【アニメ感想】俺を好きなのはお前だけかよ 第8話「俺の悲劇は気づくと始まってる」

 俺好きの8話を見て感想を書かせていただきます。
 サザンカさんとツバキさんの登場で登場人物はほぼ出尽くした感じなのでしょうか。
 これまでのパターン的に彼女にも裏があるのだろうとは思いますが……

【内容】
 一年前、サンちゃんは試合に負け、ジョーロはそんな彼の力になろうして全ての串カツを求めます。
 串カツを売っていたツバキは勇気づけられたらしく「君の名前を教えてくれ」と聞いてきましたが……
 オープニングの後、ツバキはジョーロの手の甲にキスをして「誠心誠意尽くさせてもらう」と言ってきます。

 ツバキは転校生でジョーロは彼女が1年前に会った子だと気づき、サンちゃんは串カツについて力説します。
 サザンカが突っかかってきたのはさておき、ツバキはジョーロのためなら何でもすると言ってきました。
 ジョーロはこれまでの状況を振り返り「こんな都合のいい女がこの世にいるか!」と彼女の本性を探ろうとします。

 ツバキは地面に落ちていたバナナの皮からジョーロを守り、ジョーロはその笑顔にだまされそうになります。
 「君が喜んでくれればボクもうれしい」という言葉に、ジョーロの疑いは完全に消滅してしまいます。
 ツバキはパンジーやコスモス、ひまわりらの中に加わり、みんなでお弁当を食べることになりましたが……

 コスモスは自作の弁当を出そうとしたらツバキに先手を打たれ、涙を流しながら重箱を出してきました。
 ジョーロが食べてくれると聞いて「我が生涯に一片の悔いなし!」と言ってきましたが……
 ひまわりはラケットが古くなったから新しいのを買うと言い、もうすぐ大会が近いから練習しているそうです。

 インターハイに出場したいというひまわりに、甲子園を目指すサンちゃんは秘密兵器を準備していると言ってきます。
 パンジーはジョーロ1人を残してきて、ツバキの行動を受け取れば他の好意を受けられると言い、それは「逃げ」だと断言します。
 「共通の話題」がほしいと本を出してきて、読み終わったら感想を聞かせてほしいと言ってきました。

 ジョーロは放課後に「予定」があると言いますが、いきなり後ろからひまわりにタックルされます。
 帰宅したらかばんの口が開いていて、本を落としたのではと捜し回りますが……
 つきみ、チェリーは「何か困りごとかな?」と声をかけてきて、2人も一緒に探してくれました。

 本はぐちゃぐちゃに汚れていて、その本はシェンムーの開発費(数十億円)の10万分の1もするらしいです。
 ジョーロは本を買うためにアルバイト先を探すことになり、ツバキの店が時給1500円と聞いて顔を近づけてきました。
 パンジーは「残念だけど仕方ない」と言い、バイトしないで放課後も図書室に来てほしいと言ってきます。

 ジョーロは結局、ツバキの店でのアルバイトを選んだそうです。
 ツバキは「これからが本当の恩返しの始まりかな?」と不敵な笑みを浮かべるのでした。

【感想等】
 サンちゃんのために一肌脱ぐジョーロさんですが、大量の串カツはそうとうお金がかかっているはず。
 そもそも、サンちゃんがいくら串カツが好きでもあれだけ全部食べることは難しそうです。
 男性が女性の手の甲にキスをするパターンならまだしも、その逆パターンはなかなかないと思います。

 前回はサザンカさんの変貌で終わったのですが、彼女を抑える形でツバキさんが出てきました。
 さらにはつきみさんやらチェリーさんやら出てきてだんだん収拾がつかなくなりそうです。
 シェンムーの開発費については存じませんが、ツバキさんが本を汚した張本人なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム