2017年7月31日(月):うら若き乙女の悩みは、複雑多岐にわたるのかもしれません

 昨日も(浮上が遅かった割には)お返事が出来たと思います。
 一応時間に起きられたので、今日のアニメを消化します。

 バトルガールハイスクール(5話)は、キャラの多さに困惑します。
 キャラの可愛さと声優さんについては文句の付け所がありません。

 潔癖男子!青山くん(5話)は、一応サッカーの試合でした。
 とはいえ、殆どサッカー成分がないのは内緒です。

 セントールの悩み(4話)は、まったく先が読めない展開が面白いです。
 うら若き乙女の悩みは、複雑多岐にわたるのかもしれません。

 プリンセス・プリンシパル(4話)は、世界観がとにかくいいなと思います。
 時々出てくるドレス姿に、ひそかな憧れを感じる今日この頃です。

 ナイツ&マジック(5話)は、迫力ある千等が素敵です。
 ロボットが異世界に違和感なく溶け込んでいるのがすごいなと思います。

 お散歩のあと、食戟のソーマを14話(合宿終了)までみました。
 あとは秋の選抜のお話ですが、この辺りはあまり記憶に無かったりします。

 朝ごはんをいただきお外に出ます。
 若干の風がありますが、それでも蒸し暑いのは季節ゆえでしょうか。
 それでもお昼は少し眠ってしまいました。

 今月の終わりということで夏アニメの概要をまとめてから浮上します。
 長文に手間取っていたからか、結局お返事はあまり出来なかったのかもしれません。

 明日から8月になり、ますます暑くなりそうな予感がします。
 無理をしない範囲でがんばルビィです。

 とりあえず、起きたら
 妖怪アパート
 恋と嘘
 天使の3P
 異世界食堂
 をみようと思います。

ようこそ文章至上主義の雑感へ―2017年夏アニメの所見と今後の視聴予定について―

 夏休みに突入し、7月が終わろうとしていますが皆様はいかがお過ごしでしょうか。
 放送中の夏アニメも3~5話程度まで進んで序盤が終わったので、いったんレビューでもしてみようと思います。

1 総評
 3ヶ月に1度毎回言っているような気もしますが、やはり今季もレベルが高かったです。
 結局途中で切れる作品がほとんどないといううれしい悲鳴がここ数ヶ月続いています。

 なお、今季からの作品で個人的な一押しとしては
 Fateアポクリファ
 シンフォギア4期
 ナイツ&マジック
 プリンセス・プリンシパル
 恋と嘘
 異世界食堂
 異世界はスマートフォンとともに
 ニューゲーム2期
 アクションヒロインチアフルーツ
 ゲーマーズ
 メイドインアビス
 等々、挙げればきりがありません。

 Fateシリーズが好きというのもありますが、アポクリファは今季最大の期待作の一つであると思います。
 マスターやサーヴァントが多くて取っつきにくい印象はあるものの、それを遙かに上回る魅力があり、視聴時間より感想や考察を書く方が時間がかかるくらいの作品でした。
 なお、2クール継続のあと、来年冬からは同じシリーズのエクストラがアニメ化されるというのでそちらも楽しみです。

 今季の癒し枠としては、ニューゲーム、ひなろじ、天使の3Pを挙げます。
 ニューゲームは昨年アニメ化したものの2期で、きつい労働のはずが可愛い女の子に癒されるという希有な作品です。
 ひなろじは「ラクエンロジック」の続編なのですが前作とは全く別物で、女の子の絡みが中心という意味ではきらら系に近いように思えます。
 最後に、天使の3Pは「けいおん」「バンドリ」と同じ女の子のバンドアニメなのですが、登場人物が小学生というのですから驚きです。

 ラノベ原作としては、ナイツ&マジック(ナイツマ)、異世界食堂、異世界はスマートフォンとともに(いせスマ)などが挙げられ、いずれも異世界ものということで現実の厳しさを反映しているのかもしれません。
 ナイツマは、異世界とロボットの融合という異色の作品で、テンポよく進ストーリーが魅力です。
 つぎに、異世界食堂は、異世界とグルメものを融合した感じで、食事時に見るのは危険かもしれません。
 最後にいせスマは、雰囲気はリゼロ、このすばに近く、また主人公が強くてスムーズに進むので見ていて安心です。

 継続(続編)ものにも目を引く作品は多いように思えます。
 シンフォギアは4期ということ自体もすごいですが、変わらない熱い展開が魅力的ですし、春から継続であるヒロアカやサクラクエスト、神撃のバハムート(2期)などもますます盛り上がりを見せてきたように思います。
 また、ひなろじも世界観が全く別物ながらもラクロジの続編といえるのかもしれません。

 恋愛モノとしては「恋と嘘」「徒然チルドレン」「ゲーマーズ」等々。
 恋嘘は個性的なヒロインが魅力的ですが、どこか「クズの本懐」に似た雰囲気を感じます。
 徒然チルドレンは、多彩な恋愛模様と聞き覚えのあるキャストが魅力的かと。
 ゲーマーズは、ゲーム作りのお話だと思っていましたが、その実態はゲームをテーマにしたラブコメで、小ネタがつぼを突いてきます。

 プリンセスプリンシパルの世界観やメイドインアビスの絵がとにかく綺麗で、冒険している感じが出ていいなと思いますし、チアフルーツも町おこしという題材とヒーローショーを絶妙に組み合わせていていい感じです。
 また、難しいアニメの間の息抜きとして、とにかく笑いたいときはアホガールがいいかもしれません。

 好きなことを語るとどうしてもお話が長くなってしまいます。
 次は、各作品の個別レビューを書いて、秋アニメ以降についても若干ふれてみようかなと思います。

続きを読む

【アニメ感想】ナイツ&マジック 第5話「Hide & Seek」

 ナイツ&マジックの5話を見て感想を書きます。
 新型機を奪われるというロボットアニメお約束の展開が熱いです。
 そしてこんなときでも独自の美学にこだわるエルくんが素敵です。

【内容】
 新型のシルエットギアを届ける名目でエルの元へと向かうエドガーたち。
 一方、謎の女性・ケルヒルト率いる銅牙騎士団はエルたちのいる砦を急襲し、新型機「テレスターレ」を奪取してしまいます。
 追撃に出ようとするエルですが公爵にとがめられてしまいます。

 新型機2機を奪った銅牙騎士団は追撃をかいくぐり砦を脱出します。
 エドガー、ディーは敵と遭遇し、そのまま戦闘を開始することになりました。
 さらにシルエットギアをまとったキッドとアディもまた加勢に向かいます。

 状況を把握したエルは自らもシルエットギアを駆り、砦に残った敵と戦闘を開始します。
 新型機を知り尽くした彼はあっさりと敵を撃退し、脱出した敵を追いかけることに。
 エドガーはダメージを負い、さらに魔獣まで出現するなどピンチが続きます。

 エルは夜を徹した活動によって魔獣を撃退することに成功します。
 しかし、新型機は奪われ、その背後には他国の影がちらつきます。
 一同は国王に呼び出され、エルは新たな組織「「銀鳳騎士団」の団長に任命されることになりました。

【考察等】
 怪しいと思っていた女性はどうやら他国の人間だったようです。
 新型機を奪取されるのは、ある意味ロボットアニメの王道でしょうか。
 そんな中でも生き生きと動くエルくんが素敵だなと思います。

 新型機が奪われてしまったものの、エルくんは更なる出世を得たようです。
 更なる新型の生産に移るのか、それとも敵との本格的な戦闘が始まるのか。
 いずれにしてもますます目が離せなくなりそうです。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】プリンセス・プリンシパル 第4話「case9 Roaming Pigeons」

 プリンセスプリンシパルの4話を見て感想を書きます。
 いよいよ忍者の女の子が登場して、これで全メンバー集結でしょうか。
 アクションといい、キャラクターといい、見所いっぱいのお話だと思います。

【内容】
 王国側がケイバーライト制御装置の小型化に成功したとのこと。
 戦争の危機を前に装置の奪取の司令が与えられます。
 お姫様を利用することで採掘場へ潜入することになるのですが、一方で彼女の裏切りの可能性が示唆されます。

 「チームにも名前が必要」と語るお姫様。
 彼女らはおめかしして式典まであっさりと潜入に成功します。
 ドロシーの色仕掛け、ベアトリスの変声によって順調に先に進んでいるようです。

 アンジェが単身奥に進み、お姫様はドロシーに接触します。
 お姫様が敵である可能性が残された状況ではドロシーは彼女を警戒します。
 情報が漏れたのか、目的の研究施設はもぬけの殻になっていました。

 船で対象が移動したとしった一同は車でそれを追いかけることになりました。
 一方、移動中の研究者の中に共和国側のスパイがいたことが判明します。
 船を目の前にして、お姫様が自ら危険を犯すことになり、ともに進むことになりました。

 あっさりと研究者たちを確保したスパイの皆さん。
 それでもお姫様の疑いはまだ晴れることはありませんでした。
 そして、チーム名は「白はと」に決定するのでした。

【考察等】
 世界観とキャラクターに魅せられて、ずっと画面に釘付けになってしまいました。
 お姫様をはじめとする皆さんがかわいらしく、ドレス姿が個人的にツボだったりします。
 あんな格好をしてみたいと考える不遜な私をお許しください。

 船で車を追いかけ、あっさりと目的のものを確保したそのスピーディーさもよかったと思います。
 それでもまだお姫様の疑いは晴れることはなかったようですが。
 チーム名が決まった彼女たちが、今後どんな活躍をしていくのか、わたし、気になります!
 
 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】セントールの悩み 第4話 「ラブレターをもらって困惑する…その心は?/UFO、UMAの類を信じるか信じないかでタイプが分かれるよね。」

 セントールの悩みの4話を見て感想を書きます。
 ほのぼのとした感じの中に意外な展開や難しいお話になって驚きです。
 また後半の姫乃さんの髪型が可愛らしかったです。

1 「ラブレターをもらって困惑する…その心は?」
 一目惚れだったと他校の生徒からラブレターを渡された姫乃さん。
 困惑した彼女はそのまま手紙を受け取らずに逃げ去ってしまいます。
 逃げたその理由は幼稚園のときのトラウマがあったようです。

 きょうこ曰く「自分のもとの他人のものを見比べることが必要」とのこと。
 希ときょうこのものを見せてもらった姫乃は、続いて写真で自分のものを確認します。
 トラウマが解消し、手紙を受け取ったものの、手紙の内容には胸のことが書いてあって結局逃げてしまいますが……

2 「UFO、UMAの類を信じるか信じないかでタイプが分かれるよね。」
 希のために、きょうこと姫乃は一緒に勉強をすることになりました。
 ほかにやるべきことがあると言い出し、姫乃によりかかって眠ってしまう希さん。
 お父さんがいうには、顔と口がよければいいらしいのですが……

 落第の可能性を指摘され、希はすっかりやる気になりました。
 しかしUFOが窓の向こうを飛んでいくのが見えてきて、難しいお話になってしまいます。
 なんでもヘビ人は地域によっては神格化されているのだとか。

 町行く人々の中には「公安」や警備がいることに気づいた一同。
 なんでも、転校生は南極大陸からやってきたケツァルコアトルさんだったようです。

3 考察等
 セントールという言葉はさておき、色々と悩み多き年頃のようです。
 自分自身のことで悩む姫乃さんや、お勉強のことで悩む希さんなどなど。
 お勉強のお話からUFOのお話になるなんてまるで想像できません。

 転校生というのはよくあるパターンだと思いますが、ヘビの人に驚きます。
 そのお話に対して失言大臣うんぬんとお話を言い出すところが中々シュールです。
 まったく先が読めない展開を、次回もしっかり見届けていければと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム