2017年2月28日(火):サターニャさんの様に前向きに生きられたら、人生楽しいのだろうなと思います

 一度目が覚めながらも二度寝してしまい、気づいたらかなりぎりぎりの状態になっていました。
 一応、ガヴリールドロップアウト(8話)は見ることができましたが、サターニャさんの様に前向きに生きられたら、人生楽しいのだろうなと思います。

 お返事は全く出来ないまま朝ごはんをいただきます。
 今日は最低気温が氷点下ということで、いつにも増して寒さが厳しいです。

 戻ってきてから、プリパラ(136話)を見て、一応お返事をします。
 しかし、一向に追いつける気配は無く、もう別のことを考えないといけないのかもしれません。

 今月はお寝坊が多くて気合が足りないと反省すべきと思いました。
 来月はきちんと起きて、ちゃんとお返事できるようにしたいです。

【アニメ感想】プリパラ 第136話「3年目のテッパン」

 プリパラの136話を見て感想を書きます。
 思えばこのアニメも3年続いたと思うと、時間の立つのは早いなと思います。
 最終決戦も、ある意味では当然の組み合わせなのだと思いますが、果たしてどんな戦いになるのか、来週が楽しみです。

【内容】
 神アイドルグランプリファイナルの決勝は、そらみスマイルとドレッシングパフェの戦いとなりました。
 決戦を前に修行から戻ってきたシオンたちの成長に涙するウサギさん。
 一方、らぁらはファルルから寂しそうなジュリィの夢を見たという話を聞き、決意を新たにするのでした。

 らぁらはドロシーと、みれぃはシオンと、そしてそふぃはレオナとばったりと出会います。
 それぞれをライバルと認め合った一同は、お好み焼きパーティーで昔の話をはずませるのでした。
 6人の思いをひとつに合同ライブを行い、最終決戦に臨むのでした。

【考察等】
 決戦は当初からのライバル同士ということで順当な組み合わせだと思われます。
 アニメは3年が終わろうとし、気がつけばいろいろなキャラクターが出てきたものですが、最古参のこの人たちがいたからこそお話が続いてきたのだと今更ながらに思いました。

 3年目にして決着を迎えようとしているこの2チームが、どのような戦いを見せてくれるのでしょうか。
 そして、ジュリィさんをどう救い出すのか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ガヴリールドロップアウト 第8話「秋の学校生活」

 すごくお寝坊しましたが、なんとかガヴリールさんの8話を見て感想を書きます。
 全体的にサターニャさんの活躍(?)が目立つお話でしたが、ガヴさんやラフィエルさんも負けず劣らず面白かったです。
 体力テストでのサターニャさんは生き生きとしていましたし、面接でも別の意味で楽しそうでした。
 タイトル的にはガヴさんが主人公ではありますが、一番目立っているのはサターニャさんかもしれません。

【内容】
 自宅で着替えをしていたラフィエルは、下着がきつくなっていることに気づきます。
 何とか投稿すると、そこには断固として動かないガヴリールを引っ張るヴィーネの姿が有りました。
 今日は体力測定ですが、ガヴリールとは対照的に生き生きとしたサターニャさん。
 やる気の無かったガヴリールですが、ヴィーネから「焼肉」をおごるといわれて参加することに。
 しかし、下着のことがあるラフィエルは全力を出すことが出来ませんでした。

 全種目トップを取る勢いで波に乗るサターニャに対して、天使2名は全くやる気が有りません。
 最後の1000mを何とか終えて力尽きたガヴリールは、このままサターニャの独走を許すわけにはいかないとラフィエルに彼女を止めるよう指令を出します。
 全力を出したラフィエルは途中でホックがはずれながらもサターニャに勝利するのでした。

 面接の試験があると聞いたサターニャさん。
 ガヴリールが選んでくれた本を参考に万全の体制で面接に挑みますが、その本が全く的外れだったもようです。
 入室の段階で「ギャランドゥ!」と謎の言葉を発し、自己紹介では相手に自分から名乗れと言い出すのですが、先生は無言でスルーします。
 まともに受け答えするヴィーネに対して、その後もネコをひざに乗せたり、親指を立てたりと破天荒な行動を取るサターニャさん。
 サターニャの奇行にわからなくなったヴィーネですが、他ならぬ彼女の励ましにより事なきを得ます。
 一方で、サターニャは先生にたっぷりと怒られたようですが。

 課金のし過ぎで数日何も食べていなかったガヴリールは、委員長が調理部だと聞き、試食もとい見学に向かうことに。
 田中さんや上野さんといった新キャラクターとの出会い、委員長さんの名前が「まち子」だと知りつつも、料理を無言で食べつくしたガヴリールは、調理部一同を「天国行き」にするとご満悦です。
 調理部を試食部と勘違いしていたガヴリールは、また来るといって去っていきますが、田中さん上野さんは、ガヴリールが入部したら「試食部」に改名しようとノリノリでした。

 雨が降り、傘を差し出すラフィエルに恐怖するサターニャ。
 今までの経験からか水溜りやトラックが罠ではないかと恐れるのですが、ラフィエルは特に何もしていなかったようです。
 そして、雨が上がったとき、彼女の弱点がカエルだと知ったサターニャなのでした。

【考察等】
 冒頭のラフィエルさんが中心と思いきや、今回も全体的にサターニャさんの目立つお話でした。
 体力測定で生き生きとしている彼女を見ると、なんだか楽しくなってくるのは私だけでしょうか。
 その後の面接もまた、いじられキャラの彼女らしくてよかったです。

 主人公のガヴリールさんもまた、調理部のお話で活躍します。
 委員長さんだけでなく、田中さんや上野さんといった調理部の人たちもまた個性的な人で面白いです。
 といいましょうか、基本的のこの作品はキャラの濃い人ばかりだなと思います。

 最後のラフィエルさんとサターニャさんのところでは、いじられるのかと思いきや、最後にラフィエルさんの弱点を知ったサターニャさんが印象的でした。
 サターニャさん大勝利ともとれる今回ですが、次回にはまた色々といじられるのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

2017年2月27日(月):今更ながらラブライブサンシャインの2期が決定したことを知りました

 がんばって早起きできたので、アニメを3本見ることが出来ました。
 テイルズオブゼスティリア(21話)は、アリーシャさんも、スレイさんもすごく主人公らしくてよかったと思います。
 アイドル事変(8話)は、楼凱党がいよいよ本気になってきたようですが、ライブでどこまで挽回できるのでしょうか。
 最後に、リトルウィッチアカデミア(8話)は、珍しく振り回されるアッコさんが新鮮でした。

 DMとお返事をして、朝ごはんをいただきます。
 お外は晴れていますが、気温は低く、また風が強くて進路がふさがれます。
 そして何よりも、寒いのは苦手なのです。

 戻ってきてから、体を温めていたら浮上が遅くなりました。
 お返事をしていく中で、今更ながら がんばって早起きできたので、アニメを3本見ることが出来ました。
 テイルズオブゼスティリア(21話)は、アリーシャさんも、スレイさんもすごく主人公らしくてよかったと思います。
 アイドル事変(8話)は、楼凱党がいよいよ本気になってきたようですが、ライブでどこまで挽回できるのでしょうか。
 最後に、リトルウィッチアカデミア(8話)は、珍しく振り回されるアッコさんが新鮮でした。

 DMとお返事をして、朝ごはんをいただきます。
 お外は晴れていますが、気温は低く、また風が強くて進路がふさがれます。
 そして何よりも、寒いのは苦手なのです。

 戻ってきてから、体を温めていたら浮上が遅くなりました。
 お返事をしていくのですが、途中で気がついたら眠ってしまいます。
 何をやっているのかと問い詰めたいです。

 今更ながらラブライブサンシャインの2期が決定したことを知りました。
 昨日のオルフェンズはつらい展開でしたが、世の中悪いことばかりではないということなのでしょうか。

 明日はガヴリールさんを見て、お返事もがんばろうと思います。

【アニメ感想】リトルウィッチアカデミア 第8話「眠れる夢のスーシィ」

 リトルウィッチアカデミアの8話を見て感想を書きます。
 冒頭からスーシィさんの怪しさ満点の実験、その次にはキノコが生えまくるという恐ろしい展開が待ってます。
 相変わらず行動力旺盛なアッコさんは見ていて面白いですし、自分を大切にしてという言葉も彼女らしくて良かったかと。
 あと、人間は自分を殺して生きているという言葉が、一番心に残りました。

【内容】
 いつもどおり怪しい実験をするスーシィさん。
 秘められた魔力が爆発するという薬を飲んで世界中のキノコを集めようとします。
 しかし、その次の日の朝、彼女は目を覚ましませんでした。

 スーシィを放置して授業を受け、戻ってきたアッコとロッテ。
 するとスーシィの周りには無数のキノコが生えていました。
 先生に言いに行こうとするアッコですが、ロッテの「次は退学かも」の言葉に思いとどまります。

 アッコはスーシィを起こす為にロッテの魔法でスーシィの中へと入ることになりました。
 悪魔のスーシィだけでなく、天使のスーシィにも殺されかかるアッコさん。
 一ヶ月の荷物持ちを条件に契約を結び、オリジナルスーシィの元へと向かうことに。

 いろいろなスーシィに振り回されながら先に進むアッコさん。
 アッコに花を渡す優しいスーシィが現れますが、彼女は連行され、裁判にかけられることに。
 目覚めた気持ちを次々と死刑にする裁判に異議を唱えたアッコですが、彼女も死刑宣告されてしまいます。
 
 「自分を大切にしなきゃダメだよ!」
 手かせを外したアッコは、ギロチンを白刃取りして優しいスーシィ他の気持ちを助け出します。
 一方その頃、アッコ、スーシィを見守っていたロッテの手からキノコが生えてくる事態に。

 オリジナルのいるキノコヒルズまではまだまだ遠いです。
 ヒッチハイクで先に進むアッコですが、途中で彼女の記録映画を見ることに。
 彼女の中のダイアナの姿に笑い、自分を対象としたイタズラに怒りつつも、出会いを覚えていてくれたことには感謝します。
 しかし、映画は学園が混乱に陥った映像へと変わり、先ほど助け出した「芽生えた自我」が他の人格を吸収して巨大な魔物となってしまいました。

 魔物の追撃をかわしつつ、キノコヒルズに突入したアッコさん。
 オリジナルのいる666号室に体当たりを仕掛け、追撃するドラゴンをかわして進みます。
 「愛してる」と告白しつつ、すべての薬を口に含んで口移ししようとしますが「やめろ」と一言。

 目を覚ましたアッコは、再びスーシィをたたき起こそうとして反撃を受けます。
 今までのことは夢だと思っていたアッコですが、荷物持ち1ヶ月のことをスーシィは覚えていたのでした。

【考察等】
 アッコさんの並外れた行動力が彼女らしくて面白い一方、生えてくるキノコが恐かったです。
 人はさまざまな気持ちを抱えて生きているということも、このお話をきっかけに再確認できたような気がします。

 なりふり構わずに死刑にするところに異議を唱え、感情を助け出したアッコさん。
 そのことが逆にピンチを招いてしまったことが印象に残りました。
 人は社会で生活するためには、ある程度は自分を抑えないといけないとのことなのでしょうが、何もかも押さえ込むことが正しいことなのかといわれると、若干の疑問が残る次第です。

 最後のところで「愛してる」との告白があったところはスーシィさんに対する友情の証だと思います。
 あれだけ実験材料にされながらもずっと付き合いを続けているアッコさんは、実は懐の深い人なのかもしれません。
 まあ、単に何も考えてないだけかもしれませんが。

 次回以降も、アッコさんの行動力がどのように先を切り開いていくのか、楽しみにしたいと思います。 
 あと、オープニングで出ていたほうき乗りはいつできるようになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム