【アニメ感想】ブラッククローバー 第110話「暴れ牛 頂上決戦参戦!!」

 ブラクロの110話を見て感想を書かせていただきます。
 フィンラルさんやヤミ団長の戦闘が続き、アスタさんもついに合流してきました。
 彼らは魔法騎士の仲間を全員元に戻すことが出来るのでしょうか。

【内容】
 エルフに転生した魔法騎士は人々を襲う一方で、アスタは復讐に燃えるラデス達を強引に仲間にします。
 フィンラルはヤミ、ジャックの力を借りて弟のランギルスを殴り倒します。
 一方、アジトに戻ったパトリは何やら恐ろしい計画を進めているようです。

 アスタ達に倒されたはずのファナ、ヴェットは新たな体で復活したようです。
 本物のリヒトはまだ完全に転生していないらしいです。
 セフィラの徒によって「冥府への扉」が開かれ、人間の魂を冥府に送り込もうとしているようです。

 ミモザ、キルシュはさいころ魔法の使い手に苦戦し、ヤミ、ジャックはエルフに転生した魔法騎士に阻まれます。
 そこに「黒の暴れ牛号」に乗ったアスタ達「黒の暴牛」の皆さんがやってきました。
 運命操作で攻撃を回避しつつロボットで攻撃し、その間に食べて魔力を回復させていきました。

 ミモザ、キルシュとエン(キノコの人)がやってきて、このままだとエルフに体を乗っ取られると言ってきます。
 珊瑚の孔雀団長「ドロシー」はエルフとして転生して襲いかかってきました。
 ドロシーの魔法にかかれば夢の世界に行ってしまうらしく、運命操作ができるバネッサや回復役のチャーミーが消されます。

 ノエルは魔力を使い果たして倒れますが、ヤミは「ここで限界を超えろ」と無茶ぶりをしてきました。
 アスタはエルフに転生したゴーシュ、ゴードンの鏡魔法と瞳魔法の混合魔法によって動きを封じられてしまいました。
 ゴードンが毒をまいたりアスタがビームを打ち返したりしながら「絶対に元に戻してやる」と意気込むのでした。

【感想等】
 一度倒したはずのファナさんとヴェットさんがここにきて復活するとは思いませんでした。
 再生怪人は弱い……ならいいのですが、そう簡単にはいかなさそうです。
 「放課後さいころ倶楽部」というアニメがありますが、さいころで攻撃といえばFF6のセッツァーさんでしょうか。

 ロボットアニメに片足を突っ込みつつも、アスタさん達がやってきてますます賑やかになりました。
 「限界を超えろ」と言ってくるヤミ団長は「黒」の暴牛だけに傍目から見るとブラック企業なのかも。
 次回はゴーシュ先輩との戦いがメインだと思いますが、手の内を知った仲間ならなんとかなるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム