班は誰かと聞いてきました。

 トーリはミハイルの兄の情報を知っていると言いますが、梓澤はここにきて人質を増やすのは何を考えているのかと疑問を抱きます。
 「ビフロスト」の名前を出してきたトーリに対し、梓澤は「仕事は最後までやる」と言って出ていきました。
 舞子は真緒と同じ部屋に閉じ込められ、慎導はクリスの息子(ハリス)がヘブンズリープに入信した経緯を説明します。

 慎導はトーリがクリスを操って一連の事件を仕組んでいたと言い、クリスを捕まえて主犯と交渉することを考えていました。
 舞子はこんな状況になっても夫のことを心配し、彼はその気になればここの人を平気で殺してしまえると物騒なことを言い出します。
 ミハイルが目を覚ますと縄が解かれていて、慎導、雛河、入江、廿六木はテレーザを確保してきました。

 テレーザ達4人は元々は入国者の犯罪を告発する目的であり、武器は一定期間を経過したら使えなくなるようになっていたそうです。
 慎導は父親のことを言われて言葉を失い、テレーザは「想像を超える力」「ビフロスト」によって利用されたと言ってきます。
 裁園寺はトーリにビフロストの席を空けたと言い、教団についてはあとは好きにしてくれと言ってきました。

 ミハイルは舞子と真緒を救出し、真緒に証拠となる時計を渡して彼女だけを脱出させることに成功します。
 トーリはミハイルを気絶させ、テレーザは「キツネ」を統括する組織こそが「ビフロスト」だと言ってきました。
 クリスは息子を公安に保護させたのはそれが自分達の「弱点」であるといい、ハリスは入国者の改善のために動いていたそうです。

 テレーザは「時計」を慎導に渡そうとしたら銃で撃たれ、父親のようにならないでと言って命を落とします。
 慎導はメンタルトレースをして「これが真実だ」という言葉を聞きますが、入江は「仕事をしろ」と言ってたたき起こしてきます。
 クリスは「向こう側で会おう」と言っていたら連絡が入り、トーリは今度こそ標的を誘い出すと言ってきました。

 志恩は真緒を発見して回収し、銃で撃たれた廿六木も腕に怪我をしただけで命に別状はなさそうです。
 慎導は真緒からミハイルだけでなく舞子も捕まっていると聞き、真緒は時計を渡してきて志恩に解析してもらうことに。
 真緒は教団へ強制捜査すべきと進言しますが、慎導は課長が局長とかけあっているから今は自分に出来ることをしようと言ってきます。

 4つの懐中時計から都知事が狙われていることを知った慎導は、犯人が死ななきゃ終わらないとつぶやきます。
 慎導はヘリで移動しながら都知事と繋がらないことにいらだち、都知事が死ねばトーリが特区以上の何かを得るのではないかと考えます。
 トーリが得ようとしているものが「ビフロスト」だと推測する一方で、局長は強制捜査のゴーサインを出し、シビュラの裏をかくやり方が不愉快になったとつぶやきます。

 ミハイルは外務省行動課の宜野座に救出され、須郷は昏睡状態の2世を確保して安全な場所に移動させたと報告してきます。
 慎導は都知事が爆弾テロの標的になっているからイベントの中止を進言し、そこに課長から爆弾テロを止めなさいと命令が出ます。
 トーリは母親と連絡がつかないと慌て、梓澤は宗教家として切り抜けろと言われて僕はコングレスマンになるとのたまいます。

 宜野座は銃撃を受けそうになっていましたが、クリスは雛河に確保されて自分が自爆して全てを終わらせようとします。
 慎導はクリスは利用されただけだと訴え、こんなことで時間を進めても何の解決にもならないと言ってきます。
 雛河は慎導の犯罪係数はどんどん下がっていくことに気づき、慎導はクリスが自分のために悪を受け入れたんだと訴えますが……

 美佳は教団への強制捜査を開始し、トーリは舞子を人質に逃げようとし、宜野座、須郷は華麗なアクションで狙撃手を追い払います。
 ミハイルはトーリに追いついてきたかと思えば、トーリは「愛なんてものは己の嘘を正当化するだけの言葉でしかない」と言い放ちますが……
 舞子はトーリをその場で射殺して気を失い、ミハイルは「なんで舞子が巻き込まれた」と慎導を殴り倒して課長に怒られます。

 ビフロストに目を向けるとトーリは死ぬ前に母親を告発し、裁園寺の資格が剥奪されたかと思えば「執行」されて跡形もなく消去されます。
 美佳はフレデリカを這いつくばらせると言っていましたが、宜野座にも須郷にもスルーされてしまいました。
 舞子は色相が悪化してメンタルケアを受け、みかんちゃんこと美佳は慎導が免罪体質だと気づき、朱は「誰も使い捨てにはさせない」と訴えるのでした。

【感想等】
 日々の生活で色相が濁りながらも、1期2期の再放送を見て、劇場版4作を追いかけ、1時間の長丁場の3期も7話までやってきました。
 最終回直前にようやく「ビフロスト」の名前が出てきて全てが繋がったものの、これがどう繋がってくるのか未知数です。
 ミハイルさんが宗教組織に捕まってしまったところはどこかSS1作目に雰囲気が近いと思うのは私だけでしょうか。

 時間がないにもかかわらずオープニングすら飛ばせないのは名作の証拠であり、旧作キャラが出てくれば燃えないわけがありません。
 くやしがる慎導さんがどこか西片くんに聞こえるのはさておき、宜野座さんが出てきただけでなんだかほっとしてきました。
 美佳さん、宜野座さん、須郷さんが活躍しているのを見るとやはりSSを見ているのとみていないのとでは感じ方が相当違ってくるかも。

 トーリさんとミハイルさんのやりとりで1期の槙島さんのことを思い出しますが、いい意味で期待を裏切る展開でした。
 最後のあたりで慎導さんが免罪体質だとわかり、朱さんが出てきたものの、狡噛さんは次回には出るのでしょうか。
 とばっちりで殴られた慎導さんに同情しつつ、残り1話で「ビフロスト」とどう決着を付けるのか最後まで見届けたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム