【アニメ感想】私、能力は平均値でって言ったよね! 第7話「たまには休暇って言ったよね!」

 のうきんの7話を見て感想を書かせていただきます。
 ずっと盗賊と戦ってばかりいたのでたまには休暇があってもいいと思います。
 パロディをまぶした彼女達がどこかで怒られないのかちょっと心配になります。

【内容】
 久しぶりに宿舎に戻ってきたマイル達は思いきりくつろいでしまいます。
 卒業以来ずっと働いてきたマイルはこの状況は「ブラック企業」ではないかとひと言。
 メーヴィスは明日はいっそ休暇にしないかと提案してあっさり了承されます。

 オープニングの後で目を覚ましたマイルでしたが、メーヴィスもレーナもすでにいませんでした。
 ポーリンは「出納帳」を書いていて、マイルはずっと記録している彼女に思わず「恐ろしい子」とひと言。
 とりあえずポーリンと一緒にメーヴィスを探すと、彼女は喫茶店(?)で本を読んでいました。

 マイルはメーヴィスの「貴族」ぶりにアンドレやマリーが知り合いではないかと言い出すマイルさん。
 レーナは一人でアクセサリーを選んでいて、3人にバレてしまったらどうしようと言っていたらレニーにバレてしまいます。
 アクセサリーを選びたいというレニーに、マイルは「お姉さんに任せなさい!」と言ってきました。

 転生後は貴族扱いのマイルでしたが、そもそも転生前の庶民歴の方が長かったです。
 ポーリンはマイルが幽閉されていたのではないか、復讐を企てているのではと推測して涙を流します。
 転生前は友達がいなかったと自信を持って言うマイルですが……

 異世界にはテレビもインターネットもゲームもマンガもなく、マイルはジャンピング土下座の練習をします。
 その後は適当にネンドナロイドを作ったり妄想したりと空しい作業しか思いつきません。
 ポーリン、メーヴィスやレーナがやってきてみんなと過ごすようになってぼっちが下手になったと実感します。

 次の日、今日も4人で遊ぼうと言ってきて、マイルは友達とお出かけが久しぶりだからと感動してしまいます。
 何がしたいかと言われたマイルは「海水浴」をしたいと言い、自分がバッチリ準備すると言ってきました。
 前提条件として水着を準備することになり、レーナは気をつけるよと言い、ポーリンは裸を見られるのは恥ずかしいとひと言。

 サイズを測ったマイルは全員の水着を準備し、ビーチボールをはじめとした道具を自作してきました。
 マイルは水着を着てほしいと言ってジャンピング土下座し、わざわざ着替えるボックスまで作っていました。
 自分は服の下に水着を着ていたからと言い、水着姿のメーヴィス、ポーリン、レーナがお披露目されます。

 ポーリンの巨乳は反則な一方で、マイルはパッドを入れて大きくなったように見せていました。
 海水浴をしていたらおじさんが出てきて「裸同然の恰好」と言ってきて、男の子は「女の裸」と言ってきました。
 マイルは散々に怒られていましたが、気づいたらポーリンがいなくなっているのでした。

【感想等】
 オープニング的にあまりつらそうには見えませんが、働きづめでは相当疲れてきたようです。
 本作はコメント向き、そして人と話すことで面白さが倍増すると思いますが、アカウント凍結が痛すぎます。
 異世界転生でチート能力を得でもしない限りは凍結の解除は出来ないのかもしれません。

 メーヴィスさんの気品のある読書風景に、私もこうありたいなと思う今日この頃です。
 ジャンピング土下座はロックマンのワイリー博士の得意技……でしょうか。
 マイルさんを見習って(?)私もお話を作ってみようかなと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム