2015年12月31日(木):一年間どうもありがとうございました

1 年末の大まかな行動
 朝起きて、K及びファフナーの最終回を見ました。
 1期未視聴のこともあり、話を理解することが出来なかったことが悔やまれます。

 朝ごはんを食べた後、うたわれ(PS2)は演習=フリーバトルを利用して仲間のレベルを上げました。
 また、(後に「偽りの仮面」9話で使者として登場する)カミュさんがハクオロさんの布団で発見されました。
 その後少し横になりました。

 一年を締めくくるにあたって、改めて「ごちうさ」1期の1羽を見ました。
 意外に数字に強いココアちゃん、初対面の相手に銃を突きつけるリゼちゃん、もふもふ喫茶に反応するチノちゃんが懐かしいです。
 なお、千夜ちゃん、シャロちゃんは1話には出てきません(青山さんは通りすがりで少し、マヤちゃん、メグちゃんはエンディングのみの登場です)。

 お昼ごはんを食べてから、アップされたばかりの「ここたま」を見ました。
 いつもは夜(コメントが多少付いた状態で)見ているので、今回コメントが無くて少し寂しかったです。
 クラスメートの「一瀬君」でグレンさんを思い出し、改めて終わりのセラフの3期を期待しました。

 2時過ぎに年末のお買い物に行きました。
 田舎の割に人が多くて、へとへとになってしまいました。
 根っからの田舎者だと実感します。

 4時ごろもどってきて、今度は廊下や部屋の掃除をし、今更ながらこたつを出しました。

 お風呂に入ってからは、ゆっくりして、紅白でμ'sを見ました。
 アニメを再現された動きで、お見事でした。
 2013年冬の初回放送から、3年でここまで成長されるとは賞賛に値すると思います。
 (来年1月2日からのラブライブは確実に見ると思います)

 あとは、眠くなるまでは起きているつもりです。
 
2 一年を振り返って
 一年を振り返ってみて、色々なことがあったと思います。
 相変わらず物価が上がって生活は苦しいですが、それでも何とか生きてます。

 このブログを作ったのは10月の終わりでした。
 はじめは懸賞当選の報告をするためのものでしたが、いつの間にか日記とアニメ・ゲームの感想を書きなぐる場所に変貌していました。

 そのしばらく後で、ツイッターのフォロワーさんがあまりに少なく(当時フォロー12人、フォロワーさん7人だったと思います)寂しかったので、フォロワーさんを増やしていくことにしました。
 当初は「とりあえず2桁」が目標でしたが、皆さんに支えられて、自分でも信じられないくらいに増えていきました(これを書いている時点で確認したら、6470人でした)。
 皆さんどうもありがとうございます。

 数が増えたことは素直にうれしいですが、それよりも、いろんな人と話が出来たことがうれしかったです。
 アニメ・ゲームという同じ趣味で繋がった方々、私が体調を崩して寝てたときに心配してくれた方、懸賞によるPS4当選を祈ってくれた方、手書きのお手紙を書いてくれた方、絵を書いてくださった方、眠れないときにアドバイスを下さった方……

 日々、皆さんに支えられていると実感しています。
 私にはもったいない、素敵なお友達です。
 
 一年間どうもありがとうございました。
 皆さんの来年が、良い年になることを心からお祈りします。


(ふつつかものですが、来年もよろしくお願いします)

2015年のアニメを振り返ります(4/4:「秋アニメ」編)

 今年を終えるに当たって、どんなアニメを見たかを振り返りたいと思います。
 秋アニメ(10月~12月)を振り返って今年のアニメ話を締めくくり、来年を迎えようと思います。
 なお、ごちうさは最終回が配信されてないので11羽までですが、ご了承願います。

1 視聴アニメ一覧
 ヴァルキリードライブマーメイド
☆うたわれるもの偽りの仮面
☆おそ松さん
☆俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件
☆終わりのセラフ(後半)
 かみさまみならいヒミツのここたま
☆学戦都市アスタリスク(前半)
☆機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
 K(2期)
☆ご注文はうさぎですか??(2期)
 スタミュ
 蒼穹のファフナーEXODUS(後半)
 [ダイヤのA]
 ダンスウィズデビルス
 ハッカドール
 [プリパラ]
☆ヘヴィーオブジェクト
 ヤングブラックジャック
☆落第騎士の英雄譚
 ランスアンドマスクス
([ ]…継続、☆…特におすすめ)

2 雑感
 まず、ごちうさが最高の癒し、おそ松さんが一番の笑いどころです。
 ラノベ勢(アスタリスク、落第騎士、庶民サンプル、HO)もそれぞれの良さが出てて良かったです。

3 個別コメント
 ヴァルキリー~は、ヴァルキリープロファイルを想像してみましたが全く別物でした。
 うたわれるものは、世界観やキャラクターに引き込まれました。前作ではありますが、ゲームを買いました。
 おそ松さんは、狂気(8話「なごみ探偵」)、感動(9話「十四松の彼女」)、笑い(10話「レンタル彼女」ほか)と各方面からせめてくる名作です。
 庶民サンプルは、想像(主人公がお嬢様に使役される)とは真逆の展開が面白く、最初から最後まで「ゲッツ」推しでぶれないところがよかったです。
 セラフについて、前半も良かったですが、後半更によくなりました。特に、パンを口にくわえつつも実は熱い心を持っている深夜さんが素敵でした。3期期待です。
 ここたまについて、ここたまの起こすトラブルで、こころちゃん(主人公)の胃に穴が開かないか心配です。
 アスタリスクについて、落第騎士(後述)と類似している点が指摘されますが、魅力的なヒロインという意味では落第騎士を超えていると思います(特に綺凛ちゃんは、ごちうさ勢に匹敵する可愛さです)。来年4月に後半があるので楽しみです。
 オルフェンズは、戦闘よりもそのほかのところで魅せてくれることが多かったです。鉄華団のような互いを支えあう関係はうらやましく思えます。
 Kについて、1期未見ながら、スタイリッシュでかっこいいと思いながら見てました。
 ごちうさ(2期)について、きんモザ→わかばに続く、癒しのアンカーでした。毎回が「神回」であり、みんなかわいくて、誰推しなど決められません。これを書いている時点では12羽は見てませんが、現時点でも今期トップクラスの作品だと思います。
 スタミュについて、主人公のひたむきさと、「やぼすけ」さん、那雪さんとその妹さんが好きでした。
 ファフナーについて、戦闘シーンをはじめとして画面が綺麗で良かったと思いますが、私の理解力が足りず、話についていけないところがあったのが悔やまれます。
 ダイヤのAについて、主人公の成長が著しく、また御幸先輩もキャプテンとして成長しているのが見て取れます。成孔戦が特によかったです。
 ダンデビについて、ヨナさんや白雪さんのように自分の意思をしっかり持った主人公が好きです。
 ハッカドールについては、全体的にパロディ多目といったところでしょうか。
 プリパラについて、ひびき様が女性だといわれてもヴァルキリー~で同じような人がいたので驚きませんでした。天才チーム、努力チームの残り一人がどうなるかが見物です。
 ヘヴィーオブジェクトについて、毎回主人公がどうやって戦うか考えながら見るのが楽しいです。
 ヤングブラックジャックについて、(ネタを含めても)最後の方に出てきた百樹先生のところが印象深いです。
 落第騎士について、最後には主人公を本気で応援するほど熱中しました。妹さんと刀華さんの試合もよかったです。ひそかに2期期待です。
 ランマスは、ネタが先行したような感じがしますが、普通に面白かったです。

 
(来年は、1日プリパラ、2日にラブライブ、3日にごちうさ最終羽を見る予定です)

【感想】かみさまみならい ヒミツのここたま(13話)

 今日昼に「ここたま」を見たので感想を書きます。
 いつもは夜、コメントだらけの状態で見ますが、今回はアップされて間もない状態なのでコメントも無く、少し寂しいです。
(なお、これが今年最後のアニメ感想になります)

【内容(前半)】
 こころちゃんはクリスマスパーティーに参加するため、友達の家に出かけます。
 プレゼント交換(各々プレゼントを隠してはじめに見つけたプレゼントをもらう)のときになって、プレゼントを忘れてきたことに気づいたこころちゃんは、取りにもどろうと家を出ると、そこにプレゼントがありました(なお、後半で誰が持ってきたかがわかります)。
 こころちゃんは、青いリボンのプレゼントを発見し、それはケイト(金髪の子)のものでした。
 また、こころちゃんの準備したプレゼントは、あやかちゃん(ボーイッシュな女の子)が見つけ出しました。
 一瀬君(グレンさんではありません)のプレゼントをもらうことは出来ませんでしたが、友達と楽しいときを過ごし、帰り道には一瀬君と同じ傘に入って帰ることができ、大満足のこころちゃんでした。

【内容(後半)】
 こころちゃんの忘れ物に気がついたここたまがプレゼントを届けることになりました。
 まず6人(?)が次々に上にのって塔を作って、窓の扉を開け、更にクリスマス用のモールを使って下におります。
 次に、バケツの中に入ってまこと(弟)のいる家の前を通り抜けようとします。
 バケツが動いていると気づかれ、持ち上げられますが、バケツの上にへばりついて見つからずにすみました。
 その後先を急ぎますが、ここたまの前に「天敵」であるアマンダ(飼い猫)が現れます。
 ラキたまが、事情(こころちゃんのプレゼントを届けにいくこと)を説明すると、アマンダは自分の背中に乗るよう促します。
 アマンダの協力もあって無事プレゼントを、家の前に届け、プレゼントはこころちゃんが受け取ることが出来ました。
 パーティーの後、ここたまがプレゼントを届けてくれたことを知ったこころちゃんはお礼を言い、みんなで生マシュマロ(ケイトのプレゼント?)を食べて、お話は終了します。

【感想】
 いつもトラブルばかりの皆さんが、普通に人の役に立っているといういいお話だったと思います。
 こころちゃんも奇行を行うことなく、普通に過ごすことが出来ました。
 アマンダもお疲れ様でした。
 来年は、ネコ(K)やアマンダを見習って、同じネコを名乗る私も人の役に立つ存在になりたいと思います。
 
 余談ですが、悪い子の私のところにはサンタさんが来てくれませんでした。
 11話の十四松さんのようにサンタさんをゲッツすることもできませんでした。


(来年は 1日プリパラ、2日ラブライブ、3日ごちうさ最終回の予定です)

【感想】K(13話=最終回)、蒼穹のファフナーEXODUS(26話=最終回)

 今年最後の最終回になりますが、両方とも1期未見のせいもあって、また情報量が多いためまとめ切れませんでした。
 多分、来年に消すと思います。

K(13話=最終回)
【内容】
 白及びネコが、緑の王ことナガレさんのところにたどり着きます。
 人は力を手に入れて自分で選択すべきだとするナガレさんに対して、ネコさんは石版の力は必要ないと反論します。
 赤のクランメンバーが基地を爆破し、天井に穴が開き、王の剣が空に浮かびます。
 白は自らの剣を落下させることで石版を破壊し、ナガレさんは石版の力を失って死亡します。
 同じく石版の力を失い、借り物の体を返した白さんでしたが、元の体でいつもどおりの生活を送っているところで物語は終了します。

【感想】
 1期未見のため話をわかっていないような気がしますが、キャラクターがかっこよくて最後までみてました。
 黒さんが紫さんを倒したところ(美しさに見とれる描写あり)で、「北斗の拳」のユダさんを思い出してしまいました。 

蒼穹のファフナーEXODUS(26話=最終回)
【内容】(うまく書けないので箇条書きで書きます)
・真壁指令から人類軍への対話が通じる
・一騎は意識を乗っ取られそうになるが、拒否
・美和さん、エメリー、将軍が消滅しアショーカが復活
・織姫ちゃんがミールを封印し、竜宮島が海に沈む
・力を使い果たした総士が結晶化し、赤ちゃんになる
・真矢を撃とうとするビリーを溝口さんが射殺
・結局、ミツヒロさんは救われず

【感想】
 戦闘をはじめとして、全体的に絵が綺麗でよかったと思います。
 ただ、1期未見で知識が無く、さらに最終回の情報量の多さが、私の理解をはるかに超えてました。
 自分の理解力と文章力に自信がなくなり、情けなくなりました。


(昼に「ここたま」を見て、今年は終わりかと思います)

うたわれるもの 散りゆく者への子守唄 プレイ記録(その1)「トゥスクル」建国まで

はじめに
 うたわれるもの(偽りの仮面)のアニメを見て、ゲームを買おうと思いましたがPS3、PS4ともに持っていませんでした。
 なので、PS3又は4を手に入れる前に、その前作をやってみようと思いました。
 今年中に、きりのいいところまで進んだので、忘れないうちに書いておきたいと思います。
 (なお、ネタバレを多分に含みますのでご注意ください)

1 概要
 「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」は、2015年に発売された「うたわれるもの 偽りの仮面」(アニメ放映中)の前作に当たり、三部作の1作目に当たる作品です。
 もともとはアダルトゲームだったのが、PS2に移植されました。
 移植に際してフルボイスになったほか、サモンナイト1~4を製作した「フライトプラン」(後に倒産)の協力を得て、シミュレーション部分が強化されたとのことです。

2 キャラクター紹介
(1)主人公
 「ハクオロ」さんは、記憶を失って倒れていたところを辺境の村に住む「トゥスクル」さんとその孫「エルルゥ」と「アルルゥ」に助けられました。
 ある出来事をきっかけに反乱軍の大将として、都を攻め落とし、新国家「トゥスクル」の皇となります。

(2)仲間
 トゥスクル 恩人
 エルルゥ 回復役
 アルルゥ エルルゥの妹。
  (後にムティカパの子供に乗って参戦します)
 オボロ 義賊(攻撃役)
 グラァ・ドリィ オボロの部下(固定砲台)

3 ストーリー概要
(1)害獣「キママウ」退治
 記憶を失ったハクオロさんですが、類まれなる知識をもって地盤改良や水路の改修を提案し、作物の増産に成功します。
 しかし、出来上がった作物を「キママウ」なる害獣に荒らされてしまい、それを退治することになります。
 (はじめのステージなのでそれほど難しくないです)

(2)主「ムティカパ」との戦い
 エルルゥの幼馴染であり、皇の甥でもある「ヌワンギ」なる男が登場します。
 彼の行動が原因で森の主「ムティカパ」が村を襲い始めたため、それを討伐することになります。
 (罠にはめてからは、後ろにエルルゥを置き、回復しながら攻撃すれば勝てると思います)

(3)反乱~建国まで
 農業の生産力が高まったことが領主(ヌワンギパパ)にわかってしまい、膨大な税を要求されます。
 村を任されたヌワンギは、ハクオロさんを叩きのめし、エルルゥに「俺の女になれ」と(北斗の拳で見たよう)なセリフを吐きます。
 石を投げたアルルゥをかばってトゥスクルが死に、先走ったオボロ(仲間)の後を追う形で反乱を起こし、領主を倒します。
 (グラァやドリィで遠方から狙い打てば勝てます)

 領主を倒した後、ハクオロさんは砦を築き、本国との戦いへと身を投じます。
 侍大将として再び立ちはだかるヌワンギを退け、勢いを強めた反乱軍は、敵将ベナウィを退け、城を攻め落とします。
 (簡単に書いてますが、城での決戦はかなり大変です。先走ると集中攻撃を受けるので注意)

 ハクオロさんは、新たな皇に祭り上げられ、新しい国「トゥスクル」が誕生します。


(もっと進んだら続きを書こうと思います)
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム