【アニメ感想】ゲゲゲの鬼太郎 第80話「陰摩羅鬼(おんもらき)の罠」

 鬼太郎さんの80話を見て感想を書かせていただきます。
 なんでもまなさんの同級生がおかしいらしいですが……
 彼女の同級生は全員何らかの異常を抱えているのかもしれません。

【内容】
 努は朝食を抜いて学校に行きますが、ずっと寝ていないような顔をしていました。
 学校ではしわだらけになって意識不明になるという「奇病」の噂が流れていました。
 まなは努を尾行しますがすぐに見抜かれ「ほっといてくれ」と言われてしまいます。

 アパートで母親と思われる女性ににらまれたまなは、鬼太郎とねこ娘を呼び出します。
 努の母親の様子がおかしいと聞いた鬼太郎達は現地に踏み込みますが……
 母親が息子にのしかかっていると思ったらその正体は「陰摩羅鬼(おんもらき)」という妖怪でした。

 ねこ娘を人質に取られた鬼太郎は4階から投げ出されてしまいます。
 鬼太郎はちゃんちゃんこを投げつけてねこ娘を奪還し、指鉄砲で反撃したものの傷が治っていきます。
 目玉おやじによると魂は母親のところにあるらしく、肉体を攻撃しても倒せないそうです。

 まなは投げ出された目玉おやじを回収し、鬼太郎を救出するためにひたすら土を掘っていきます。 
 目を覚ました鬼太郎は父親に相談し、目玉おやじは「わしに考えがある」と言いますが……
 鬼太郎は放浪の画家(ねこ娘はアシスタント)を名乗って努の母親にモデルになってくれと言ってきます。

 陰摩羅鬼は「死体」に取り憑いて操っている……ということは努の母親はすでに死んでいることになります。
 鬼太郎は絵で陰摩羅鬼の魂を封じようとしますが、それに気づいた肉体の方も、ついでに努までもがやって来ます。
 母親(もとい陰摩羅鬼の魂)は努に絵を破いてくれと言い、目玉おやじは母親がもう死んでいると言ってきます。

 努は母親がすでに死んでいることを知っていて、自分のために生き返ったのだと言い出します。
 「ママがいなくてどうやって生きているというの?」と迫られたらまなには返す言葉もありませんでした。
 目玉おやじは本物の母親が他人を犠牲にすることを望んでいるのかと訴えかけてきます。

 努は目の前の母親が本物の母でないと知って涙を流し、最後の一筆で陰摩羅鬼の魂を封印します。
 両親を失った努は施設行きになるそうですが、もう一人で大丈夫だと自分に言い聞かせるのでした。

【感想等】
 2年で終わるとしたら残り20話くらいと思われますが、ぬらりひょんさんの足取りがよくわかりません。
 あっさりと尾行を見抜いてきた努さん自身も只者ではないと思ったりします。
 ゲスト妖怪の中の人が某勇者王な時点でかなりの強敵なのは想像に難くありませんでした。

 「星合の空」のように家庭環境に問題があるのも困りますが、母親が妖怪というパターンもなかなか厄介です。
 妖怪を倒したのはいいとしても父親が死んで母親も失った努くんが今後どうなるのか心配になります。
 次回は妖怪がマンガを書くらしいですが、現代の文化を吸収しないと妖怪も生き残れないのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム