【アニメ感想】俺を好きなのはお前だけかよ 第7話「俺は意外な一面を知る」

 俺好きの7話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトを見るといわゆる「水着回」らしいですが……
 本作が普通の水着回で終わるとは到底思えません。

【内容】
 ジョーロが目を覚ますとやたらとテンションの高い母親が話しかけてきました。
 「お友達から教えてもらった」と言えば家の中にパンジーが上がり込んでいましたが……
 オープニングの後、パンジーは「偶然」母親と出会って招待されたそうです。

 永遠の17歳「ローリエ」と「菫子ちゃん」は知り合いと聞いて頭が痛くなるジョーロさん。
 場面が変わってプールで女子の水着を見て興奮し、ひまわりやコスモス、パンジーも水着を披露してくれました。
 一同は水着回を楽しみますが、ジョーロはカリスマなA子と思われる女子高生に絡まれてしまいます。

 A子は「友達の話」として何かお詫びをしなければならないと言い、その子の立場ならどうしてほしいかと聞いてきます。
 ジョーロは誤ってくれればいいと言い、さらに「最悪なら何をしてもこれ以上悪くならない」と言ってきました。
 黒髪の清楚な感じが好きと言われたA子は言葉を失いつつも「お詫びじゃなくてお礼よ」と言ってジュースを買ってくれました。

 「ベンチがなくて平和」と安心するジョーロですが、ひまわり、コスモス、パンジーが彼を取り合います。
 サンちゃんは「存分に戦え」とノリノリで、ジョーロは「俺の話を聞け」と涙目になります。
 ジョーロはひまわりとスプラッシュしてポロリチャンスを期待しますが、自分のジョーロがポロリしてしまいます。

 続いて、ジョーロはコスモスと「イルカさん」に乗るはずがサンちゃんが後ろに乗ってきました。
 パンジーは自分の水着を見せつつも友達と一緒にいられることに感謝し、ジョーロもまたパンジーに感謝を述べます。
 誰も知らないはずのことを知っているパンジーはうっかり机の下のエ○チ本までも発見してしまったそうです。

 誰と一番楽しかったかと言われたジョーロは「サンちゃんだ!」と叫び出します。
 「男子高校生は最高だぜ」と言って走っていき、次の日、新聞の誤解が解けたジョーロはクラスメイトに一斉に謝られます。
 目の前に出てきた黒髪の美女はカリスマ郡A子こと「サザンカ」というオチなのでした。

【感想等】
 ハグプリでプリキュアをやっていた田村ゆかりさんがお母さん役というところに時代の変化を感じます。
 私も永遠の17歳……というのは冗談としても、ハーレムなのかBLなのかはいまいちよくわかりません。
 水着回というてこ入れはいいとしても、パンジーさんと自分を比べてなんだか悲しい気持ちになってしまいました。

 先に公式サイトを見たらカリスマなA子さんが黒髪美人になることははっきり書かれていました。
 黒髪という意味ではパンジーさんとかぶってしまいますがそのあたりはどう差別化するのでしょうか。
 サンちゃんのやたらとノリノリなキャラに驚きつつ、次回からの展開を見守っていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 残り少ない間ですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム