【感想】僕のヒーローアカデミア(13話:最終回)「各々の胸に」

 ラブライブのあと、すぐにヒロアカを見ます。
 よくまとめられてはいますが、1クールではすこし物足りなく感じてしまいます。

【内容】
 圧倒的なパワーを持つ魔獣を全力以上の力で叩き伏せたオールマイト先生。
 敵をして「チート」と言わしめるその圧倒的な力ですが、実は活動限界は超えていました。
 それでもオールマイトはヴィラン連合に対して虚勢をはります。

 オールマイトは無傷ではなくまだ正気はあると踏んだヴィランはオールマイトに攻撃を仕掛けてきます。
 活動限界のことを唯一知っている出久は、オールマイトを守るためにヴィランに攻撃を仕掛けますが、それは完全に読まれていたもようです。
 敵の個性でチリにされそうになった出久ですが、そこに飯田君の連れてきた増援が到着し、ヒーローの反撃が開始されます。
 相手の大将は両手両足を銃で撃ちぬかれながらも、ワープ能力により逃走してしまいました。

 オールマイトは出久に対して、「また助けられたな」と一言。
 逃げたヴィラン連合は、「話が違うぞ!」と黒幕らしい人物に文句を言いつつも、「あの邪魔さえなければ……」と出久の行動を意識していました。

 学校に場面は戻り、相澤先生や13号先生は幸いにも命に別状はなく、オールマイトと出久は保健室で横になっていました。
 ボロボロになった師弟の下にやって来た警察の人は、オールマイトの知り合いらしいです。
 「三人のヒーローが戦ったおかげ」とする警察に対して、オールマイトは生徒の健闘をたたえ、入学間もない時期に実戦をいきぬいた彼らは将来良いヒーローになるだろうと確信します。 

 そして、出久のナレーションで「この事件は始まりにすぎなかったことを今の僕たちは知る由もなかった」と2期を匂わせる発言で全13話は幕を閉じます。 

【感想】
 毎回出久さんの奮闘に心を動かされる13回でしたが、それは最終回でも変わりませんでした。
 圧倒的なパワーを持つオールマイト先生の弱点を知る出久さん、彼の奮闘が師を救うところがよかったです。
 いい師弟関係に、今後も期待できるところです。

 13話では物足りないと思っていた私ですが、最後の2期決定のお知らせには驚きました。
 アルスラーン戦記→七つの大罪→オルフェンズ→ヒロアカ(2期)となるのでしょうか?
 2期決定の後は、肝心の放送予定が気になるところです。
 週刊連載である以上、原作のストックはそれまでにはたまってきそうな感じがしますので、今度は2クール以上を期待したいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム