【アニメ感想】PSYCHO-PASS サイコパス3 第6話「カエサルの金貨」

 PSYCHO-PASSの3期6話を見て感想を書かせていただきます。
 経済、政治に続いて今回は宗教がらみの事件となりました。
 梓澤さん以前にビフロストの皆さんの意図がよくわかりません。

【内容】
 大使夫妻に扮してパーティーに潜り込んだミハイル、真緒はシスターと爆弾の捜索をすすめていました。
 雛河は朱と連絡を取って連続爆弾テロの概略を伝えていて、そこに美佳が出てきて「今の一係を優先しなさい」と言ってきます。
 スタイリッシュなオープニングが流れた後、志恩はシスターとオブライエンは財産を放棄されることと引き換えに難民を受け入れていたと言ってきます。

 調べたところ爆弾にされた人間はあと3人いるらしく、シスターとアウマがつながり、信心が足りないという信者が連行されます。
 ドクターのリーダーをしているのは二瓶という男で、ミハイルは日中はセラピーに参加して情報を集めることに。
 真緒は「弱者につけいるのが宗教か」と言えばミハイルは「助けを求めた人間は誰かにすがりたがっている」とひと言。

 工場地帯で黒い煙が上がったかと思えば、大使に扮したミハイルは妻の色相を改善したいと言い、エターナルホワイトなるものを提案されます。
 自爆犯は元信者であり、殺された指導者は特区反対派、慎導は能力を使って記憶を見ようとしましたが入江に止められます。
 倉庫には潜在犯候補の女性が何人も入れられていて、宗教側は自分達が保護すると言いますが、慎導はとりあえず課長に連絡を入れます。

 美佳はフレデリカに連絡して女性達を出島に入れられないかと言い、フレデリカはヘブンズリープに関して余計なことをするなと言ってきます。
 女性達は(外務省管轄の)出島でケアされることになりますが、その奥に踏み入ってみると銃のパーツらしいものが出てきます。
 特区反対派と密輸グループとが関係していることがわかりますが、ミハイルは教祖の自供と爆弾を探そうと更に奥地へ踏み込みます。

 二瓶は「エターナルホワイトの加護」と称して信徒を延命装置のようなものに入れ、患者カルテを調べると自爆犯のものが出てきます。
 CO関連と書かれたカルテが5人分あって爆弾魔の数と一致し、ビフロストの方は「世界の真実」と意味深なことを言っていました。
 犯人は単純に推進派を潰しているわけではなく、4人の指導者に配られた時計には4つ集めないとどうにもならないそうです。

 入江は唐突に心当たりがあると言って銃の店にやってきて、俺の上司は人を殺したくてうずうずしているなどとはったりをかまします。
 大量生産された銃のパーツがが海外に出回っているそうですが、変な壊れ方をするとかしないとか言われます。
 ミハイル、真緒は2世教祖と接触しようとしますが、ただの立体映像であり、変なスイッチを押すと植物状態になった教祖が眠っていました。

 代行のトーリは教祖のおかげで色相が回復したと言い、エターナルホワイトによる治療法で驚きの白さになるのだとか。
 トーリは目の前の大使が公安局のスパイだと見抜き、ミハイル、真緒はあっさりと捕まってしまいました。
 梓澤とトーリと繋がっていることが明らかになり、ミハイルの妻は目の手術が成功したようですが、夫のことを心配していました。

 工場を調べると銃の部品が大量に出てきて、大量に出てきた白い石はダイヤモンドの原石で紛争地域との密輸で得られたものらしいです。
 慎導は2階に引っかかるものがあると言い、シスターが電話をかけてきて自爆テロの次の標的はそこだと言ってきます。
 爆弾魔をその場で殴りつけた一同ですが、慎導は廿六木の爆弾魔への「執行」を止めようとして入江に殴られます。

 慎導はシスターはテロを止めようとしているといい、最初の現場に戻ると男が寝ていて、ここにシスターが隠れていたと推測されます。
 強制捜査はまだかと上司を問い詰める慎導ですが、厚生省内部にも信者がいることもあり、美佳は外堀を埋めるようにと言ってきます。
 美佳は慎導が先輩(朱)に似ていると言えば、フレデリカから連絡が入ってザハリアス(大使)を保護すると言い、ミハイルはトーリの拷問を受けていました。

 ミハイルはトーリに真緒を人質に取られ、トーリの母親が裁園寺であり、梓澤は便利だけど危険な男だと言ってきます。
 裁園寺はミハイルの兄を知っているらしく、フレデリカと美佳は互いの領域のことで争っていたらいきなり船が爆発してザハリアス夫妻が死亡します。
 美佳は部下を2人失うわけにはいかないから局長のところに向かい、行動課のおかげで爆弾はこれで5つ全て使われたことがわかります。

 保護した男はオブライエンの息子らしく、色相回復薬物の異常投与によって昏睡状態になっているそうです。
 慎導は武器密造や強制売春から犯人の目的は移民に対する「犯罪の告発」ではないかと推測し、ちょっと野暮用と言って相方を助けに向かいます。
 入江はミハイルからメールをもらっていたこともあってそれを止めると言いますが、慎導は「死人との約束はきついですよね」と言って出て行きます。

 慎導はメンタルトレースをしてみますが、オブライエンが左腕を切断されながらも生きていることが判明します。
 回想シーンで、ミハイルは妻もろとも母国に戻ると言い、3人は「また3人で……」と約束していました。
 現代では宗教団体が妻を拉致して「シビュラの祝福があらんことを……」と何かをしようとしているようですが……

【感想等】
 1週間くらいがんばって劇場版4本を見て、移民受け入れの背景と狡噛さんや須郷さんが外務省に行った理由がなんとなくわかってきました。
 2期ではウザキャラだった美佳さんもSSでずいぶんと成長して、今ではしっかり課長しているのを見て人は変われるのだと実感します。
 6話まできても相変わらず朱さんが軟禁された理由はわからず、あと2話でどうにか出来るのか心配になってきました。

 映画のおかげなのか外務省と厚生省との関係がなんとなくわかるものの、お話が一気に動いたかと思えばキャラの名前を覚えきれません。
 ビフロストの裁園寺さんを見ていてドラクエ5のデボラさんに見えたりしますが、世界の真実うんぬんはむしろリトルバスターズなのかも。
 入江さんが有能だったり迫真の演技が素敵な一方で、梓澤さんとメガアームド斎さんのお声が同じことにようやく気づきました。

 経済、政治から宗教、さらに紛争とだんだんスケールが大きくなり、梓澤さんとビフロストの皆さんもようやく繋がってきたようです。
 部下を人質に取られたミハイルさんを見てバビロンの7話を連想しましたが、このままだと本当に奥さんが殺されてしまいそうです。
 残り2話でどう終わらせるのかわかりませんが、もしかしたら劇場版で決着……ということも十分にありえそうな気がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム