【感想】ふらいんぐうぃっち(11話)「くじら、空をとぶ」

 行きがけのぎりぎりですが、ふらいんぐうぃっち(11話)を見たので感想を書きます。
 「くじら」と聞いて、声優さんの方を思い浮かべたのは内緒です。

【内容】
 朝玄関先で立っている茜の元に、今週の不審者がやってきます。
 どうやらこの方は魔女の世界の新聞屋さんとのことです。
 新聞の内容によると、「空飛ぶくじら」が近くを通過するとのこと。
 「いつ来るんですか?」と興味津々の真琴に対して、茜は「7分で支度しな!」と答えます。

 玄関に集まった真琴、千夏、茜は、ほうきで予想地点へと移動します。
 額に薬を塗った後あたりを見回し、真琴はくじらそっくりの雲を見つけ「あれじゃないですか?」と指差しますが、本物は3人の後ろから空を泳いできました。

 「乗りに行くよ!」と、3人はほうきでくじらの上に移動します。
 すると、くじらの上には草が生えており、遺跡らしきものが存在しました。
 どうやら昔は人が住んでいたもようです。

 遺跡を探検する3人は、魔法陣や壁画に興味深々です。
 そして、一番前のところで杏子(8話参照)とばったり出会います。
 真琴は「アンナちゃん!?」と思い切り名前を間違えていましたが。

 実は歴史に興味がある杏子は、昔は空飛ぶくじらも群れを成していたけど、人が離れてからはばらばらになったと教えてくれました。
 そんな彼女に、「将来は考古学者ですね!」と真琴さん。
 考古学者とインディージョーンズを間違えている千夏さんも素敵です。

 おなかがすいてきた4人は、(圭の)家にもどって朝ごはんをいただくことになりました。
 留守番をしている圭に真琴から連絡が入ります。

 皆さんの古そうな家を見た杏子は「趣がありますね!」とうれしそうです。
 圭は丁度ホットケーキの準備をしていました。

 杏子はケニー(猫)さんと楽しそうにお話をしています。
 茜によるとケニーさんは人類学を研究しているらしく、杏子の師匠にあたる人(?)らしいです。

 杏子を初見で魔女と見抜くお母さん、只者ではありません。
 「食べてほしいものがあるんです!」と真琴さんはハツカダイコンの漬物を持ってきます。
 ホットケーキには合わないものの、おいしそうです。

 ホットケーキのタネを食べる千夏さん、おなかは大丈夫でしょうか。
 ここからお兄ちゃんはホットケーキを焼くマシーンになります。
 そんな彼に茜は「いいお嫁さんになるよ」と太鼓判を押します。

 ホットケーキを食べる中、杏子はホットケーキについてのうんちくを披露します。
 起源はエジプトで、日本に伝わったのが70年前ですが当時は洋食の習慣がなくあまり売れなかったとのことです。
 なお、ホットケーキという言い方については日本独自のいい方であり、パンケーキと基本的には同じようです。

 家に連絡をする杏子に、彼女のお母さんは「茜ちゃんいる?」と一言。
 窓を開けるとフクロウの使い魔がやってきて、茜に1枚の紙を渡します。
 その内容は、たまりにたまった喫茶店の、しめて約6万円の請求書でした。

【感想】
 くじらさんを見に行くお話から、まさかの杏子さん再登場に驚きです。
 杏子さんの新しい魅力を発見できたのが良かったと思います。
 ホットケーキについてはつくりかたもうんちくも色々とためになりました。

 最後のオチについては少しくすっとしてしまいました。
 それにしても茜さん、あれだけ払っていないとは恐ろしいです。
 彼女らしいとも言えなくもないですが。

 2話連続ということで最終回がのこっていますが、それは家に戻ってきてから見て、全体の感想を含めてまとめたいなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム