【アニメ感想】装神少女まとい 特別編「ゆまちん、まとめました~何も着てなくて・・・夏~」

 まといさんの「特別編」を見て感想を書きます。
 いわゆる総集編なのですが、まといさんのために怒るゆまさんや、気づかないふりをして娘を送り出すお父さんなど、感動シーンをしっかり抑えてある良い総集編だったと思います。
 声優さんの露出も昨今では珍しく控えめで、そこも好感が持てるような気がします。

【内容】
 ゆまちんのナレーションによる総集編が始まります。
 大まかなあらすじは1分で終わり、約20分で全12話を振り返ってゆくことに。

 偶然により「儀式」を完了させたまといは「退魔少女」となってしまい、悪霊「ナイツ」をあっさりと倒してしまいます。
 この後、ゆまちん曰く「退魔活動(タイカツ)」が始まり、強制的な変身によりその姿を晒されたまといですが、ルシエラ、カリオテ、クラルスといった仲間が加わってますますにぎやかになってゆきました。

 6話は記念すべきゆまちんの初変身回で、ナイツの出現情報(後にポチによるものと判明)により商店街に向かったまとい達はピンチに陥りますが、ゆまちんが第三の退魔少女に変身したことによって事なきを得ます。
 7話は水着回というてこ入れであり、8話ではまといが覚醒することに。

 後半は、ゆまちんの(砲弾としての)活躍から始まります。
 砲弾として敵の結界にひびをいれたゆまちんに続き、ナイツはお父さんが倒してしまいました。

 次元の穴が開き、お話は急展開を迎えます。 
 10年前の母親と同じように「超次元」へ向かうようにといわれたまといは泣き出してしまい、それを命じた祖父に対して本気で怒るゆまちんという名シーンです。

 その後、まといは完全に覚醒し、親子三人で「普通の生活」をするために自ら超次元へ行くことを決意し、ゆまちん、クラルスも同行することに。
 何も知らないふりをして娘を送り出すお父さんには、涙が出てきます。

 みんなの願いが奇跡を生み、世界は救われ、お母さんも元の世界に戻ってきました。
 しかし、ゆまちんの夏休みの宿題は終わっていないとか、まだナイツの残党も残っているとかでピンチが続いているとのこと。
 最後はいわゆる「俺達の戦いはこれからだ!」のような、2期への含みを持たせつつ綺麗に終わったと思います。

【考察等】
 うまく1話の枠にまとめてあって、作品の魅力が良く伝わってきました。
 思い返せば、今期の魔法少女枠としてはまほいく(魔法少女育成計画)がありましたが、あちらが哀しさで泣くことが多かったのに対して、こちらは感動で泣かせてくる作品だったと思います。
 ゆまちんがおじいちゃんに怒るところとお父さんが涙をこらえて娘を送り出すところ、この2シーンをしっかりと抑えてあったのは素晴らしいです。

 今期オリジナル作品としては、終末のイゼッタに並ぶ作品だったのではないかというのが感想です。
 あちらは戦時中ということで(一部の百合を除いて)終始シリアスな展開でしたが、こちらは日常という「平和」を前面に押し出した作品だったのではないかと思います。

 ユーフォ最終回が今年の最後の感想になると思っていたのですが、こちらが残っていたので急遽見ることになりました。
 改めて見てみて、特にストーリー面で質の高い作品だったと思えてきます。
 できることなら、2期でも皆さんの活躍を見てみたいと思います。

【アニメ感想】装神少女まとい(12話=最終回)「普通がいちばん」

 まといさんの最終回を見て感想を書きます。
 お母さんとの再会、そしてついに「お父さん」と呼んだときには涙が出てきました。
 今期のもう一つの魔法少女枠(まほいく)の展開が悲惨だったので、ハッピーエンドがよかったです。
 オリジナル作品としては、今期の「終末のイゼッタ」に迫るくらいの頑張りを見せてくれたと思います。

【内容】
 超次元へと向かうまといは、カレーを作る母の姿、親子三人で過ごした過去を思い出します。
 かつて倒したと思っていた「クリードキラー」がまとい達の前に立ちはだかりますが、クラルスが一人で相手をすることに。
 一方、3次元に残った仲間たちは、悪霊に取り付かれた人々を必死に守ります。

 鎧が砕け、限界を迎えたクラルスですが、大切なもののために戦うという想いが彼女を覚醒させます。
 クリードキラーを一蹴したクラルスはまとい、ゆまに追いつき、さらなる高次元へ。
 まとい一人でなら超えられなかった限界も、3人でなら超えることが出来たのです。

 ゆま、クラルスの想いを背に進むまとい。
 二人の願いと母のお守りが超次元への扉となった母親を視認させます。
 親子三人が普通に暮らしたい、その想いがすべての次元から八百万の神を呼び出し、母へと届きます。
 世界の危機は去り、3次元に平和が戻ります。

 お父さんが目を覚ますと、懐かしいカレーの匂いがしていました。
 目を開けると娘が、そして最愛の妻が立っています。
 まといはついに父親を「お父さん」と呼び、神は別の次元へと去ってゆきます。
 こうして彼女は念願の普通の生活に戻る……はずでした。

 月日が流れ、毎日のようにいちゃいちゃする父と母に戸惑いを見せるまといさん。
 気づけば再び戻ってくる神様。
 強引な変身の後、ゆまに連れられて「退魔ガールズ」として出撃させられることに。
 どうやら彼女の普通は、まだまだ遠いようです。

【考察等】
 まどマギ以降、魔法少女ものはどちらかといえば暗い印象の作品が多かったので不安でしたが、「まとい」はハッピーエンドになってよかったと思います。
 お話も、最後は駆け足になったものの、全体的に綺麗にまとまっていたと思います。
 
 冒頭の回想で、母親の父親に対する名前呼びが、まといさんの名前呼びの理由だと判明したところが印象に残りました。
 他人行儀でああいっていたのかと思っていたのですが、母親の代わりになろうとしていたのではないかと思えてきます。

 あずちんさんがクラルスさんに忠告してきた「限界」を乗り越えたところもよかったかと。
 真っ白な鎧がすごく綺麗でよかったと思います。

 強い願いが最終的に親子三人を再会させたところは本当によかったです。
 父を名前で呼ぶ母親が帰ってきたことで、まといさんがついに「お父さん」と呼んだところでは涙が出てきました。
 綺麗に終わりつつも、まだまだ先を残しているようなラストもなかなかでした。

 全体の感想としては、オリジナルで先が読めないということが存分に生きた作品だと思いました。
 アニメオリジナルというと、今期は「終末のイゼッタ」がありますが、あちらにも迫るくらいの作品だったかと。
 関係者の皆さんには、心よりお礼を申し上げたいところです。
 今まで本当にありがとうございました。

【アニメ感想】装神少女まとい(11話)「いってきます」

 まといさんの11話を見て感想を書きます。
 ポチさん(に取り付いていた人)はどうやら黒幕ではなかったらしいということで肩透かしを食らってしまいました。
 お話としては、お母さんの思いを知って超次元に向かうことを決意するまといさんもよかったですし、さらに、その娘の意志を尊重して、あえて気付かない振りをして送り出すお父さんに涙が止まりませんでした。
 今期の魔法少女ものというと他に「まほいく」がありますが、あちらがいろんな意味で想像を絶していたのに対して、こちらは最後まで王道を貫く展開で、それぞれの魅力が出ていてすごくいいなと思います。

【内容】
 多忙な父を気遣う娘を思い返すお父さん。
 これまでの推理から、ポチこと手塚さんが犯人だと確信し、銃を構えます。

 「何故まといを狙った!?」
 その問いに対して、彼女を導いていたと答えるポチ(の中の人)。
 彼女しか世界の危機を止められないのだとか。
 どうして母娘が同じ運命を背負わないといけないのかと叫ぶ父に、ポチは「選ぶのは君たちだ」と一言残して消えてゆきました。

 神主(ゆま祖父)から、母が10年前超次元に向かったことを聞いたまとい。
 母と同じく自分も超次元に向かうことを意識しながらも、不安が尽きません。
 お父さんから連絡がありますが、そのことはどうしてもいえません。

 弥生に、かつて母・しおりが超次元へと旅立った地へ連れられたまといさん。
 彼女は世界のためではなく、大切な夫と子どものためにあちらへと向かったのだと説明を受けます。
 また、メガネボインことルシエラによると、少しずつ小さくなっている超次元への穴は、そのお母さんが向こうでがんばっているのだと推測されるとのこと。

 まといは、穴の向こうでがんばっているお母さんを迎えに行くことを決意します。
 その前にと悪霊に取り付かれて入院している人を治すまといさんマジ天使です。
 そして、かつて自分を棄てたものと思っていた母の思いを知り、涙を流します。

 翌日、父から買ってもらった服を着て家を出ようとするところをお父さんが呼び止めます。
 父を心配させまいと超次元のことを伏せつつ、「大切な人を迎えに行く」と伝えるまといさん。
 それに対してお父さんは、本心では娘を止めたいにもかかわらず、気付かない振りをして娘を送り出します。

 「いってきます」
 自分を「普通の女の子」だとした上で、不思議な力でお母さんを迎えに行くことを決意したまといさん。
 ゆまちんやクラルスとともに、最終決戦の場へと向かうのでした。

【考察等】
 ペルソナ4の足立さんのように、ポチさんがラスボスだと思っていたことが私にもありました。
 後は自分たちが決めろとその体ごと去っていった彼は、一体何者なのでしょうか?

 世界の危機に際して、まといさんが向こうに行くことを決意するまでの過程が心に伝わっていて良かったと思います。
 あと、普通なら放置されると思われる一般の方を治療するところに、彼女の優しい性格が出ていてよかったです。

 お母さんの思いを知り、彼女を助ける向かうと決意するまといさん。
 娘を危険に巻き込みたくないと思いつつも、娘の意志を尊重して気付かない振りをするお父さんのところが今回一番よかったところであり、涙が止まらなかったところでも有ります。

 次回が最終回とのことで、いい加減に「お父さん」と呼ぶシーンが出そうですが、おそらくそこでまた泣いてしまうかもしれません。
 お母さんを連れ戻して、親子三人で幸せに暮らせることを祈ります。
 

【アニメ感想】装神少女まとい(10話)「開かれし門」

 まといさんの10話を見て感想を書きます。
 突然現れた「超次元の扉」と10年前の真実(ついでにまといさんとゆまちんが親戚だったこと)が明かされます。
 要はまといさんに母親と同じように行って来いということなのですが、そのことで怒るゆまちんがいい子だなと思いました。
 そんな彼女の思いが通じたのか覚醒したまといさんはあっさりと敵を倒してしまいます。
 一方で、ラスボスの意外な正体に、ペルソナ4をふと思い出してしまいました。

【内容】
 ナイツに取り付かれかけたお父さんですが、お母さんのお守りのおかげで何とか助かります。
 一方、前回倒された相方の敵討ちにはやるナイツ(アーチャーもどき)の前に「セト」が現れ、超次元への扉が開きつつあること、そして彼らの目的が新次元の支配にあることが判明します。
 なお、ルシエラやカリオテ(勇者王)もこのことを知っており、このことは10年前に酷似しているとのこと。

 事態を察知したゆまの祖父はまとい、ゆまを初めとして一同を呼び集め、事情を説明することに。
 上空に現れた穴=超次元への扉が開けばこの3次元はぐちゃぐちゃになるとのこと。
 10年前に同様の事態が起こったときに、扉の向こうへ渡り、事態を阻止した者こそがまといの母である(旧姓・草薙)しおりその人だったことを告げ、その娘であるまといに行け(意訳)と言いつけます。
 「考えさせて」と部屋を去るまといの目には涙が浮かびます。
 親友(でいとこ?)のまといを泣かせたお爺さんに本気で怒るゆまさんの、そんな優しさが素敵です。

 自分やお父さんのために扉の向こうへと向かった母親を思い、自分もみんなのために同様のことをすべきと考えるまといさん。
 しかし、自分がいなくなれば(いまだに名前呼びの)父親がひとりになってしまうと思うと、なかなか踏み出せません。
 一方で、そのお父さんは娘が異変に関与しているのではないかとようやく気がつき始めます。

 ファティマ(カリオテ、クラルスの所属する組織)の本部が襲撃を受けたとの知らせがあった直後、神社を襲う例のナイツ。
 ゆまとクラルスが戦いますが全く歯が立ちません。
 つらいなら戦わなくてもいいといってくれる仲間の思いを受けとめつつも、普通でいるために特別になることを選んだまといは、ついに覚醒し、あっさりとナイツを倒してしまいます。

 命からがら逃げたナイツの前に、4話で倒されたはずのクリードキラーが現れます。
 何でも、彼らの首領と思われる「セト」はすでに亡くなった後だったとのこと。
 「セト」に成りすましていた男は追及されると、そのまま逃げ去ってしまいます。

 場面は変わり、ポチに銃を向けるお父さん。
 やはり彼がラスボスなのでしょうか?

【考察等】
 10年前の真実は大体予想できるものでしたが、中学生の女の子にはすぐ受け止めることは難しかったのかもしれません。
 まといさんとゆまさんが親戚だというのはちょっと意外でしたが、なかなかいいコンビだと思います。
 ゆまさんがしおり「おばさん」と言っているところから、二人はいとこに当たるのでしょうか。
 そのいとこ(?)のために怒るゆまさんは、いままでの楽しいキャラクターとは違った、別の意味でいい子だと思いますし、彼女の存在があってこそ、まといさんが戦う決意を出来たのではないかと思います。

 一方で、ようやく事態に気付き始めたお父さんは部下のポチさんに銃口を向けます。
 セトに成りすましていた男=ポチさんなのはこの流れから間違いはないかと。
 忙しそうなお父さんがペルソナ4のおじさんに、お調子者のポチさんが足立さんに似てるとちょっと思ってはいましたが、真犯人という意味でもデジャブを感じます。

 次回は「いってきます」ということでまといさんがあちらに向かい、足立2世ことポチさんとバトルするのでしょうか。
 最終回ではお母さんを連れ戻し、お父さんの名前呼びから脱却して、3人で幸せに暮らせることを祈ります。

【アニメ感想】装神少女まとい(9話)「ありがとう」

 まといさんの9話を見て感想を書きます。
 事件が起きるたびに服がなくなるという設定が、まさかこれほど生きるとは思いませんでした。
 何も知らないとはいえ、ホテルにクラルスさんやゆまさんを連れ込もうとするカリオテ(勇者王)さんがなかなかシュールです。
 後半は一転してシリアスパートかと思ったら、まさかの弾丸少女ゆまちんには驚きましたし、最後のお母さん登場もよかったかと。
 次回辺りからラストまで一気に駆け抜けそうな、そんな予感がします。

【内容】
 敵の出現を聞いて駆けつけようとするまといですが、着ていく服がどんどんなくなってゆきます。
 仕方がないので体操服で出動すると、サービスなのかと言われる始末です。
 一方で、事件の捜査を担当するお父さんは、まとい(変身後)に、刑事には手におえない事案(意訳)と言われつつも、何もしないわけにはいかないとつぶやきます。

 ホテルでクラルスと会話するカリオテは、ナイツの目的を探るためにはまといを前線に出すべきと考えていました。
 一方、ナイツと思しきアーチャー(Fate)に似た男と紫髪の女は、何者かの指示を受けて動いているようです。

 フリーマーケットで服を調達しようとするまといですが、変身時になくなることを考えるとなかなかお買い物に踏み切れません。
 非番のお父さんがそんな娘に服を一着買ってくれました。
 しかし、いまだに父親を名前で呼ぶ娘と仕事人間の父とでは会話が続きません。

 カリオテはルシエラ、ゆまを呼びつけ、ナイツについての情報共有を図ることに。
 何も知らずに滞在先のホテルに女性2人を連れ込もうとしてとがめられます。
 また、神主のあずちんとゆまの祖父もなにやら意味深な会話をしていました。

 食事をしようと展望台にやって来たまといとお父さんですが、紫髪の女(に取り付いている悪霊)の作る結界によって閉じ込められてしまいます。
 八百万の神の力で剣を作ろうとしますが、不完全なものしか出来ませんでした。
 一方、ルシエラの無茶な運転で現場に急行したゆまとクラルスですが、結界に阻まれて合流できません。

 力を使った反動で服が消えてしまったまといは「見ないで!」と叫びます。
 その光景に、かつての妻を思い出すお父さんですが、寒さに倒れてしまいます。
 父親をなんとしても救わないといけない、そう思って必死に結界を破ろうとするまといは、外にクラルスとゆまがいるのを発見します。

 「私にいい考えがある(意訳)」とクラルスさん。
 自分の攻撃でゆまを弾丸代わりにして特攻させることを思いつきます。
 切り札のバーストモード、さらには落ちていた剣のかけらを使ったお父さんの不意打ちにより悪霊の力は弱まり、結界にほころびが生じます。

 結界のほころびから力を得ることが出来たまといは残りの結界を破壊します。
 まだ生きていた悪霊がお父さんに取り付こうとしますが、お守りが悪霊から彼を守ります。
 その光に、行方不明のお母さんの姿を見たまといは、「ありがとう」とつぶやくのでした。

【考察等】
 服が破けるという設定は初回から有りましたが、アニメだからそのあたりはあいまいなのかと思いきや、以外にも実際に服は減っているらしいです。
 度重なる敵の出現に(服を買うお金という意味で)経済的に苦境に立たされるまといさんがいろいろ大変なのだなと思いましたし、そこでお父さんが服を買ってくれたのですが、その後の会話が続かないのがもどかしいところです。

 敵が出てお父さんと二人で閉じ込められたまといさん。
 力を使うことで服が消費されていくような、そんな感じなのでしょうか。
 服が消えてあわてるところで妻を思いだしたお父さんですが、まだ娘の正体には気づいていないようです。
 このままだと、最後の最後に気づくのかもしれません。

 ホテルに女の子を連れ込もうとするカリオテさんもなかなかシュールでしたが、「私にいい考えがある」とゆまさんを弾丸にするクラルスさんもとても印象に残ります。
 さらにはお父さんが落ちていた剣のかけらを使って悪霊を攻撃するところとか、あるいはお守りからお母さんの力が出てきたところもよかったと思います。

 お母さんの力の一端が示された今回のお話は、今後を踏まえるとかなり重要なお話だったのではないかと。
 次回にはそのお母さんの過去があかされ、お話も最後まで突き進んでいきそうです。
 最後には親子3人が仲良く暮らせれば、さらにはお父さんの名前呼びが終わることを祈ってます。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム