【アニメ感想】ガーリッシュナンバー(12話=最終回) 「烏丸千歳と……」

 ガーリッシュナンバーの最終回を見て感想を書きます。
 雪で交通が混乱するというアクシデントがありながらも、必死に走るちーさまに、彼女の成長を見ることが出来るような気がします。
 最後の収録現場で、自分の思いを伝えるところ、特に「代わりはいくらでもいる」の一文が痛いほど心に伝わってきました。
 皆があこがれる職業ですら、使い捨てに近いという実情に驚くとともに、それでもがんばっているちーさま、あるいはリアルの声優さんたちには頭が下がります。
 キャラクターのかわいさが第一印象でしたが、最後にはちーさまというキャラクターにすっかり魅入られてしまいました。

【内容】
 「クースレ」最終回の収録の日、雪で電車が遅れてしまったちーさま。
 マネージャーの松岡さんは「がんばって来て下さい!」の一点張りです。
 自分が場の空気を悪くしてしまったことを気にして「来なくてもいいのではないか」とつぶやくちーさまに、兄からのメールは「早くしろ、殺すぞ」とドスのきいたものでした。

 いつもどおりのオープニングの後、ちーさまを除いていつもどおり収録現場に集合する皆さん。
 兄に発破をかけられて走り出すちーさまですが、転んでしまい携帯を割ってしまいます。
 もうこれ以上先延ばしは出来ないと焦る現場、そして違約金の話にまで発展してしまい、クズPに至っては悟浄に泣き出してしまいます。

 ようやく現場に到着したちーさまは自分の思いを告白することに。
 初めての主演に際して、自分は誰でもいい、代わりはいくらでもいるという現状を述べつつも、それでも全力でがんばると続けます。
 その声に現場は活気を取り戻し、作家先生の創作意欲を刺激します。

 声優がその声に魂を込めれば、製作現場も同じように死力を尽くします。
 ギャラ等の条件は余りよくなかったものの、精一杯稼動するちーさまの成長が素敵です。
 そんな妹に、兄は「がんばったな」とひと言。

 次の日、ライブイベントにもかかわらず寝坊してしまったちーさまは、再び走り出すことに。
 「戦犯」クズPの協力もあって何とか間に合ったちーさまは、「勝ったなガハハ!」と掛け声を上げ、ステージへと上がります。

【考察等】
 皆さんのちーさま復活で、まさに「勝ったなガハハ!」のハッピーエンドでした。
 過去数回の落ち込みがあって心配でしたが、やっぱり元気なちーさまをみると、ほっと安心してしまいます。

 雪で混乱といいますと、ラブライブ2期のお話を思い出してしまいますが、さすがにファンが雪かきしてくれるということはありませんでした。
 こんなの雪のうちに入らないという万葉さんの言葉は、雪国出身者の強みであり、地方出身者の本音でもあるのかもしれません。
 ふとリアルを思い返せば、この程度の雪で報道するのはおかしいのではないかという気持ち、地方というひがみを意識してしまいました。

 ちーさまが現場に遅れてやってきた際のセリフについて。
 他の誰でもいい、代わりはいくらでもいるという言葉が深く心に突き刺さります。
 人間は一人ひとりかけがえのない存在といいつつも、過酷な現実にいきなり放り出されたような、そんな気がしてしまいました。
 それでもがんばるというちーさまは素敵ですし、がんばることもひとつの才能ではないかと思います。

 ちーさまが復活して周りも明るくなったようなところも良かったです。
 ななみさんが言っていたとおり、ちーさまはムードメーカーだったのだと思いますし、これもひとつの資質なのだと思います。
 キャリアも経験も上の他のメンバーをさておいて仕切ってしまう、そんなところも、そして「勝ったなガハハ!」もよかったです。

 「声優」というアニメファン憧れの職業ですら、ほとんど使い捨てに近いという過酷な現実。
 世間を見れば、非正規雇用やリストラが蔓延する、「普通の人」にとってはますます厳しい世の中になってきたような気がします。
 そんななか、明るく前向きに生きるちーさまの存在は、私達をも元気付けてくれる、ひとつの輝く星なのかもしれません。

【アニメ感想】ガーリッシュナンバー(11話)「揺れる千歳と決意の悟浄」

 ガーリッシュナンバーの11話を見て感想を書きます。
 元気のないちーさまを見ていると何だかつらくなってきますし、現場の重苦しい空気もなんとなく想像できてしまいます。
 ななみさんがちやほやされている一方で、八重さんをはじめとしてちーさまを愛していることわかって何だかうれしいです。
 お兄さんに自分の気持ちをぶつけるところは、私自身にも通じるところがあって本当に泣いてしまいました。
 いろいろありましたが、復活したようなのでよかったと思います。

【内容】
 かつて声優だった悟浄は挫折して業界を去ったことを思い出しつつも、妹に声をかけることが出来ません。
 一方で、いろんな意味で復活したクズPは、「秘策がある」とひと言。

 収録現場にやって来た千歳ですが、いつものような元気がありません。
 今度から収録に参加することになったななみ(後輩)が人をひきつけていく姿を見ているところはつらくてもう見ていられません。
 ちーさまは励まそうとする八重に「あんな子が売れていくのかな」とひと言いい、食事の誘いも断って帰ってしまいます。

 自分の言葉が千歳に届かないことを察した八重は、その兄である悟浄から伝えてほしいとお願いをすることに。
 また、かつて同期だった京とのからみも染み入るものを感じます。

 食事をする千歳を除くメンバーですが、重苦しい空気が流れます。
 千歳を評して「才能もプロ意識もない」とダメ出しする万葉に、「純粋なバカ」だと返す八重さん。
 この原因を作ったともいえるななみは、本当に千歳のことをリスペクトしているようです。
 また、ななみに乗り換えようとするクズPに対して、前回千歳を突き放すような言動をした社長も「バカな子ほど良く化ける」と彼女の成長に期待しているようです。

 家で塞ぎこむ千歳に、ファンからの誕生日プレゼントを渡す悟浄さん。
 大きな仕事を取れずこのまま忘れ去られてしまうのではないかと不安をこぼし、そんなことは耐えられないと涙ながらに語るちーさまに、「役者向き」であり、その前向きな性格は自分にはなかったと語るお兄さん。

 大好きなおにいちゃんに褒められたちーさまは見事に復活を果たし、大寒波の中最後の収録へと向かいます。

【考察等】
 冒頭でお兄さんが見つめる写真には彼とともに京さんが写っているというのがまず目に付きました。
 この二人の明暗を分けたのは、最後まで諦めなかったことなのだろうとふと思ってしまいます。
 だからこそ、妹には諦めてほしくないとの思いがあってあえて厳しく接しているのではないかと思いますし、だからこそ、時折見せる優しさがちーさまを元気にしたのだと思います。

 ななみの参加によって蚊帳の外に置かれてしまうちーさまを見ていると、自分のことのようにつらいのを感じます。
 現場の空気の悪化をみると、ちーさま一人のちからの大きさを感じずにはいられません。
 だからこそ、今回株をあげた八重さんななみさん、それにほかの人にも愛されているのだと思います。

 忘れ去られてしまうのではないかという不安、そしてそれには耐えられないというちーさまのまっすぐな思いを吐き出すところから、自分の心を見透かされたかのような、そんな気がしました。
 それゆえに、お兄さんに励まされて復活するちーさまが、自分のことのようにうれしく思えました。

 ほかのアニメと同様、次回で最終回のようです。
 大寒波で電車が止まってしまうような展開だと、ふとラブライブ2期を思いだしてしまいましたが、さすがにファンが雪かきして道を作ってくれるというのはないと思います。
 最後には、元気で前向きなちーさまをめいっぱい見せてほしいなと思います。

【アニメ感想】ガーリッシュナンバー(10話)「闇堕ち千歳と失意のクズ」

 ガーリッシュナンバーの10話を見て感想を書きます。
 新人の登場に風向きが変わった千歳さんに、何時もの元気さが感じられなくて心配です。
 その分、新キャラの(元ネタと中の人を合わせた2重の意味での)松岡さんがいろんな意味で熱い人でした。
 今までの努力が足りず、見放されつつあるそんな状況ですが、果たしてあと2~3回でどう巻き返すことが出来るのか、私、気になります!

【内容】
 ななみの担当になった兄・悟浄の代わりに、千歳の担当になった「松岡」さん。
 まるで同姓の某テニス選手を思わせるようなとにかく熱い男でした。
 努力を旨とする彼は千歳に大量の資料を渡しつつ、モブの仕事をいっぱい取ってきます。

 社長はななみを全面に押し出すことを意識してガハハと高笑い。
 妹を案ずる兄に対して、これまでずいぶんと待ったし、それでも出る芽のない人間は切るしかないといきなりシリアスに言い出します。
 一方で、かつてのライバルに勝ちたいと魚釣りをするクズPは明らかに努力の方向性が間違ってます。

 事務所主催のイベントの練習をしますが、余り乗り気でないちーさま。
 もう新人ではないといいつつも、練習に乗り気でない妹に、兄は突き放したような態度を取ります。

 イベントのサプライズのことを聞いた千歳は、自分の誕生日だと思ってテンションが上がりますが、実際のサプライズはななみのCDデビューでした。
 その後、同僚からは誕生日のお祝いをしてもらいますが、兄は相変わらず無言のままでした。

 ななみを送っていった兄と別れて、一人で帰路につく千歳さん。
 自分ってなにだろうと、うつろな表情を見せます。

 あのクズPは部下の十和田さんに求められていることを知ってやる気になっている頃、千歳は一人家で兄の昔の作品を聞いていました。
 主役1本以降はそのまま芽が出なくて引退したお兄さんは、どうしてやめてしまったのか、私、気になります!

【考察等】
 序盤のサプライズは、やはりあの松岡さんでしょうか。
 元ネタはあのテニス選手でしょうが、中の人まで「松岡」さんだとはいろんな意味で狙っているなと思います。
 キリトさんやペテルギウスさんと同じ人だとは思えません。

 本題の、千歳さんについて。
 勢いのある新人に迫られ、さらにファンまでも離れていく状況に、いよいよ試練のときが来たと感じます。
 そして彼女にとってお兄さんの存在が大きかったのではないかと思います。

 ユーフォ(響け!ユーフォニアム)の久美子さんがお姉さんにあこがれて吹奏楽を始めたように、千歳さんもお兄さんにあこがれて声優さんになったのではないかと思います。
 彼が声優さんを引退したのは、妹と同様に慢心があった、努力を怠った結果ではないかと。
 だからこそ、妹には自分と同じ失敗をしてほしくないと考えているのではないかと推測してますが、いかがでしょうか。

 前半では色々と問題を起こしたあのクズさんはようやくやる気を見せるようになりました。
 次は千歳さんの番です。
 あの持ち前の前向きさで、ここで終わらないのだというところを見せてほしいと思います。

【アニメ感想】ガーリッシュナンバー(9話) 「焦燥千歳と疾走ルーキー」

 ガーリッシュナンバーの9話を見て感想を書きます。
 相変わらず自信満々のちーさまですが、後輩の登場に風向きが変わります。
 ななみさんは一生懸命でいい子のように見えますが、いい人過ぎて逆に何か裏があるのではないかと思えるのは、私の心が汚いからかもしれません。
 時を同じくしてゴミクズさんも昔のことを思い出してシリアスモードになっていましたが、彼の覚醒があるのかも気になるところです。

【内容】
 脚光を浴びる後輩のななみさん。
 後ろから迫ってくる影に対しても、相変わらず自信満々のちーさまが素敵です。

 クースレ(アニメ)の2期の撮影が始まりますが、クズPの姿は有りませんでした。
 まあ、十和田さん(部下)がいればよいのかもしれませんが。

 宴会の席には、先ほどのななみさんもやってきます。
 なまり全開の万葉は先輩風を吹かせる千歳に、「後輩の出現にプロになった意味を考えるように」と助言をします。
 純粋なファンでもあるななみを前にして、一同ますますアニメを盛り上げていこうと誓うのでした。

 最後まで放置されたクズPですが、十和田さんによると昔はもっと仕事をバリバリする人だったとのこと。
 そのご本人は女の子と飲んでいて、昔の同僚に出くわし、急にシリアスモードに。
 イケボで「逃げるのか」と煽られた彼は、泣きながら店から出て行くのでした。

 次のオーディションに挑もうとする千歳の前に、社長が現れます。
 何でも今後はななみを押していくとのことで、悟浄(兄)も彼女のマネージャーになってしまいます。

 ふてくされる千歳は家で兄と口論になってしまいます。
 一方で気まずくなった兄は、妹への誕生日プレゼントを渡すことが出来ませんでした。

【考察等】
 新人の登場に、生き残りをかけた業界の厳しさを感じる今日この頃です。
 そんな中でも自信過剰なほどのちーさまが素敵ですが、今回はそうとばかりも言っていられないような予感がします。
 純粋でまっすぐなななみさんがこのままどんどん上に進んでいく(様な気がします)のに対して、千歳さんがこれからどう自分や仕事と向き合っていくのかが気になるところです。

 分割2期の後半が始まったとのことですが、あのクズPは出てこないままでした。
 前回では下克上がどうこうと言っていた十和田さんが意図的に彼を追放したのかと思っていましたが、どうもそうではないようです。
 そのPさんも、かつての同僚の出現に千歳さんと同じく試練のときを迎えているのかもしれません。

 他のキャラクターについて、山形での一件を経て前向きになった万葉さんがいいなと思います。
 千歳さんにアドバイスをするところは、以前の彼女では考えられなかったかと。
 いつものクールそうな彼女も、酔っ払って素が出た彼女も楽しいです。

 お話的には、残りは大体3、4話といったところでしょうか。
 試練のときを迎えた千歳さん(やクズP)が果たして今後どのように新たなステップへと進んでいけるのか、私、気になります!

【アニメ感想】ガーリッシュナンバー(8話) 「ねぼすけ千歳と湯煙旅情」

 ガーリッシュナンバーの8話を見て感想を書きます。
 ネコさんと会話する万葉さんの意外な側面が可愛らしいです。

 主人公不在ではありますが、万葉さんと百花さんがそれぞれ親について考えるところはとても良かったと思います。
 百花さんのお母さんはあくまで娘ではなくて同じプロとして接しているところも、万葉さんのお父さんが不器用ながらも娘をことを心配して、夢を後押ししているところも、どちらも素敵な親御さんでいいなと思います。

【内容】
 某プロデューサーの不誠実な態度(前回参照)を謝るため、万葉の実家のある山形へと向かうマネージャー、部下の十和田さん、万葉、張本人のP、そして百花。
 一方、主人公のちーさまこと千歳は寝坊してそのまま置いてけぼりでした。

 新幹線、電車、バスと長い移動を経てやってきたのは風情のある温泉地でした。
 相変わらず反省の色の見えないPを隔離した十和田さんとマネージャーは、万葉の父に謝罪とこれからの声優活動に理解を求めるのですが、お父さんは「娘がお世話になってます」とひと言。
 外面がいいだけだと父親をなじる万葉に、マネージャーは娘さんの出演作だと作品DVDをおいていきます。

 自分の仕事を「くだらない」と貶める娘に対して、東京に帰れと突き放すお父さんに、万葉は飛び出していってしまいます。
 万葉の父親が不器用ながらも娘を応援している気持ちを察した百花が万葉の手を握って留まらせ、そのまま一泊することとなりました。
 温泉地を満喫する百花に対して、田舎の人付き合いが嫌だと万葉さん。
 一方で、度重なるマネージャーからの電話を無視する百花の表情がどこか寂しげです。

 神社の階段を登っていく百花を待つ万葉は、近づいてきたネコと会話をするのですが、意外な一面が可愛らしいです。
 そんな万葉に、京から百花が行方不明だと連絡が入り、彼女が無断で山形に来たことが判明します。

 温泉の夜景にときめく百花さん。
 それに対して東京の方がずっといいといい、私にはそこしかないという万葉さん。
 口やかましいと愚痴をこぼすお父さんについても、百花はそんなところがいいのではないかとひと言。
 自分の母親はデビュー以来自分には何も言ってこなかったとのこと。

 電話をかけ、マネージャーに心配をかけたことを謝る百花。
 一緒にいたお母さん(声優)に、親子共演の話は断ると一言述べますが、お母さんは一人のプロとしての決断を尊重します。
 娘というよりも、一人のプロ、ライバルとしてみている、そんな関係も素敵かと。

 温泉に戻ると、十和田さんとマネージャーが(本人を前に)無能な上司について愚痴をこぼしていました。
 娘の泥酔を心配するお母さんから、お父さんが自分が声優になるといっていたころからアニメを勉強していたこと、映像特典の水着撮影で、不自然な笑顔をしていたことを心配していたことを聞かされます。
 お母さん曰く「声をかけるのも、信じて待つのも親」とのこと。

 山形を出発する日、父に「行ってきます」と声をかける万葉。
 それに対して、お父さんは「風邪をひくなよ」とひと言。
 不器用ながらも愛情にあふれたお父さんも、また素敵です。

 一方、主人公の千歳は最後に少しだけ出番があったりします。
 山形とは時差がどうこうといっていますが、そんなことはありません。

【考察等】
 主人公不在でコミカルな成分が失われて、シリアスなお話になりました。
 形は違えども、それぞれの対照的な親の有り方がうまく現れていて、親の愛は偉大だと痛感します。
 一方で自分を振り返って、自分の親も、私のことを愛しているのかが気になってしまいますが。

 万葉さんとお父さんとの関係、百花さんのお母さんとの関係もそうですが、東京と山形、恵まれた環境で育った百花さんと何も持たずに出てきた万葉さんと見事なまでに対照的な2人です。
 そんな二人の距離が、すこしずつ縮んできたところも、今回の見所かもしれません。

 百花さんが「親子共演」を断ったのは、娘としてではなくて、一人のプロとしてみてほしかったからではないかと思います。
 それに対して、一人のプロとしての決断を尊重するお母さんに、ただの放任ではないと気づいたところもうまい演出だと思いました。
 万葉さんのお父さんが、娘の笑顔からその苦労を察していたところも、素敵だと思います。

 気づけば最後までほとんど出番のなかったちーさまは最後のボケに留まりました。
 次回は今回出られなかった分まで彼女が活躍するのかどうか、私、気になります!
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム