【アニメ感想】アサシンズプライド 第9話「悠久の契約」

 アサプラの9話を見て感想を書かせていただきます。
 お父さんが怪しい怪しいと言っていましたが、現実はそう単純ではありませんでした。
 そもそも、この事件の犯人は誰でどんな目的なのでしょうか。

【内容】
 メリダの前に現れたクーファは白髪になっていて、来るなと言いつつメリダを押し倒します。
 クーファはメリダの記憶の中にある自分を「凍結」すると言い、俺の兄はやってやれないことはないとひと言。
 「初めましてをやり直すだけです」という言葉にはどんな意図が隠されているのでしょうか。 

 クーファは自分の姿を受け入れた人間はいないと言い、これはただのエゴだと言ってきます。
 メリダは自分だけは味方だと言い、自分のことを信じてほしいと言って抱きついてキスしてきました。
 クーファはランカンスロープとのハーフだと告白したかと思えばいきなり回想シーンになりました。

 大蜘蛛ナクアは子供達を食べ続け、死んだはずのクーファは目を覚ますなりロゼを眷属にしてしまいます。
 どこからか男達が出てきてナクアにダメージを与え、クーファはその目を攻撃してダメージを与えてきます。
 そのときの戦いでナクアは倒され、クーファはロゼの記憶を封印するから逃がしてほしいと訴えます。

 クーファは軍人の配下になることでロゼを救い、今はメリダに迫ってドキドキさせてきます。
 ロゼは記憶の扉を強引に開けられ、そのせいでクーファも本性を現わさざるを得ないのだとか。
 ナクアはブロサムと手を組んでこの町にマナの家系図を広げようとしているらしいですが……

 ブロサムは神父の恰好でロゼと婚約者を結婚させようとしますが、メリダはちょっと待ったコールをかけてきました。
 目の前で先生と二回キスをしたと言い出すメリダにロゼは「私もまだなのに!」とぶち切れします。
 ブロサムをやっつけたかと思えばナクアが(人間の形で)出てきて自分が真犯人だと言って逃げていきました。

 ナクアはロゼにエリーゼの血を吸わせようとし、ロゼはそれを拒んだから倒されてしまったそうです。
 クーファは「妹から離れろ!」と言ってロゼを救い、2人がかりでナクアを殺しにいきます。
 ナクアはアラクネとしての本性を現わし、分裂して逃げようとしたものの生徒達にことごとく潰されてしまいます。

 クーファはロゼの眷属としての記憶を封印すると言い、その代わりに表社会に戻すとのこと。
 ブロサムは妻がランカンスロープ化しているのを止めるためにナクアと手を組んだそうですが……
 クーファはブロサムに救われた恩義から人間に戻す薬を渡し、ブロサムは妻と抱き合っていました。

 ブロサムは自首して警察(?)に引き渡され、教会の運営は妻が引き継ぐとのこと。
 メリダは自分が何も出来なかったと言いますが、エリーゼは白状するまでくすぐると言ってきました。
 ロゼは会いたい人がいるから有名になりたいと言い、メリダはクーファに抱きつくのでした。

【感想等】
 悠久の「風」だったらFF3(のフィールドの曲)だったと、そんなことをつい考えてしまう私です。
 記憶は消せばいいと思うのですが、なぜわざわざ「凍結」という単語を使うのでしょうか。
 目を向き合っている分だけ、某SNSみたいに機械的に永久凍結してこないだけましなのかもしれません。

 冒頭でメリダさんとイチャイチャしたかと思えば、回想ではロゼさんとフラグを立ててきました。
 ブロサムさんが神父なら「殺戮の天使」になるのはさておき、クーファさんの社会的な立場が危うくなってきたような気がします。
 アラクネでシルバーセイントを連想するのはさておき、記憶を何度も消されるロゼさんの未来に幸があることを願います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム