【アニメ感想】夏目友人帳 伍(11話=最終回) 「儚き者へ」

 夏目友人帳 伍の最終回を見たので感想を書きます。
 内容としては貴志さんが風邪を引いて寝込んでいただけなのですが、彼を心配する塔子さん、滋さん、中級さんやクラスメイトの優しさが心に染み入ってきます。
 当初は1~4期を見ていなかったので(お話がわからないと思って)見ないつもりでしたが、今では見て良かったと胸を張っていえます。
 つらい毎日を優しく癒してくれる、そんな素敵な作品だったと思います。

【内容】
 期末試験が終わり帰宅途中の貴志は、中級(妖怪2人)に連れられて登山することに。
 崖に咲く「儚い」花の美しさに喜びを感じる貴志ですが、無理がたたったのか風邪を引いてしまいます。

 高い熱を出した貴志は、翌日から学校を休むことに。
 ニャンコ先生は、その原因を作った中級達を責め、責任を感じた中級は薬草を分けてもらうために風で倒れたという灯篭を元に戻す作業を始めます。

 布団で寝込んでいる貴志は、幼い頃同様に風邪を引いて寝込んでいたことを思い出します。
 当時は天井の模様が人の顔に見えたこと、中には本当に妖怪の姿が見えていて、それが何かわからなくて恐ろしかったのです。
 熱が引かない彼を心配して、塔子さんは卵酒を作ってくれ、また滋さんはイチゴを買ってきてくれました。

 貴志は、妖怪がクラスメイトでニャンコ先生が文字通り学校の先生をしているという夢を見ました。
 校舎からさるレイコさんを追いかける貴志は、彼女に「一人でいれば守らなくてもいい」と言われます。
 目を覚ました彼に「名前を返してほしい」と妖怪が尋ねてきますが、病気だからと帰ってもらいます。

 その翌日も学校を休んだ貴志を心配して、中級は手に入れた薬草を持ってきてくれました。
 薬が効いたのか熱が引いた貴志を、(田沼)要が尋ねてきて、クラスメイトからのお守りを渡します。
 その心遣いに感謝するとともに、役に立てないかもしれないという彼に、レイコさんのことを語れるだけでも気が休まるとひと言。
 一方で、中級が苦労して入手した薬草は、実は人間には効かないというオチがあるのですが。

 改めて昔を思い出すと、幼少期に出会った妖怪もまた、彼のことを心配していたことに気づく貴志。
 ようやく登校できた彼は、クラスメイトや中級達に改めて感謝の意を伝えます。

【考察等】
 とても優しい気持ちになれる、そんなお話だったと思います。
 一言で言えば主人公が風邪で寝込んでいただけのお話ではあるのですが、そんな中でも彼を心配する皆さんの優しさに癒されます。
 これだけ心配されるのは、貴志さんが周りに対して優しく接してきたからこそであり、その優しさを形成したのはおそらく塔子さんと滋さんのお二人(詳細は10話参照)ではないかと思います。
 「憎しみの連鎖」ではなく「優しさの連鎖」が続いていく、こんな優しい世界がとても素敵だなと思います。

 妖怪と人間の交流という意味では、夏の「不機嫌なモノノケ庵」がありました。
 夏目さんは、その延長線上の意味で見始めた作品でもあるのですが、コメディータッチのあちらとはことなり、終始優しさがにじみ出るようなそんな作品だったと思います。
 当初は5期からの初見で不安だったのですが、特に何事もなく、心に染み入るいいお話でした。

 番組の最後では6期放送決定のお知らせがあったのですが、それも頷けるだけのお話だったと思います。
 改めて関係者の方々、そして、このアニメを紹介していただいた「こう」さんにはいくら感謝してもし足りないくらいです。
 6期は必ず見ますし、できればそれまでには4期まで全部見ることが出来ればと思います。

【アニメ感想】夏目友人帳 伍(10話) 「塔子と滋」

 夏目さんの5期10話を見て感想を書きます。
 今回は、塔子さんと滋さんのお話、貴志さんが藤原夫妻の元へと迎え入れられるまでのお話でした。
 優しく何処かお茶目な塔子さん、そして彼女と同じくらい優しい滋さんを見ると、何だか穢れた心が浄化されるような気がします。
 貴志さんが少しずつ心を開くところ、さらには彼の言葉を決して疑わず信じる塔子さんの構図は涙が止まりません。
 感動という意味では、今期最高の作品だと確信します。

【内容】
 饅頭を買っていけとせがむ先生をスルーして、岐路につく貴志さん。
 カラスが鳴いたかと思えば、突然の雨に降られてしまいます。
 帰宅して早々、塔子さんといっしょに洗濯物を取り込むことに。

 カラスのおかげで雨がわかったと聞いた塔子は、昔のことを思い返します。
 それは、まだ貴志を引き取る前、この家で夫婦2人で暮らしていたときにさかのぼります。

 夫を送り出した後、洗濯物を干していた塔子は、物干し竿に挟まれたカラスを助けてあげました。
 その後スーパーで買い物をしていると、魚を見ている子どもと話すことに。
 ふと水族館に行きたくなった塔子は、その週の日曜日、夫と水族館デートを楽しみます。

 遠い親戚の葬儀に出席した滋さんは、親戚中をたらいまわしにされていた貴志を見て思い悩みます。
 彼を引き取ることを考えつつ、使わない部屋の掃除を始める夫を見守る塔子さん。
 一方で、以前助けたカラスが雨を知らせてくれて、洗濯物は濡れずに済みました。

 昔の友人の誘いで旅行に行くことになった塔子さん。
 温泉や観光を楽しみ、床につきますが、夫のことを思うと早く帰りたくなります。
 滋さんを失ったら、私は生きていけるのだろうか、とひと言。

 戻ってきた塔子に、滋は「相談がある」とひと言。
 親戚中をたらいまわしにされている貴志を、家で預かることを考えているとのこと。
 人のことを心配するそんな優しい夫に涙を流す塔子さんも、また優しい人だと思います。

 色々トラブルも有りながらも、貴志が家にやってきました。
 新しい家族を心配する夫婦は、まさに本当の親のそれでした。
 そんな2人の思いに応えるように、貴志も少しずつ夫婦に心を開いてゆきます。

 帰宅した貴志は塔子とともに洗濯物を干すことに。
 塔子が1羽のカラスの話をすると、貴志は2羽いるとひと言。
 妖怪か亡霊か、塔子さんにはその姿が見えませんが、貴志の言葉を信じる塔子さん。
 「それはきっと見えにくいのね」とつぶやく塔子さんマジ仏様です。

【考察等】
 サブキャラメイン回というと、8話の名取さん的場さん回を思い返しますが、ある意味メインヒロインのお話を前から楽しみにしていました。
 実際見ていて、特に大きな出来事があったわけでもないのですが、どこか心が浄化されるような、そんな気がします。
 これも塔子さんや滋さんの優しさのおかげなのでしょうか。

 子どものいない塔子さんや滋さんと、親戚をたらいまわしにされていた貴志さんとの出会いは、良縁だと思わずにはいられません。
 本編で見せる貴志さんの優しさは、やはり塔子さん達との家族生活で形成されたのではないかと思います。

 今回はとにかく、ひたすらに癒されるお話でした。
 エンディングテーマを改めて聞くと、本当にこのお話に良くあったものになっていることに驚きすら覚えます。
 一方で、これを最終回に持ってきてもよかったのかもしれませんが。
 
 次回がおそらく最終回なのだと思われます。
 最後も、とびきり優しい気持ちになれる、そんなお話を期待したいです。

【アニメ感想】夏目友人帳 伍(9話) 「険しきをゆく」

 夏目さんの9話を見て感想を書きます。
 いつもながら面倒ごとに巻き込まれる形ですが、そんな中でも律儀に手伝う貴志さんの優しさに癒されます。
 今回のゲスト、しいたけこと三つ皿さんも始めは見た目を取り繕うだけの人だと思ったら、向上心あふれる立派な人でよかったですし、また取り巻きの人もさりげなく修行に使う書物を置いていくなどの対応が光ります。
 基本的に優しい人しかいない世界なのか、ああいうところに住んでみたいなと思うのは私だけでしょうか。

【内容】
 いつもどおり妖怪に追われる貴志は、しいたけ頭の小さな妖怪を座ってつぶしかけてしまいます。
 とりあえず敵(?)を殴り倒して公園まで2人で逃げることに。
 しかし、彼は頭の傘に傷を付けられたといって怒り出し、このままでは朱遠(しおん)様に会えないから、直るまで子分にしてやると言い出します。

 しいたけこと三つ皿は、その朱遠との出会いを語ります。
 高貴なお方にもかかわらず、獣に食べられそうになっていた自分を助けてくれた朱遠は、いつしか時々話し合う「友」となっていたとのこと。
 俗世を超越したその人(?)は、厳しい修行を続けるといって去っていったのですが、近日中にこの近くを通るらしいのです。

 美しい姿で合流すれば一緒に連れて行ってもらえるのではないかと考える三つ皿のために、傘の傷を治し、さらに体を飾る花を準備する貴志さん。
 ニャンコ先生はうわべだけを取り繕うのではダメだし、そもそも「住む世界が違う」とひと言。
 そのひと言が、妖怪が見える自分と塔子さんとの関係と無意識に重ねてしまう貴志なのでした。

 道行く妖怪が、朱遠さまに人間の子などの捧げ物があればよいのではないかという話を聞いた三つ皿は動揺します。
 すっかり飾りつけが終了した三つ皿は、家に帰ろうとする貴志を引きとめることに。
 そして、神々しい光とともに朱遠さまの一行がやってきます。

 駆け出していった三つ皿は取り巻きに制止され、捧げ物は何かを言われますが、貴志の優しさに心を動かされた彼は「何もない」とひと言告げた上で、改めて朱遠さまとともに行きたいと願い出ます。
 それに対して当の朱遠さまは、自分たちの行く道は厳しいと改めて繰り返した上で連れて行けないといって去ってゆくのでした。

 連れて行ってもらえなかった三つ皿ですが、今が小者なら大物になればいいと向上心を燃やします。
 そんな彼に、先ほどの取り巻きが修行を記した本を置いて、ともにいく道を示して去ってゆくのでした。

【考察等】
 前回の名取さん的場さん回もよかったのですが、今回のオーソドックスなお話もまたいいお話だと思います。
 何時もながらに妖怪の騒動に巻き込まれ、その優しさで妖怪だけでなくて視聴者をも癒してくれる貴志さんマジ天使(というよりも世界観的に言えば仏様)かもしれません。
 ニャンコ先生のあの独自の言い回しも見ていて楽しいです。

 今回のゲストの三つ皿さんは、初めは言いがかりをつけているだけにも見えましたが、最後まで見ていくと友達のために一生懸命になる人で好感が持てました。
 捧げ物として貴志さんを出せば連れて行ってもらえそうなそんな流れになりましたが、それをしなかったところも良かったですし、友である朱遠さんに追いつくために修行を決意するところは成長していてよかったですし、私もこのように有りたいところです。

 改めてエンディングを聞くといい曲だと思いましたし、次回は真のヒロインこと塔子さんのお話とのこと。
 あの夫婦を見ていると、いずれはあのような結婚生活が出来ればと思うのは私だけでしょうか。

【アニメ感想】夏目友人帳 伍(8話) 「歪みなき世界」

 夏目さんの8話を見て感想を書きます。
 タイトルに反して貴志さんも友人帳も出てきませんでしたが、その分イケメンさん2人を思う存分堪能できるお話でした。
 名取さんや的場さんの出会いや因縁のようなものがわかってよかったと思います。
 あと、名取さんがその後どうして俳優になったのかもいずれは知りたいものです。

【内容】
 貴志もお世話になっている名取さんの回想が中心のお話になります。
 元々は祓い屋としての名門だった名取家ですが、妖怪が見えなくなって廃業したとのこと。
 そんな中、妖怪が見える名取さんは、実家では疎んじられていたもようです。

 名取家に恩がある祓い屋から「会合」のうわさを聞きつけた名取さんは、自分の力の手がかりをつかむためにこっそりと参加することに。
 そこで出会ったのは、後の的場家の当主となる的場静司(せいじ)という男でした。

 自分と同じように妖怪が見える人がいることに安心感を覚えた名取さんは、その後も何度も会合に足を運びます。
 しかし、自分がお世話になった祓い屋の人が妖怪に襲われたとのこと。
 独学でその妖怪を退治しようとする名取さんは、再び静司と出会います。
 静司のスカウトを断った名取さんは「自分がどこまでやれるのかを確かめたい」とひと言。

 帰り道で、以前父親に会合の話を持ってきた男と出会います。
 この人はすでに力を失いかけているのですが、名取家への恩で動いていたとのこと。
 一方で、お父さんは妖怪の復讐を恐れて祓い屋であったことを忘れようとしていました。

 妖怪を倒そうとする名取さんは、静司と3度目の再会を果たします。
 名取家は紙の使い方に定評があるとアドバイスする静司は、中の人がアーチャーだけに組み立て式の弓を持っているようです。
 世話になった祓い屋から妖怪のことを聞いた2人は先へと進みますが、静司は名取さんに「強くならないと守れない」とひと言。

 手柄を立てようと山の中にやってきた祓い屋が妖怪に襲われます。
 紙を使って妖怪と戦う名取さんですが、結局とどめは静司がすべて持っていってしまいました。
 そんな彼とは道を違えつつも、独学で力をつける名取さんも素敵です。

 この先何かを見つけられるのかとつぶやく名取さんですが、その何かとは貴志さんとの出会いだったのかもしれません。

【考察等】
 タイトルに反して主人公不在ですが、イケメン2人の活躍はそれはそれで素敵だと思います。
 お話の中でちらっと出ていていた名取家がかつて祓い屋だったことなどの補足説明としても、何らかの因縁があると思っていた名取さんと的場さんとのからみもよかったです。
 祓い屋であることを忘れようとするお父さんと、祓い屋であることを意識する名取さんの対照的なところもわかりやすかったと思います。
 あと、中の人だけに的場さんの弓もかっこよかったです。

 次回はきっと貴志さんとニャンコ先生が出てくるものと思われます。
 シリアスパートに突き進むのか、それとも感動できるお話になるのか、どちらにしても最後まで見ていければいいなと思います。

【アニメ感想】夏目友人帳 伍(7話) 「遠い祭り火」

 夏目さんの5期7話を見て感想を書きます。
 旅館のお手伝いにやって来た貴志さんですが、妖怪を巡る騒動に巻き込まれてしまいます。
 いい人そうなおばあさんの意外な正体に驚きつつも、田沼君との優しいエピソードには心が洗われるようでした。
 少々のホラー要素はありましたが、田沼君を思う貴志さんの優しさは素敵だなと思います。
 これだけ人に優しくできることがすごいと思いますし、私も優しい気持ちになれました。

【内容】
 田沼君の親戚を手伝うということで、温泉旅館にやって来た貴志とクラスメイトたち(そして先生)。
 旅館は「要ちゃん」こと田沼君の親戚が経営していて、そのお手伝いの代わりに部屋を自由に使わせてくれるとのこと。

 外を掃除していると、田沼君の知人のイトさんがやってきます。
 若い男性にはしゃぐ素敵なおばあさんは、皆さんにひとつずつアメをくれました。

 貴志たちは日中は仲居さんのお仕事、夜は温泉に入り、眠れないと枕投げに興じます。
 変な声が聞こえて目が覚めたとおもうと、天井がずれていることを発見。
 「酒を奪い取ってやる」と先生が調査を続行します。

 結局昨日は一睡もできなかった貴志さん。
 その翌日、人数分用意されたはずの食事が1人分足りないこと、そして5人のはずの宿泊客が6人に増えていることがわかります。

 仕事をしつつ客に探りをいれる名探偵の貴志さん。
 子どもが転んだので薬箱を取ってこようと物置にやってきたのですが、そこでイトさんが妖怪だと判明します。
 先生を「白饅頭」と呼ぶイトさんには少し笑ってしまいますが、お祭りで使うお面が盗まれてそれを探していイトさんを、貴志は手伝うことになりました。

 田沼君とばったり会った貴志ですが、イトさんの正体は口止めされているのでいえません。
 ふと、人間だったと思っていたら妖怪だとわかったら寂しいという彼の言葉がよぎります。

 貴志たちは再び仕事をしつつ事情を探りますがらちがあきません。
 実際聞いて見ると、女の子がお面をつけていたのですが、彼女は操られていただけでした。
 先生が真犯人を確保したものの、貴志はやってきたイトさんの強い気に気を失ってしまいます。

 貴志を気遣って、お祭りは次の日に行くことになりました。
 布団に横たわる貴志を見て、田沼君は、自分が昔お祭りにいって迷子になり、イトさんに助けられた事を思い出してました。

 その夜現れたイトさんは、貴志に正体を見破られたから別の町に移ると言い出しますが、田沼君のことを察した貴志は全力でそれを止めます。

 次の日、お仕事を終えた一同はお祭りを満喫していました。
 巫女さんの舞を見て、田沼君は「昔、イトさんがときどき恐かった」とひと言。
 彼女が妖怪ではないかと察しつつも、お世話になった人に自分の友達を見せたかったとつぶやく田沼君の目は強く輝いていました。

【考察等】
 朝から暖かい気持ちになれましたし、田沼君の過去を知ることも出来てよかったと思います。
 友達を察して動く貴志さんのそんな優しさは、見ていると何処か癒されます。

 温泉旅館といえば、真っ先に思いつくのは花咲くいろはでしょうか。
 働く貴志さんを見て、花いろをみて仲居さんとして就職した男性を思い出したのは私だけだと思います。

 一番の驚きは、なんと言ってもイトさんの正体でしょうか。
 気のいいおばあさんだと思っていたら、まさかのホラー要素にびっくりです。
 イトさんが幼い田沼君を助けたのは気まぐれなのかもしれませんが、いつしか強い絆になっていたのかもしれません。

 人が人を思いやる、こういった優しい気持ちになれることはすばらしいことだと思います。
 現代ではなかなか見ることの出来ない光景かも知れませんが、こういった気持ちを忘れないで生きていければと思う今日この頃です。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム