2016年5月31日(火):時間が経っても、こんな私とお話してくれている人がいることを、何よりもうれしく思います

 朝起きて、三者三葉(8話)と花咲くいろは(22話)を見ました。

 三者三葉について、葉山さんと西山さん、同じ動物好きなのですがなかなか仲良くできません(けんかするほど仲がいいのかもしれませんが)。
 西山さんといつも一緒にいる近藤さんについても、今回は出番が割と多く、いいたいことを何でも行ってしまうキャラクターが強調されていたように思えます。

 花いろについて、若旦那さんと崇子(コンサル)さんの結婚式が行われます。
 心配されていた緒花さんとみんちとの不仲は解消され、みんちも徹さんへの思いを一途に貫きます(その純情さが素敵です)。
 若旦那さん、名前が縁だけに、良縁に巡り会えたのではないかと思います。
 一方で、女将さんが今度のぼんぼり祭りをもって旅館を閉めるといっていることが、私、気になります!

 朝ごはんをいただき、行きがけにドラクエ5をがんばってます。
 メタスラさんと30回戦い、累計1600回になりましたがまだ起きてくれません。
 リュカさん、どれだけ人徳がないのでしょうか。

 お外は晴れていましたが、少し向かい風が吹いていてつらいところです。
 お昼は少し眠ってしまいます。

 戻ってきてから、半日分お返事しました。
 遅くなって申し訳ないです。

 まだ時間があるので、花咲くいろは(23話)を見ます。
 突然の廃業宣言に動揺を隠せない喜翠荘の皆さんですが、崇子さんは「まだ終われない」と東京へ行く決心をつけました。
 女将さんに呼ばれた緒花さんも、これからのことを母親に相談するために、同行します。
 皐月(緒花母)さんから情報を得た崇子さんは、詐欺師を見つけ出し一本背負いを決めます。
 一方で孝ちゃんは、皐月さんから緒花さんの仕事ぶりのビデオを見せられ、彼女の思いに気づきます。

 今日で5月は終わり、新年度からすでに2ヶ月が経過ということで、時のたつのは早いものです。
 時間が経っても、こんな私とお話してくれている人がいることを、何よりもにうれしく思います。
 縁さんと同じく良縁にめぐり合ったとはまさにこのことであり、ふらいんぐうぃっちの主題歌の一節を借りて 「友達でいてくれて本当にありがとう」と、心から思います。
 その後の歌詞で「ちょっと変わっているくらいがいいエッセンス」とありますが、私の場合はちょっと変わっているどころではなくて、変人の域かもしれません。

 明日からは6月ですが、これまでどおり仲良くしていただけるとうれしいです。
 まず手始めに、ハンドレッド、双星の陰陽師を見る予定です。

「花咲くいろは」に関するつぶやきまとめ(21~23話)「それぞれの想い編」

 花咲くいろは、23話まで見たので一旦まとめます。
 結婚式で区切ろうと思いましたが、その後の一本背負いも含めたところがコンサルさんを語る上で欠かせないと思いましたので23話で区切ります。
 第一印象が変な人でしたが、ここまで頼りになる人だとは思いませんでした。




 結婚式の準備、張り切る徹さんをサポートしようとする民子さんですが、彼の中には緒花さんの姿がありました。
 徹さんの気持ちが自分に向いていないと感じた民子さんは、自分が身を引くことを決意し、緒花さんに「徹さんと付き合え!」と取っ組み合いになり、最終的に2話以来の「死ね」が華麗に復活します。

 女将さんはかつて夫からもらった指輪を崇子(コンサル)さんに渡し、息子を幸せにしてやってほしいと頭を下げます。
 この場面で私ももらい泣きしました。
 一方で、若旦那さんと崇子さんに旅館を継がせる気はないと言っているところが気がかりなところです。




 不仲だった緒花さんと民子さん、自分が徹さんのことを好きだと叫び、取っ組み合いになったところを徹さんに聞かれてしまいます。
 好きでなくても、見ていてくれるだけでいいとの民子さんがけなげで泣けてきます。
 そして、徹さんのことは諦めないと宣言し、元気になってよかったと思います。

 結婚式は無事終わり、めでたしめでたし……
 かと思いきや、女将さんは従業員をあつめて、今度のぼんぼり祭りをもって喜翠荘を廃業すると宣言します。




 皐月(緒花母)さんからの情報を元に、詐欺師を発見した崇子さんは、見事な一本背負いを決めます。
 初登場時、仲居さんにチャイナドレスを着せようとしていた人とは、まるで別人です。

 一方、孝ちゃんは皐月さんに緒花さんが働いているビデオを見せられ、彼女の気持ちに気づきます。
 そして、ばったり出会ってしまった二人は……


 あとは、最終回(26話)まで見て、まとめをしたいと思います。

【懸賞当選】花王さんからホワイト石けんを、アサヒさんからアサヒ・ザ・ドリーム(6缶パック)をいただきました

 今月も終わりになり、またいくつか当選したのでお知らせします。

・花王さんからホワイト石けんをいただきました。
ホワイト石鹸

・アサヒビールさんから、アサヒ・ザ・ドリーム(6缶パック)をいただきました。
アサヒ・ザ・ドリーム(6缶パック)
 (父母が飲みます)

 来月も、また報告できるものがあればいいなと思います。

【感想】三者三葉(8話)「たくさん釣れてる」

 朝起きたので、三者三葉(8話)を見て感想を書きます。
 私も猫を名乗るだけに、猫カフェ、私も行ってみたいです。

【内容】
 猫カフェに入り浸る西山さんですが、そこに葉山さんがやってきます。
 実は、姉とお出かけしていた葉山さんは、お姉さんに猫カフェをおすすめされ(「浮気はいけないわ」と言いつつも)入ってきたのです。

 葉山さんのお姉さんは猫を引き取ってくれたこと(2話参照)を覚えていたようです。
 葉山さんの愛猫の名前は(ベルゼバブの)ベルちゃんで、対する西山さんの愛猫の名前は(エターナルの)エルちゃんだそうです。
 ちなみに、お店の猫の名前は、ラクシュミなど、神由来です。

 5話のバイト代で買ったカメラで猫を激写する西山さんをみて、負けたような感じがした葉山さんは「データもらえないかな」とひそかに思っているようです。

 次の日のお昼に、双葉から「ふれあいどうぶつタウン」の入場券(2人分)をもらった葉山さんですが、双葉も葉子様も用事で一緒に来てくれなくて、双葉は「同じ趣味だから」と2人目に西山さんを誘うことになりました。

 どうぶつタウンにやって来た葉山さんと西山さんは、入り口の段階でハイテンションに大喜びです。
 西山さんは容量を使い切る勢いで激写し、葉山さんは犬に対して「お仕事ご苦労様です」などと言っています。

 西山さんは別行動にしようといいつつも、互いに考えが同じようで、結局葉山さんと一緒に回ることになりました。
 葉山さんは従順な犬を見て「人間より上」だと妙な感動を覚え、西山さんはキャットタウンで「たくさん連れてる」とタイトルを回収します。
 いちいち突っかかる西山さんに、始めは我慢していた葉山さんですが、最後に「感謝してあげてもいいわよ」と言われて黒いオーラを出し、葉山さんを圧倒します(家にもどった西山さんはいきなり泣き出し、エルちゃんになだめられます)。

 いつもどおり大食いの店で巨大なオムライスを食べつつ、動物園は葉山さんと西山さんの2人を仲良くするチャンスだったと双葉さん。
 似たもの同士だから仲良くなれるのではないかと考えていましたが、(完食できずに泣き出して去っていった辻さんのお兄さんをみて)その認識を改めます。

 学校でいきなり「バンドをやろう」と言い出した双葉さん。
 葉山さんのお姉さんが歌いだし、葉子様はその独特の音程に走馬灯が見え、三途の川を渡りかけます。
 お姉さんは、西山さんも家でエルちゃんをたたえる歌を歌っているのではないかと言い出し、近藤さんにも煽られた西山さんは怒って去ってゆきます。

 次の日、近藤さんが一人でいるところを見た葉子様は、西山さんとけんかしたのではないかと心配します。
 その日のお昼は、近藤さんも一緒にいただくことになりました。
 葉子様は同じぼっちとして同情を示し、西山さんのことを「あんな小者」などと言い出しますが、近藤さんはそれに反論しつつも「器が小さい」と断言します。
 近藤さんと西山さんは小学生時代からの親友らしいですが、高校になって(目の上のたんこぶができて)変わってしまったらしいです。
 何でも言いたい放題の近藤さんは、葉子様に対して、高飛車ではなくてもっと人に話しかけたほうがいいと、褒めているのかけなしているのかわからないようなことを言います。

 いつもどおり双葉につっかかる辻さん。
 西川(葉子)さんと3人でお昼を食べるなんてと言っていたら、今日は近藤さんを入れた4人でした。
 私は特別だよ、といわれた辻さんは、お兄さんと同じように走り去ってしまいます。

 帰りに近藤さんに「付き合ってくれる?」といわれた3人は、園部さんのお店にやってきます。
 西山さんにケーキを買いに来た近藤さんでしたが、園部さんはそんなことお構いなしに「西山さんの好きなものです」とメイド服を出します(5話のバイトのときのものでしょうか)。

 ケーキを買った近藤さんを見て、仲直りできればいいなと思っている葉子様。
 しかし、西山さんは風邪で学校を休んでいただけだったようです。
 お見舞いに行ったら、ちょうどエルちゃんと二人きりで、西山さんはエルちゃんをたたえる歌を歌っていました。
 その歌に、思わす聞きほれる葉山さんなのでした。

【感想】
 前半部分は、動物好きにはたまらないお話でした。
 西山さんと葉山さん、同じ趣味なので仲良く出来そうな感じですが、中々難しいようです。
 もしかして、「けんかするほど仲がいい」のかもしれませんが。

 今まで西山さんに隠れてあまり目立っていなかった近藤さんのキャラクターを掘り下げた感じもよかったと思います。
 いいたいことをずけずけと言えるのは、少しうらやましいです。
 それでも嫌われないのは、けなしつつもフォローがあるからでしょうか。

 園部さんも相変わらずでしたが、今回は出番少な目です。
 山路さんは葉子様の走馬灯で少し出てきた程度です。

 毎回ばたばたしていて面白いと思います。
 めまぐるしく動くので、内容を書くのが中々大変ですが。 

2016年5月30日(月):昨今では公務員も客商売ということなのでしょうか?

 目を覚まして、くまみこ(8話)キズナイーバー(8話)ふらいんぐうぃっち(8話)を見ました。
 (リンク先に、感想をおいておきます)

 くまみこについて、前半のお料理はおいしそうでしたが、後半の試食販売のところでは一転してまちさんがかなり苦境に立たされていてつらそうでした。
 いじられ(殴られ?)キャラだと思っていた良夫さんの有能な売り子ぶりに驚きです。
 昨今では公務員も客商売ということなのでしょうか?

 キズナイーバーについて、にこさんとテンガさん、ゆた君とほのかさんがカップルとして成立しつつある一方で、告白をスルーされた千鳥さんがかわいそうです。

 ふらいんぐうぃっちについて、魔女の仲間に会った真琴さんがいつになく元気でした。
 喫茶店にやってくるお客さんにいろいろまとわりつく真琴さんたちですが、皆さんとてもおおらかな方でよかったと思います。
 一方で、お姉さんの方は相変わらず自由な方なのだと思いました。

 行きがけにドラクエ5をプレイして、メタスラさんと20(累計1570)回戦っても仲間になりません。
 2000回までやってもだめだったら、私の心が闇に飲まれるかもしれません。

 雨が降っていましたが、嫌々ながらもお外に出ます。
 結構濡れました。

 戻ってきてからお返事をします。
 DMに至ってはずっと放置していてごめんなさい。

 久しぶりに、花咲くいろは(21話)を見ました。
 女将さんが、若旦那さんとコンサルさんの結婚を認める条件は、きちんと体裁を整えた結婚式を挙げることでした。
 緒花さんは、旅館を使って結婚式を行えばお金がかからないのではと提案し、皆さんおお張り切りです。
 しかし、徹さんの心の中にいる緒花さんの存在に嫉妬した民子さんは、「死ね」の一言を華麗に復活させます。
 民子さんと折り合いが悪くなった緒花さんは、学校で古いカーテンをもらってドレスを作ります。
 そして、女将さんはコンサルさんに自分が亡き夫からもらった指輪を渡し、息子をよろしく頼むと一礼します。
 ただ最後の、旅館を継がせる気がないという一言が、私、気になります!

 初日は疲れたので早めに眠ろうと思います。
 明日は、三者三葉を見るつもりです。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム