【アニメ感想】スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH 第7話

 スタンドさんの7話を見て感想を書かせていただきます。
 スカウト業務が再開され、壮真さんをスカウトすることになった玲さんですが……
 壮真さんを攻略したら一気に真実に近づくのでしょうか。

【内容】
 玲は樹とともにスカウト対象である「九条壮馬」の元にやってきました。
 壮馬は本題を言えというので、玲は厚生労働省、警察からなる「スタンド」のことを説明していきます。
 前向きに検討してほしいと訴えたものの、壮真は立場があるからと断られます。

 壮馬は自分に協力を求める理由を明確に教えてほしいと言い、自分はあくまで役員で専門家ではないと言ってきます。
 樹は担当者に選出理由を答えさせると言ってフォローしますが、壮馬は自分は乗り気ではないと突っぱねます。
 スタンド候補の樹について「正式なメンバーではないのなら部外者」と言い、予定が詰まっているからと去っていきました。

 「彼女達が私の目的の前に立ちはだかるなら放置することは出来ない」と壮馬さん。
 清志はこれ以上面倒ごとを増やすなと言い、宏弥は「動物的カン」で樹のことが嫌いだと言ってきます。
 2時間の移動時間をかけて15分で追い返されたと聞いた上司は見学だと思うしかないとひと言。

 スカウトという大義名分で次のアタックを調べることになり、上司はわざわざミルフィーユをくれました。
 玲は九条家のデータをレベルの皆さんに持ってきて、羽鳥は「よく調べている」と褒めてくれました。
 バラバラの経歴の彼らがどうして壮真のために結束しているのかわからず、貴臣だけは壮真とつながりがあるそうです。

 玲は再び九条家に向かいますが、その途中で宏弥が目の前でシカと格闘していました。
 面識のある豪を尋ねたはずがドタバタでお土産を踏んでしまいましたが……
 豪以外に話すなと怒られたりしつつも、船上パーティーでのハンカチを返してきました。

 天気が悪いからと宏弥が車で送ってくれることになり、自分がシカを抑えられなかったと謝罪します。
 「もう九条さんの周りをうろちょろするんじゃねえぞ」と言われますが、玲は壮馬の体が悪いのではないかと推測します。
 雨が強く降ってきたので車も出せず、玲は気づいたら物置になっている部屋で宿泊することになりました。

 その夜、玲はお手洗いに向かう途中で壮馬が何者かと電話をしているのを発見します。
 「ドラッグにカンする取引記憶は私の方で処理する」と聞こえたら疑いを向けずにはいられませんでした。
 豪は玲に気さくに話しかけてきて、玲は壮馬は皆にとってどんな存在なのかと聞いてきました。

 九条家の人間は多かれ少なかれ壮馬に恩義があるそうで、豪は自分の仕事をやり遂げると言ってきました。
 「真実から目をそらすことは出来ません」と強い視線を向ける玲に、豪はカナメがハッキングしている現場を見せます。
 豪は玲ならば壮馬に対する疑いを晴らせると言いますが……

【感想等】
 現実の世界で薬物汚染のニュースがあると、アニメも切迫して見えてくるかもしれません。
 誠さんは未だに捕まったままなのかわかりませんが、事件を追いかけていけばハッピーエンドになると思いたいです。
 しかし、開始早々に圧迫面接(?)を受けて朝からテンションが落ちてきました。

 将を射るならばその馬を射よという言葉もありますし、その周りから攻略していくしかないのかなと思います。
 さりげなく送り迎えしようとしたり泊めてくれたりして、その至れり尽くせりなところはとても悪い人とは思えません。
 相手に少しずつ食い込んできた感じがしますが、壮馬さんへの「疑い」はどのように晴らされるのでしょうか。
  

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム