【アニメ感想】七つの大罪 神々の逆鱗 第7話「いざ 大罪集結へ!!」

 七つの大罪の3期7話を見て感想を書かせていただきます。
 キングさんが元の世界に戻ったものの、ディアンヌさんはいまだに試練を受けたままでした。
 サブタイトル的にディアンヌさんが倒れることはないと思いますが……

【内容】
 キングとディアンヌはグロキシニア、ドロールの姿になって3000年の昔に送り込まれます。
 もう一人のゴウセルの目的は「聖戦」の終了なのだとか。
 キングは無事帰還を果たしたものの、ディアンヌの前にはゼルドリスが現れます。

 ゼルドリスはゴウセルに牢獄に戻れと言ってきますが、ディアンヌはゴウセルを守るために立ちはだかります。
 大地の力を吸引して攻撃を仕掛けるディアンヌでしたが、あっさりと魔力を封印されてしまいました。
 ゼルドリスは「魔神王」の代理らしく、その力を行使することが出来るらしいですが……

 「ドロール」に仲間になれと言ってくるゼルドリスですが、選択肢は十戒になるか、死ぬかしかありません。
 たぐいまれなる力と「孤独」を与えられたドロールと自分自身とを重ねるディアンヌさん。
 あっさりと元の世界に戻ってきたディアンヌは笑顔で「逃げちゃった」と言い、キングにキスをしてきました。

 ゴウセルのおかげでディアンヌの記憶は戻ったらしく、キングのことがこれからも大好きとひと言。
 キングは背中に羽が生えていると言って喜びますが、グロキシニアのものに比べるとしょぼく見えます。
 グロキシニアは妹と再会しましたが、吠えてくる犬は自分に代わって妖精王を守っているのだとか。

 どうやら犬はロウの生まれ変わりらしく、ディアンヌ達はリオネスに戻ることになりました。
 メリオダス、バン、マーリン、エスカノール、ゴウセルはある古城にいて、そこにディアンヌとキングが戻ってきました。
 ディアンヌやキングはメリオダスが生きていると知って驚き、王様はスルーされてしまいました。

 メリオダスはディアンヌが変わったのではないかと言い、ディアンヌは自分の記憶が戻ったと言ってきます。
 ディアンヌはゴウセルの「心」を取り戻そうと言い、またも王様はスルーされてしまいます。
 ようやく登場した王様はゴウセルの「心」を出してきますが、ゴウセルは一目散に逃げていくのでした。

【感想等】
 「7」話で「七」つの大罪が集結するのはおそらく狙っていたのだろうと思います。
 3話までずっと見てきたものの、ゼルドリスさんのお名前がすぐに出てきませんでした。
 いくら兄弟とはいえ、メリオダスさんと中の人が同じなのは意味があるのでしょうか。

 やや拍子抜けしたものの、ディアンヌさんも元の世界に戻れたのはよかったです。
 ついでに兄と妹の再会もありましたが、犬さんがロウさんの生まれ変わりだとは……
 ゴウセルさんが「心」を拒否するのは何があるのかわかりませんが、次回も出来れば見ていきたいです。 



※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム