【アニメ感想】うどんの国の金色毛鞠(12話=最終回)「かけうどん」

 うどんの国の最終回を見て感想を書きます。
 ポコちゃんが宗太さんの前に現れた理由がついに明らかになります。
 お父さんの想いを知ったときの宗太さんを見て、思わずもらい泣きしてしまいました。
 これだけ泣いたのは、(まほいくで)トップスピードさんが亡くなったとき以来かもしれません。
 あと、ポコちゃんがタヌキだと知っても、普段と変わらずに接してくれる周りの優しさに癒されました。
 夏目友人帳と並ぶ優しい気持ちになれるアニメで、見てよかったと思います。

【内容】
 花火に驚いてみんなの前で尻尾を出してしまったポコちゃん。
 呆然とする一同をよそに走り去るポコを宗太は必死に追いかけますが、転んでしまいます。
 古傷が痛む宗太に歩み寄るポコに、宗太は「家族だ!」と訴えます。

 不思議な力で、宗太に昔の思い出を見せるポコ。
 ポコとは高校生の時に出会っていたこと、そして、交通事故で足を怪我したのはポコをかばってのことだったと判明します。
 一方、ポコがタヌキだと、うすうす気づいていたという住職さん。

 父親は宗太のことが好きだったと訴えるポコはさらに思い出を見せてゆきます。
 入院中、宗太を心配して涙を流す姉の姿、そして、東京に行くと言った自分を「好きにせえ」と突き放し、不仲だったと思っていた父親は、実は息子の活躍を見ていたことに気づきます。
 うどんを食べた人を笑顔にする父を見て、自分も人を喜ばせたいとウェブの仕事を志した宗太さん。

 亡き父の思いを知った宗太は涙を流し、改めてもっと話すべきだったと後悔します。
 ポコはそんな彼に、不思議な力で父親と再会させ、自分の思いを伝える場を提供するのです。
 父親の残していったレシピが自分のためのものだと気づいた宗太。

 「離れていても、いつも一緒」
 宗太や皆への想いを告げてポコは何処かへと去ってゆきました。
 住職を尋ねて気持ちの整理をつけ、香川に残留することをかつての上司であるダーハマに伝えます。

 いろいろと遠回りしたものの、改めて地元・香川が好きだったことに気づいた宗太さん。
 ポコのことを案じるのぞみちゃんや、ひろし、お姉さんや忍さんの心遣いが素敵です。
 そして、父のレシピでうどんを作る主人公。

 近所のおばあさんの「タヌキが出た」という言葉にポコを思い出す宗太。
 揺れる草むらに、ポコとの再会をにおわせつつ、お話は幕を閉じます。

【考察等】
 ポコちゃんが現れた理由、そして宗太さんが回り道しながらも、父親や故郷への思いを整理していく経過が丁寧に説明されていて良かったと思います。
 宗太さんの怪我の理由にこれほどの意味があったことに驚きですし、お姉さんの涙やお父さんの想いのところではずっと泣いてしまって画面が良く見えなかったです。

 命を助けられた恩を返して綺麗に終わったと思わせつつも、最後の最後で再会(続編)の可能性を匂わせるような、そんな最終回でした。
 宗太さんや周りの優しさを見ていると、今期の夏目友人帳と同じでとても癒され、優しい気持ちになれるような気がしました。
 夏目さんは続編(6期)製作決定とのことですが、こちらも2期があればと思うのは私だけではないかと。

 ポコちゃんがつむぎちゃんに見えたり、宗太さんと犬塚先生のキャストが同じだったことから、「甘々と稲妻」のようにうどんを作って食べるアニメだと思っていましたが、うどんを作ったのは確か10話くらいで、刀剣乱舞の方が先にうどんを作っていました。
 どちらかといえば、香川県の観光案内のような印象を受けました。
 地方の時代が叫ばれるこのご時勢、少しでも同県への観光客とUターン者が増えることを祈ります。

 今期は、まほいくやイゼッタが結構つらい展開だっただけに、日常系の大切さを痛感しました。
 来期も夏目さんやうどんの国のように、日常の中に癒しを求めることのできるアニメを期待したいと思います。

【アニメ感想】うどんの国の金色毛鞠(11話)「高松まつり」

 うどんの国の11話を見て感想を書きます。
 ずっとポコさんと暮らすにあたり色々と考えていく中で、またも昔のことを思い出す宗太さん。
 宗太さんやポコさんをはじめとした優しい登場人物を見ていると、私の汚い心が浄化されていくのを感じます。
 最後に、タヌキだと見つかってしまいそうになりますが、このメンバーなら、普通に信じてくれそうな気がするのは私だけでしょうか。

【内容】
 ポコと一緒に暮らしていくにあたり、色々と考えなければならない。
 インターネットで保育園について調べる宗太ですが、当のポコはかえると追いかけっこして家をめちゃくちゃにしてしまいます。
 宗太は、しつけについても考えないといけないと思いつつも、昔のアルバムに目を奪われてしまいます。
 小さな頃はうどんを打つ父親を尊敬していたのが、いつしか反発に変わったあの日。
 父が亡くなる前に、ちゃんと話しておくべきだったと後悔が募ります。

 小豆島の学さんから連絡があった宗太は、ポコとともに「高松まつり」の会場へ。
 彼に与えられた仕事は、お祭りの映像をウェブ配信することでした。
 学さんの奥さんの「人の喜ぶ顔が見たい」という思いに初心を思い出す宗太は、改めて自分のやりたかったことを思い出すとともに、父にそのことを伝えたかったと思いを募らせるのでした。

 家にもどれば、ママ友の真鍋さんから甚平を買ってくると連絡が入ります。
 さらに旧友の忍は家に上がりこみ、実家に戻った姉には改めてポコを育てることを話します。
 アルバムで見たわたがしに興味津々のポコをあやす宗太はまるで本当の親子です。

 宗太はポコ、姉、忍とともにお祭りへと向かい、真鍋さんとのぞみちゃん(娘)と合流します。
 仕事にかかる宗太の前に現れたのは東京にいるはずのダーハマさんとひろしの2人。
 ポコに対してお姉ちゃんぶるのぞみちゃんも可愛らしいです。

 父親が自分を肩車していたのを思い出した宗太は、ポコを肩車してあげることに。
 さらに、住職とうどん好きの妹もやってきて、ますますにぎやかになってきました。
 お店を再会するのかと迫る妹さんは相変わらずです。

 花火を楽しむ皆さんですが、その音に驚いたポコが尻尾を出してしまいます。
 のぞみちゃんは「タヌキみたい!」とひと言。
 絶体絶命のピンチをどう切り抜けるのか、私、気になります!

【考察等】
 香川に戻ることを決意して、ようやくポコさんとずっと暮らしていくことを真剣に考え始めた宗太さん。
 子育てに悪戦苦闘するさまは本当の親子にしか見えず、今後とも一緒に暮らしていくのだろうと思われます。
 お姉さんも忍さんもなんだかんだいって彼らのことが心配みたいですし、いい人たちだなと思います。

 最後に、尻尾が見つかってしまったポコさんですが、余り心配してないです。
 きっと受け入れられて、みんなでうどんを食べて終わりになるのではないかと思ってます。

【アニメ感想】うどんの国の金色毛鞠(10話)「ため池」

 うどんの国の10話を見て感想を書きます。
 人の家で遠慮を知らない忍さんはお見合いをするとか、凛子(姉)さんはお母さんになるとかいろいろと新展開が待ち受けています。 母親を幼くしてなくしたお姉さんが、その代わりをしようと一生懸命になっていたというシーンや、母親になれるか不安だと泣き出すシーンは、こちらまで泣いてしまいました。
 一方で、ため池の要素が余りなかったとのは言ってはいけないことかもしれません。

【内容】
 宗太の家でごろごろする幼馴染の忍にあきれる凛子ですが、忍は唐突に「お見合いをする」と言い出します。
 事情を聞くと、彼はお母さんに泣きつかれて仕方なくするのだそうですが、宗太さんは幼くして母親を失っているのでそのあたりはよくわからないようです。
 一方で、三十路独身で子持ちの宗太を見たらきっと心配すると凛子さん。

 お昼の時間になり、何時もは料理をしない凛子がごはんを作ると言い出します。
 その結果は、ポコがフリーズを起こすほどのすさまじいまずさだったようです。
 大失敗を起こした姉を責める宗太さん。

 泣いて飛び出していった凛子を追いかける忍さん。
 この情景は、昔宗太が怪我をしたときと同じだったとのこと。
 母親のように帰ってこないのではないかと泣きつくお姉さんの優しさが光ります。
 実は、宗太・凛子の母親は、彼らが幼い頃なくなっているのです。

 凛子と二人きりになった忍は、昔は彼女を好きだったと告白します。
 一方、凛子は忍を「家族」のようなものだったと一言。
 血がつながっていなくても家族になりえると主張する凛子は、宗太がポコをそのまま引き取って育てるのではないかと察します。

 たばこを一服しようとする忍を制止する凛子さん。
 実は、もうすぐ母親になるのだと告白します。

 母親の死後、その代わりになろうと奮闘する凛子さん。
 料理を作ってみたものの、宗太は「お母さんの味と違う」と泣き出し、凛子もお母さんに会いたいとそれに続くのでした。

 宗太は、先ほど姉をしかりつけたことが、昔の自分から全く学習していないことに気付き、謝罪するために外に出ます。
 外のため池に喜ぶポコさんが可愛いです。

 姉に先ほどのことを謝る宗太さん。
 凛子は、ポコにおいしいものを作れなかったことを謝り、今度はおいしく作るとひと言いい、ポコをぎゅーっと抱きしめるのでした。
 実は姉が母親になることを知らなかった宗太さん。

 その翌日、父母の墓前で母親になることを報告する凛子さん。
 一方で、自分がきちんと母親になれるのか不安だと涙を流します。
 その涙を見たポコは不思議な力で、宗太と凛子に昔のことを思い出させるのです。

 かつての宗太は父親のようなうどん職人になるといい、また凛子はお母さんのようなお母さんになることを願っていました。
 娘の声に対して、きっと立派なお母さんになれると保証するお母さんの優しそうな声が素敵です。

 母親の声で少し安心した凛子に対して、宗太は自分がかつて父親のようなうどん職人にあこがれていたことを改めて思い出すのでした。

【考察等】
 今回もうどん要素のほとんどないお話でしたが、まさかの凛子さんメイン回でした。
 若くしてお母さんを亡くし、その代わりにがんばってきたお姉さんの強さ、その一方で母親を慕う気持ちに泣き出すシーンには私も泣いてしまいます。
 もし私も母がいなかったら、料理を自分でしなくてはいけなかったのでしょうが、そう考えると母親のありがたみがよくわかります。

 回想シーンとほとんど顔が変わっていないお姉さんですが、30を過ぎており、いよいよ母親になるとのこと。
 母親になれるかどうか不安という心の中には、母親に対する憧れの念があり、ハードルを高くしているのかなという感じがしました。
 ポコさんの不思議な力が一体何なのかよくわかりませんが、昔の純粋な思いを思い起こさせるところは良かったと思いますし、宗太さんがお父さんにあこがれていたという事実が、彼をうどん職人へ引き入れるフラグのひとつになるのではないかと思える今日この頃です。

 大体全12話だとしたら残りは2話でしょうか。
 父親への憧れを実現するため、みんなで手作りのうどんを食べる機会が訪れるのか、私、気になります!

【アニメ感想】うどんの国の金色毛鞠(9話)「いりこだし」

 うどんの国の9話を見て感想を書きます。
 9話にしていよいようどん作りが出てきたのですが、ポコさんが突然戻ってしまうハプニングが発生します。
 詰め寄るひろしさんに、耳や尻尾があったっていいじゃないかと諭す宗太さんは、その過去もろとも素敵だと思います。
 うどんは失敗したもののおいしそうで、まるで甘々と稲妻を見ているようです。
 その一方で、お父さんのことを思い出すシリアスな一幕もあって、色々と考えさせられました。

【内容】
 ポコと家にもどってきた宗太は、東京に戻ったはずのひろし(元後輩)を発見します。
 失恋を癒すためにうどんを食べたいと迫る彼を家に上げますが、ごろごろした上に地元を「田舎」となじられるのが微妙に腹が立つ宗太さんでした。
 突然泣き出すひろしを励ますポコの手にあるのは、小豆島で会社をしている学さんからもらったガオガオちゃんの人形でした。

 ひろしによると、学さんはガオガオちゃんの生みの親というすごい人とのこと。
 そんなすごい人が(東京ではなく)香川で仕事をしていることに何か誇らしいものを感じる宗太なのでした。

 調理場の釜の中に入るポコに出会ったばかりのことを思い出す宗太。
 亡き父親のレシピ(1話で入手)を片手にうどん作りを始めます。
 生地をこねた後は足でそれを踏むことでコシがでるのですが、無意識にそういう知識があるところはお父さんの影響と思われます。

 ポコから耳や尻尾が生えてきたのを隠すため、宗太は彼を外にやることに。
 しかし、ポコはそのままほとんどタヌキの姿になってしまいます。
 心配した宗太は、その現実に動揺しつつもある提案をすることに。

 追いかけてきたひろしは、東京でポコに耳と尻尾が生えているのを見たことを思い出し、宗太を問い詰めます。
 宗太はそれに対して、耳と尻尾があったらなんだと反論します。
 その光景に、ひろしは同僚に悪口を言われながらもかばってくれた宗太(とダーハマさん)のことを思い出すのでした。
 一方で、宗太がひろしを引きつけている間に畑を駆け抜けていくポコはいつしか人間の姿にもどっていました。

 ひろしは、人間の姿で再び現れたポコに、ズットモだとひと言。
 そして三人でおいしくうどんをいただきました。

 姉からの電話を受けて宗太は、もっと父親と話しておけばよかったと語ります。
 それに対して姉は、ポコがよその家の子どもだとしたうえでもっと話すことがあるのではないかと念を押します。

 ポコは(耳や尻尾を見せないという)約束を破ったことを宗太に謝罪しますが、一方で今まで東京や小豆島への移動で疲れていたことを察して、眠っているときは元の姿でもいいのだと約束を緩和します。
 その上で、彼と一緒にいるために、もっと知らなくてはいけないと決心するのでした。

 一方、以前DJとしてコンサートに参加していた住職は、タヌキに関する文献を読みつつ、ポコのことをしきりに気にしているようでした。

【考察等】
 まだ東京に戻っていなかったひろしさんですが、それほど長い期間休める会社とは中々素敵だなと思います。
 他人に田舎だと馬鹿にされると憤る宗太さんの気持ちは、私も同様の経験があるのでよく分かる気がします。

 タイトルどおりのうどん作りは、まるで甘々と稲妻が帰ってきたかのような感じでした。
 一方で、ポコさんの尻尾が見つかりそうになるというハプニングに、うどんの国らしさが出てきます。
 彼がタヌキの姿に戻ったのは、宗太さんが察したように、今までの疲れが出てしまったのでしょうか。

 詰め寄るひろしさんに、耳や尻尾が生えていても関係ないと説得する宗太さん。
 苦し紛れの言い訳にも見えてきますが、一方で、どんな姿であっても友情は不変だという素敵なことへと通じるような気がします。
 人の本質を見極めることが大切だと思いますし、私も外見だけで人を判断しないようにできればと思います。

 ずっとポコさんと暮らし続けようとする宗太さんですが、さすがにそろそろ「友達の子」といういいわけは難しくなってきたようです。
 住職さんもなにか勘付いているような描写があって気になります。
 近いうちに、ポコさんはタヌキだとカミングアウトする日が来るのでしょうか。

【アニメ感想】うどんの国の金色毛鞠(8話)「小豆島」

 うどんの国の8話を見て感想を書きます。
 小豆島(しょうどしま)にやって来た宗太さんですが、ポコちゃんと離れ離れになってしまいます。
 宗太さんの中でポコちゃんがいかに大切かが伝わってきましたし、最終的に見つかってよかったと思います。
 あと、東京から香川まで自転車でやってきたひろしさんは只者ではないような気がします。

【内容】
 元上司のダーハマから、知り合いの会社を紹介された宗太はポコとともに小豆島へと向かいます。
 面倒見のいい上司(ダーハマ)も素敵ですが、東京から自転車で現地へと向かっているという元部下(ひろし)も素敵です。

 フェリーで小豆島に上陸した宗太たちですが、会社に行ってみても社長の姿がありませんでした。
 とりあえず社長が戻るまで現地をぶらぶらしようということで、エンジェルロード(参考:香川県観光協会「エンジェルロード」)へと向かいます。
 ポコと楽しい時を過ごす中で、自分はいつまでポコと一緒にいられるのだろうとふと考える宗太さんでした。

 自転車とフェリーで小豆島に上陸したひろしは、長い髪の美しい女性に出会います。
 実は宗太のお姉さん(人妻)なのですが、彼はそんなことは知る由も有りませんでした。

 その頃、ポコはガオガオちゃんの柄のクルーザーに興味を持ってその中に入ってしまい、持ち主は中に人(?)がいるのを知らないまま出航してしまいます。
 ポコがいなくなったことに気づいた宗太は、ひろしたちと合流して彼を探すことになります。
 もしタヌキの姿のまま捕まってしまったらと思うといてもたってもいられません。
 心配の余りリアルタヌキを追いかけて道路に飛び出して、タクシーにひかれそうになってしまいます。

 宗太が気がついたら、目の前には凛子(お姉さん)が立っていました。
 ポコを心配するあまり姉に泣きつく弟に、凛子は「しっかりしろ」と励まし、手分けして探すことになりました。

 ポコの声が聞こえたと宗太さん。
 海の向こうからやって来たクルーザーには、ガオガオちゃん(キャラクター)のかぶりものをした男とポコの姿が有りました。
 一度叱った上で、無事でよかったと涙を流す宗太さんは、まさに親の鑑です。
 なお、かぶりものをはずした糸目の男は、実は目的の会社の社長だったようです。

 一方、ずっと放置されていたひろしは、エンジェルロードにたむろする恋人達に怒りをあらわにします。
 そんな時、先ほど声をかけられなかった凛子の姿を見て、ダーハマさんの教えを受けた精一杯の笑顔でアピールしますが、目の前の人が先輩の姉であり、しかも人妻であることを知って愕然とします。

【考察等】
 小豆島にやって来た宗太さんですが、ポコさんが彼にとっていかに大きなものになっているのかがわかるいいお話しだったと思います。
 リアルタヌキを追いかけるところに、彼が冷静さを欠くほどにポコさんを思っていることがわかりましたし、再会したときの彼の態度は、「甘々と稲妻」でつむぎちゃんを叱る先生(父親)とふと重なってしまいした。

 宗太さんを心配して駆けつけたひろしさんですが、まず香川まで自転車で来たということがすごいなと思います。
 東京では余り目立たなかった人でしたが、小豆島ではギャグ要因として楽しませてくれましたし、なかなかおもしろい人なのかも知れません。
 心配という意味では、宗太さんのお姉さんも素敵だなと思います。

 かぶりものをしたクルーザーの人は、実は目的の社長さんでした。
 糸目になにかただならぬ強キャラのにおいがしてしまいます。
 仕事になったら開眼して本気になるのでしょうか。

 次回予告を見ると、どうやらうどんを作るお話になりそうでした。
 刀剣乱舞の6話に先を越されましたが、本場のうどんがどのようなものなのか、私、気になります!
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム