【アニメ感想】ちはやふる3 第7首「あらしふく」

 ちはやさんの3期7話を見て感想を書かせていただきます。
 長かった吉野会大会もついに決着を迎えるようですが……
 千早さんは修学旅行とクイーン戦予選、どちらを取ることになるのでしょうか。

【内容】
 吉野会大会の決勝は千早、太一の試合になり、2人は一進一退の攻防を繰り広げます。
 ギャラリーはまだ高校生の2人のどちらがタイトルを取るのかと注目していました。
 激闘を制した千早は東日本予選の本命かと言われながらもその場で寝てしまいます。

 クイーン戦予選には強豪がひしめくものの、修学旅行と日程がかぶってしまいました。
 宮内先生が大事な試合なら公欠は当然と言ってきたかと思ったら母親がパートを終えてやってきました。
 千早は親の前で「修学旅行に行きたい」「高校の先生になりたい」と号泣してきます。
 
 太一に新が声をかけてきて、千早は太一のものだと思っていたと言ってきますが、太一は2人のものだとひと言。
 千早はクイーン戦を回避して修学旅行に参加することになり、新幹線で京都へと向かいますが……
 机くんは太一が修学旅行に参加していないと言い、何度電話をしてもなかなか通じなくてちょっと困惑します。
 太一は39度の熱が出て休んでいるらしく、京都は何度も行ったからどうでもいいと言ってきました。

 肉まんくんは名人戦の東日本予選に太一の名前があると言ってきて、その太一は勉強をすると言って家を出ていきます。
 菫は筑波の弟に絡まれたかと思えば原田先生が出てきて坪口が来ないことに憤っていましたが……
 太一は修学旅行をさぼる形で練習にやって来て、原田先生も「3試合はやれるな」とやる気満々でした。 

 奏は太一が修学旅行をサボったと聞いて愕然とし、千早も修学旅行を切り上げて帰ろうとします。
 机くんによると医学部志望の太一にはカルタを思いきりやれるのは今しかないのだとか。
 スノー丸どらやきの表示をよそに、千早は京都のどこに詩暢が住んでいるのだろうかと考えていました。

 福井では新が西日本予選に向けて練習をしていましたが、調子が悪い、集中できていないとはっきり言われます。
 幼なじみの女の子はわざわざ差し入れを持ってきて、あんたが勝ったらカルタ部の入部希望者が増えるのではと言ってきます。
 「名人になるのはじいちゃんとの約束」と初心を思い出した新に続き、詩暢の元に周防名人が現れるのでした。

【感想等】
 本作に限らず、1期、2期の勢いがそのまま持続する作品はなかなか珍しいと思います。
 太一さんがここまで勝ち残ったのが驚きでしたが、千早さんの「黙っていれば美人」なのもいいなと思います。
 カルタバカだった彼女が「学校の先生」という目的を持ったのもすごくぐっときました。

 クイーン戦予選は3年時にお預けになり、定番の京都といえば「放課後さいころ倶楽部」が頭に浮かびます。
 男子のごちゃごちゃした感じが妙にリアルな一方で、太一さんが修学旅行にいけないのはちょっともったいない気がします。
 太一さんが医学部志望というのはおそらく初耳ですが、新さんが「止まるんじゃねえぞ……」にならないことを願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム