【アニメ感想】アサシンズプライド 第6話「灰色の魔女」

 アサプラの6話を見て感想を書かせていただきます。
 他校との試合(?)も終わり、これで一安心だと思っていましたが……
 どうやらまだまだ何かが足りないのかもしれません。

【内容】
 自室で本を読んでいたクーファにロゼが「世にも恐ろしい話」を聞いたと言ってきます。
 水路を抜けた先には「会場」があり、昼間に両校が集まって「裏後夜祭」なるパジャマパーティーをやっていました。
 この行事もまた伝統行事らしく、お姉さま方の美しさには思わずため息が漏れます。

 メリダは「裏後夜祭」は知りませんでしたし、エリーゼも「内緒はドキドキする」と言ってきました。
 キーラは次回には完膚なきまでに勝利する(意訳)と言ってきますが……
 「今は思いきり羽を伸ばしてもいい」と言われて流れで「恋バナ」をすることになりました。

 メリダは「今まで」はいなかったと言えば、ミュールはもうひとつの定番「怖い話」をすると言ってきます。
 ミュールは新天地を求める男女の話をしますが、その2人は迫害を受け、夫は妻に暴力を振るうようになりました。
 夫は妻を刺し殺して心臓をえぐり出し、えぐり取った心臓を持って逃げ出し、心臓が語りかけてきたそうです。

 男と妻の魂は天国へと旅立ち、残された妻の肉体は「灰色の魔女」として若い女の心臓をえぐり出したのだとか。
 フランドール各地で心臓をえぐり出された事件が起こった……といえばちょうどいいタイミングでろうそくの火が消えてきました。
 灰色の魔女がやってきたかと思えばメリダは先生の言葉を思い出してシーツを盾にしてその場を逃げてきました。

 ミュールは魔女なんているわけがないと言い、メリダは先生に相談すればなんとかなるのではと考えます。
 内臓みたいなものを踏んでしまったかと思えば勢いよく水中に転落してしまいます。
 天井から粘液が振ってきて、メリダはこの姿を先生には見せられないと言って顔を真っ赤にします。

 エリーゼは服を脱ぐと言ったかと思えば、サラの豊満な胸を「桃狩り」と称して触ろうとします。
 魔女がやってきたので攻撃してみたものの全く通じず、水路を抜ければ先生が助けてくれると信じて走っていきます。
 クーファが出てきたかと思えば自分はえぐり取られた心臓を探しているなどと言ってきました。

 メリダ達は(猫耳フードで)正座させられ、灰色の魔女の正体はロゼというオチでした。
 内臓だと思っていたのはピクシージェムなる「おもちゃ」だったそうです。
 クーファは変態呼ばわりされる一方でメリダ達は正座で足がしびれてしまったというオチでお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 他校との対抗試合が終わったら楽しいパジャマパーティーが待っていた……のでしょうか。
 本校のお姉さまも他校のお姉さまも妹ポジションのエリーゼさんも素敵だと思います。
 ミュールさんが底が知れない感じがしますが、彼女が次に何かを仕掛けてくるのでしょうか。

 前半の雰囲気はサブタイトルにある「灰色の魔女」の登場で一変してしまいました。
 どうして踏んだだけで内臓だと分かるのかは疑問が残りますが……
 猫耳フードというとFF3の導師さんを連想しつつ、残りのお話も応援していきたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム