【アニメ感想】アサシンズプライド 第7話「上も下も標はなく」

 アサプラの7話を見て感想を書かせていただきます。
 他校との対抗試合が終わり、今回は研修旅行のお話……らしいです。
 修学旅行とインターンを混ぜた感じなのでしょうか。

【内容】
 炎に包まれる屋敷の夢を見たメリダは目覚めて早々に木刀を突きつけられます。
 今日から学院の「研修旅行」らしく、クーファ「先生」も一緒に来てくれるようです。
 その先生はフードの男から「一人分しかない薬だ」と怪しいものを受け取ります。

 ロゼは「ちょっとあたしと結婚してくれないかな?」と言ってきました。
 話を聞くと、父親(パパ)が勝手に結婚相手を決めたらしく、それを断るために嘘をつくのだとか。
 恋人のふりをしてくれと言われたクーファは了承しますが、メリダは気が気でありませんでした。

 ロゼ、メリダがクーファを取り合うさまを見た女性理事はクーファを激しくなじってきました。
 ノリノリで出てきたプリケット公爵はロゼの父親らしく、遺伝子工学の権威というすごい人らしいです。
 公爵はクーファを見て「そんなはずはない」と驚き、集団惨殺事件の死亡者にそっくりだと説明します。

 メリダはクーファが何も話してくれないことに憤りますが、急に「来るな!」という声が聞こえてきました。
 次々と生徒が襲われる事件が起こり、公爵はマジックをして青い炎を見て犯人は成人間近の男性だと言ってきました。
 シャンガルタは公爵の遺伝子操作技術で地底にもかかわらず緑があふれていましたが……

 公爵は「そこに近づくな!」と言い出し、常識では考えられないことが起こると言ってきました。
 男性が急に苦しみ出しますが、公爵はもう手遅れだから「救済」と称して殺して周囲をドン引きさせます。
 ロゼによると公爵は身寄りのない子を引き取るいい人らしいですが……

 不機嫌になったメリダは「ソックスをはかせてください」と言い出しますが、デートと聞いて顔を赤くして喜びます。 
 メリダはミステリースポットなる場所でときめき、またデートしてくれますかと言ってきますが……
 クーファは時分を思ってくれるのはメリダがはじめてだと言い、どうすればいいのかわからないと言ってくるのでした。

【感想等】
 対抗試合は部活の大会、研修旅行はインターンか何かだと思えば違和感もあまりないかもしれません。
 ロゼさんとメリダさんがクーファさんを取り合うところはラブコメなんだなと思わされます。
 お父さんが大塚芳忠さん(ヤザンさんとか鶴見中尉とか……)の時点で何か裏がありそうです。

 事件が起こって犯人を捜すのはいいとしても、青い炎でどうして犯人がわかるのでしょうか。
 救済と称して人を殺すのは普通とは思えませんし、引き取った子供を実験に使っているのではと邪推してしまいます。
 「ソックスをはかせて」と言い出すメリダさんについては貴族は自分で服を着ないと割り切ろうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム