【アニメ感想】PSYCHO-PASS サイコパス3 第4話「コロッセオの政争」

 サイコパスの3期4話を見て感想を書かせていただきます。
 東京都知事選挙うんぬんと言われても地方在住者にはなんとも言えません。
 エノミヤさんとケモナーマスクはどちらの方が強いのでしょうか。

【内容】
 慎導は弥生を見るなり「伝説の執行官」と称賛し、その弥生は廃棄区画の運搬業務について報告しに来たとのこと。
 色相悪化者を運ぶには仮死状態にするのが手っ取り早く、運んでいる人間は死体を運んでいることを知らないと推測します。
 入江は車を運転させて現地に向かい、土谷博士を調べることにしましたが、ミハイルの謹慎はまだ続いていました。

 現地ではアシスタントAIが話しかけてきますが、博士が死んだと聞いたAIは捜査に協力すると言ってきました。
 小宮が最終演説をしているかと思えばAIは「認知負荷」という言葉を出してきて脳は常にサボりたいという傾向があるのだとか。
 博士は「マスコントロールカリナ」なるものを作ったらしく、本物の小宮にそれを奪い取られたらしいです。

 小宮はもう一人の自分「マカリナ」と一体化し、運搬業者がギガアリーナへと搬送されているそうです。
 謹慎中のミハイルは「俺は討論会を聞きに来ただけだ」とやる気満々で、エノミヤが襲撃する予定らしいです。
 脳はあまり考えることに向いておらず、特に昨今はシビュラというものに全てを委ねているという現実がのしかかります。

 公開討論会が始まり、薬師寺が肉体美を披露する一方で、小宮は己の大きな胸を見せつけてきました。
 慎導はヘリで移動しながら2人とも事件に関わっていないのではと考え、エノミヤがそこに繋がっているらしいです。
 ミハイルは地下でボディガードらしいものと戦ったかと思えば、壇上に謎の男が出てきて小宮を捕まえてそのまま連れ去ります。

 放置されたマカリナは棒読みでスピーチしたかと思ったら消えてしまい、ギャラリーは「カリナ、ホロじゃん」とひと言。
 小宮はカメラを向けられて「国民をだましていたことを謝罪しろ」と言われ、秘書とおぼしき女性は壁に叩きつけられます。
 ミハイルのアクションシーンの後、入江がドミネーターで敵を破裂させ、弥生や廿六木も素晴らしいアクションを見せてくれました。

 慎導、ミハイルのコンビはシビュラの判定とは真逆らしく、廿六木は護身にと武器をプレゼントしてくれました。
 入江は主犯の「大石」と戦闘を繰り広げ、慎導は小宮を救おうとして手を伸ばし、彼女を投げ飛ばして自分も脱出します。
 ミハイル、廿六木は敵のロボットと激しく戦い、相手を高いところからたたき落としたものの、慎導は力を使い果たして倒れます。

 廿六木は実行犯はエノミヤだと言い、薬師寺は逃げも隠れもしないから何が起こっているか説明してほしいと言ってきました。
 エノミヤは逃げようとして梓澤に一方的に殴られ、ナイフを投げつけてなんとか逃げたエノミヤでしたが……
 カリナが勝つことがビフロストのもくろみだったらしく、使い捨てにされたエノミヤは「目障りだったしいい奴でもなかった」と処分されます。

 美佳は「停職?何の話」と前もって停職を解いていたらしく、彼女が腹黒タヌキでミハイルが助かったようです。
 誰に投票したのかという話題になり、入江は自分には選挙権がないと言って号泣してきましたが、選挙は色相補正もあって小宮が薬師寺に勝利したようです。
 AIがバレても人々は意に介さず、ミハイルは「理想的な人間」とは何かと言ってきて最もシビュラ的なのはAIなのではと言ってきました。

 入江は泥酔して美佳に絡んできて、彼を拾った美佳は「先輩」の仕事を引き継いだだけらしいです。
 ビフロストの皆さんが何かをしゃべっていたかと思えば、慎導の元に都知事となった小宮がやってきました。
 教授はマカリナを殺された娘の代わりに溺愛していて、今は小宮とマカリナが共犯関係にあるそうです。

 「ドラマみたいな政治」という言い方はマカリナの言葉らしく、古代ローマはパンとサーカスで人々を盲目にしてきたのだとか。
 小宮と別れた後、慎導、ミハイルはエノミヤの死について話をしていて、そこに廿六木がやってきて「梓澤」の名刺を出してきました。
 過去の事件で監視官の1人が死に、もう一人が施設送りになったそうですが、慎導は謎の風景を見たかと思えば倒れてしまいます。

 美佳と局長が会話をしていたかと思えば、美佳ははどんな犠牲を出しても狐をかり出すと宣言するのでした。

【感想等】
 弥生さんが「伝説」かどうかはさておき、更生施設にいた彼女がこうして社会復帰できたのはすごいと思います。
 アシスタントAIさんの芸術的な外見とかわいらしいお声のギャップが面白く、アイドルの政治家への転身に「アイドル事変」というアニメを思いだしました。
 最近見ているものは魔法科、サイコパス、バビロン……なにげに中村悠一さんが主要キャストという共通点があったりします。

 ミハイルさんは「さすがお兄様」と言うべき素晴らしいアクションを見せ、トライデントとドミネーターはどちらが強いのかと考えたりします。
 廿六木さんとミハイルさん、入江さんと慎導さんが仲良くなるのはいいとしても、それが死亡フラグに見えるのもまた事実でした。
 入江さんと大石さんとの因縁はさておき、ドミネーターで執行できなさそうなロボットがもしかしたら最強なのかもしれません。

 梓澤さんが意外と強かったり、色相補正という言葉だったり、アイドルが知事になて大丈夫なのかと色々と考えさせられました。
 理想的な人間はAIという言葉に頷ける点がありましたし、パンとスポーツで盲目にするのは現代社会も同じなのかもしれません。
 ビフロストの3人も梓澤さんも局長さんもみんな怪しいですが、朱さんはどのタイミングで復活するのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム