2017年6月30日(金):初々しい恋愛模様に、ほほえましさとうらやましさを感じるお話でした

 昨日はそれなりにお返事はできたと思います。
 その分起きるのが遅くなったのはご愛嬌でしょうか。
 アニメは1本のみということで、随分と控えめな朝となりました。

 月がきれい(12話:終)は、最後まできれいな形で終わりました。
 初々しい恋愛模様に、ほほえましさとうらやましさを感じるお話でした。

 一昨日に完走したランマス(ランスアンドマスクス)の内容をまとめますが、これに意外と時間がかかってしまいました。

 お外をお散歩して、出来うる限りお返事をさせていただきました。
 入力速度の関係でちゃんと返しきれないのが心残りではありますが。

 朝ごはんをいただきお外に出ます。
 天気は蒸し暑く、お昼からはさらに雨まで降って来ました。
 戻る頃には雨はそれほど強くなくてよかったです。

 戻ってきてから、のんびりとお風呂に入っていました。
 あと、締めくくりとしてアニメの感想をまとめますが、これにかなりの時間がかかってしまいます。

 浮上が遅れ、お返事もまったくといっていいほど出来ませんでした。
 明日も2つほど最終回になりそうなので、しっかりと見届けたいなと思います。

「愛猫なにしてますか?暇そうですか?語ってもらっていいですか?」―2017年春アニメ雑感と夏アニメへの期待等―

 6月が終わりを迎え、春アニメもほとんど最終回を迎える今日この頃。
 一年に4度のこの別れに、感慨深いものを感じます。
 とりあえずどんなものがあったのかを自分なりにまとめ、夏への期待も書いていければと思います。

1 総評
 毎期同じようなことを言っていると思いますが、今期もレベルの高い時期でした。
 途中で切る作品がなく、気がついたら寝不足にもなりましたが、何とか完走できたのはよかったのではないかと。

 進撃の巨人(2期)、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)、神撃のバハムート(2期)、グランブルーファンタジーは、作画が特に綺麗で、お話もよく、毎回飽きずに見ることができました。
 4年越しの続編である「進撃」は、見事に張り巡らされた複線もあり、見る楽しみと考える楽しみがあったような気がしますし、ヒロアカは原作を存分に生かした熱い展開が魅力的で、特に32話は何度でも見たいのです。
 また、ソシャゲ原作の残り2作、特に(同じ読みになってややこしいですが)「神撃」の方は、1期視聴者にはうれしい演出も多かったように思えます。

 ほかに、リトルウィッチアカデミア(リトアカ)、レクリエイターズ(レクリ)、クロックワークプラネット(クロプラ)が特によかったです。
 今期で終わりのリトアカは主人公の前向きなところに元気づけられ、来期に続くレクリは個性的なキャラクターの戦いに魅了されつつ、後半では成長途上の主人公の「変貌」に期待します。
 また、クロプラは世界観もキャラクターの絡みもとてもよかったと思いますので、できることなら2期期待です。

 町おこしをテーマにした「サクラクエスト」も個人的に一押しの作品です。
 答えの見えない問題を手探りで考えていくその手法は、地方在住者としては大いに参考になるような気がします。
 似たようなタイトルの「サクラダリセット」もキャラクターや設定はよかったです。
 一方で私の頭が悪いからか、時系列が少しわかりにくいようにも思えました。

 ラノベ原作としては、
 エロマンガ先生、
 ゼロから始める魔法の書(ゼロ書)、
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典(ロクアカ)、
 終末なにしてますか(すかすか)、
 冴えない彼女の育て方(さえかの)♭、
 ソードオラトリア(ダンまち外伝)
 等がありました。

 どれも良かったのですが、特にエロマンガ先生とロクアカは見てよかったと思います。
 放送前にこの2つをご紹介いただいた方には、この場を借りて感謝申し上げたいです。

 ラノベ系統の作品に共通して言えることはヒロインがとにかく可愛らしいことでしょうか。
 エロマンガ先生の山田エルフ先生のように自由に生きて、すかすかのクトリさんのように純粋に恋することができたらと思う今日この頃です。

 恋愛関係でくくれば、エロマンガ先生、覆面系ノイズ、さえかの、クロプラ、月がきれい、恋愛暴君が出てきますが、気のせいか木曜深夜に集中しています。
 月がきれいはういういしい感じがいいと思いますが、恋愛暴君は時としてバトルアニメに変貌するので一筋縄ではいきません。
 クロプラは本来はシリアス展開が主だと思いますが、どんな流れでも強引にラブコメに持って行く主人公はいろんな意味で大物だと思います。

 話は変わりますが、今期は先生の活躍が多かったように思えます。
 ロクアカのグレン先生のほか、リトルウィッチアカデミアのアーシュラ先生、王室教師ハイネのハイネ先生もそれぞれ立派な教育者でした。
 絵師のエロマンガ先生や小説家の山田エルフ先生も教育者ではないものの、見ていて楽しい「先生」だと思います。

 癒し枠としては、ひなこのーと、夏目友人帳(6期)、アリスと蔵六、フレームアームズガールを挙げたいと思います。
 今期はいわゆる「きらら枠」がなかったのですが、序盤の展開がごちうさを彷彿とさせる「ひなこ」がその穴を見事に埋めてくれましたし、夏目さんは6期放送という事実そのものもすごいですが、相変わらず優しい世界に、汚れた心が浄化されます。
 アリスさんは、日常パートがとにかく可愛いですし、頑固なおじいちゃんも素敵だと思います。
 また、FAガールは当初はバトルアニメかと思っていましたが、そのぐだぐだな日常がどこか癒されます。

 余談ですが、FAガールと武装少女マキャヴェリズム、さらに「つぐもも」は、期待をいい意味で裏切ってくれた作品だと思います。
 正解するカドや「銀の墓守り」も全体的におもしろかったですが、展開が少し急すぎるような気がしました。

 とりあえず個別作品について、まとめようと思います。
 すごく長々と書いてしまってごめんなさい。

続きを読む

【アニメ感想】「クロックワーク・プラネット」の先輩かもしれない「ランスアンドマスクス」を見ました!

 7月までまだ時間があったので「ランスアンドマスクス」を見直して感想を書きます。
 絵がクロプラに非常に似ていると思っていたら、どうやら同じ絵師さんらしいく、そういう意味では「先輩」と呼べる作品なのかもしれません。

 このアニメの主人公は「騎士」なのですが、舞台は現代日本でした。
 ほぼ同時期のアニメでは、落第騎士の英雄譚、聖剣使いの禁呪詠唱が挙げられることから、当時は騎士がブームだったのかもしれません。
 しかしふたを開いてみると、中国関係の人名や設定が妙に多いのが目に付きますが、作者さんは中国に何か思い入れがあるのでしょうか。

 タイトルにあるように重要な「仮面」なのですが、これがなかなかシュールです。
 いきなり女の子の手の甲にキスする主人公は、放送当時「変質者」呼ばわりされ、ネタにされていたような気がしますが、私が実際やられたら赤面して気絶するくらい喜びそうです。
 男の子向けとしてはわりかし動画向けの作品ですが(ヒロインの年齢が極端に低いことを除けば)女の子向けとして見ることもできる作品なのかもしれません。

 全体についていったんまとめた後、所々つっこみつつ「完走した感想」を書きたいと思います。

続きを読む

【アニメ感想】月がきれい 第12話(終)「それから」

 月がきれいの最終回を見て感想を書きます。
 思わず胸がドキドキして、そして顔が真っ赤になった最終回でした。
 受験の結果はともかく、最後まで綺麗に終わってよかったと思います。

【内容】
 茜と同じ高校を受験した小太郎でしたが、結果は不合格でした。
 遠距離になったことから、茜の姉は「別れたら?」と一言言いますが妹の反撃を受けます。

 小太郎は併願の市立に合格しますが、千夏と同じ学校のようです。
 「ずっと好きでした」と告白する千夏ですが、小太郎には「ごめんなさい」と言われてしまいます。
 茜とのデートの話が出る一方で、小太郎は自分の思いを小説にすることを始めます。

 友人に言われてインターネットに小説を投稿する小太郎さん。
 一方、茜は千夏本人から、彼女が小太郎に告白した事実を知ります。
 卒業式の次の日、茜とデートをすることになりますが、バイトをしても茜に会いに行くという小太郎に対して、茜は千夏に告白されたことをどうして言ってくれなかったのかと問い、キスして走り去ってしまいます。

 小太郎との思い出を残して去ろうとする茜さん。
 そんな彼女に千夏は、小太郎が投稿した小説の存在を告げます。
 「この先はどうなりますか?」とコメントする茜さんの文才も中々かと。

 茜のコメントを見た小太郎は彼女に会うために一心不乱に走り出します。
 一方、電車の中にいた茜は、彼の小説の中に自分への変わらぬ想いがあることを感じるのでした。
 そして「大好きだ!」と叫ぶ小太郎さん。

 2人は高校は別になったものの、交際は普通に続いていたようです。
 色々有りながらも最後は結ばれたようで何よりでした。

【考察等】
 最後までしっかりと書ききった、そんな素敵な作品だったと思います。
 受験結果はある意味現実的ですが、そんな障害すら乗り越えていける2人が素敵です。
 互いに愛して愛される、そんな関係が、愛おしく、そしてうらやましく思えます。

 千夏さんの告白はあったものの、当然のごとく断られます。
 茜さんがそのことをどうして言ってくれなかったのかと小太郎さんに問い掛けるシーンは涙が出ました。
 これからも同じことがあるのではないかと不安になっても仕方がないことかと。

 自分の思いを小説にする小太郎さんも良かったと思います。
 これで気持ちに整理をつけるのかとも不安になったのですが、変わらない気持ちが伝わってきました。
 あえてラインを使わずに、直接彼女に伝えよう叫ぶところもとてもよかったです。

 エンディングではラインを通じて、2人が高校進学以降も交流を続けていることがわかります。
 遠く離れていても、心は通じ合っているということなのだと思います。
 そんな2人の関係が愛おしく思えるのは先ほども書きましたが、大切なことなので2度言います。

 中学生が題材ということで、少し早いのではないかと思った私は間違いでした。
 しっかりと、最後までしっかりと描ききったのは見事だったと思います。
 これだけ純粋な気持ちになれる、そんな素敵な作品に出会えたことをただひたすらに感謝したいです。

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【懸賞当選】2017年6月の当選品(その5)伊藤園さんから紅茶のペットボトルを、ヤマモリさんからは「タイカレー」をいただきました! 他4件

 一日も祝日がない6月がようやく終わり、そろそろ夏も近づいたのを感じます。
 数を送っているからかそれなりに色々当たったので、ご紹介したいと思います。

 まず、伊藤園さんからは紅茶のペットボトルをいただきました。
6月の紅茶
 ※これからの季節には、飲み物はとても助かります。

 また、ヤマモリさんからは「タイカレー」をいただきました。
タイカレー
 ※タイのカレーは日本のものとは違うものなのでしょうか?

 6月があと1日残っているように、当選品ももう少しだけ続きます。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム