【アニメ感想】魔法少女育成計画(12話=最終回) 「File not found」

 まほいくの最終回を見て感想を書きます。
 可愛らしいキャラクターからは想像もできなかった殺し合いも、今回で一応の終焉を迎えます。
 スイムさんは予想通り倒されましたが、彼女の壊れぶりも、あのファヴからするとまだ可愛く見えてしまいます。
 ねむりんさんを殺したことで殺し合いまでもっていったファヴにはもう怒りが収まりませんでしたし、スノーさんがキレるのも当然かと。
 スノーさんの能力が最後の最後で意外な形で役に立ったのはよかったです。
 その後の展開は、いろんな意味で衝撃的でしたが。

【内容】
 魔法少女になって人助けをする、そんな夢がかなった……はずでした。
 仲間を次々と失い、そして今回もリップルとスイムスイムの戦いをとめられなかったスノーホワイトは絶望に打ちひしがれてしまいます。

 トップスピードの着ていた服をまとい、彼女の敵討ちのためスイムスイムと最終決戦に臨むリップル。
 最後の戦いをよそに、ファヴはスノーホワイトに魔法少女育成計画の真の目的を語り始めるのです。

 ファヴは魔法の国からやってきた存在で、勝ち残った一人は真の魔法少女となるか、マスターとして次の試験官となるとのこと。
 「頭が壊れた」スイムスイムや「扱いにくい」リップルを廃除するためにわざと殺し合いに仕向けるファヴはマジ外道です。

 ねむりんを殺すことで魔法少女たちに恐怖を抱かせ、本気の殺し合いをさせていたことを明かすファヴに、ついにスノーホワイトの怒りが爆発します。
 端末を破壊し、2人の殺し合いを止めるために外へと飛び出すのです。

 物理攻撃が通じない一方で、雷でダメージを受けるスイムスイムに、ファヴの「光と音」のことば(前回参照)を思い出したリップルさん。
 左目をつぶされ、左腕を切り落とされながらも、カラミティメアリの残した四次元袋から爆弾を取り出して攻撃を仕掛けます。
 変身が解けたスイムスイムを容赦なくめった刺しにするリップルですが、力尽きて倒れてしまいます。

 スノーホワイトがやって来たときにはすでに2人ともが倒れている状態でした。
 ラピュセル、ハードゴアアリスのときにつづいて、何も出来なかったと絶望に打ちひしがれるスノーホワイトに、「おめでとうポン!」と空気を読めない声が聞こえます。

 「私はマスターにはならない」
 ファヴの申し出を一蹴したスノーホワイトは、彼の心の声から、マスター用の端末を破壊されたら困ることを突き止め、ひたすらに攻撃してそれを破壊しようとしますが、全く通用しません。
 必死のスノーホワイトに対して、ラピュセルやハードゴアアリスの死を「犬死に」といい煽ってくる外道は、さらにはトップスピードのそれをも愚弄します。

 尊敬する人をバカにされたことで目を覚ましたリップルは、スイムスイムの武器を手に取りファヴに迫ります。
 スイムスイムの武器は魔法の国の武器であり、これなら端末を破壊できることを読み取ったスノーホワイトの声を受けて、リップルは端末を破壊して、ファヴを倒すのでした。

 その後、ファヴの死亡により「魔法少女育成計画」アプリはなくなったとのこと。
 小雪(スノーホワイトの正体)は、高校に入ってから家出をして「ワイルド」になったらしく、また、黒マントの魔法少女や、悪人を裁く謎の存在がまだ残っているようです。

 一仕事を終えてリップルの元へ戻ってきたスノーホワイトさん。
 何も出来ないのはいやだと思った彼女は、人知れず悪を滅する存在になったとのこと。
 師匠であるリップルと肉体言語で語り合うその姿は、これまでの彼女からは全く想像がつきません。

 この二人の行く末がどうなっていくのか、私、気になります!

【考察等】
 可愛いキャラクターを見て視聴を決意したのはもう3ヶ月前のことでしょうか。
 冒頭の血まみれの光景、2話で早くも死傷者を出してしまうという、絵柄とのギャップが恐ろしい作品でしたが、不思議と先が気になって、ついつい最後まで見てしまいました。

 16名のうち14名が死亡という凄惨な結末は、私の想像をはるかに超えていたような気がします。
 2話のねむりんさんはこれからがんばろうという矢先で死んでしまったのは悔やまれますし、スノーさんを守るために戦ったラ・ピュセルさんやハードゴアアリスさん、おなかの子どもごと亡くなってしまったトップスピードさんのところは、涙がかれるまで泣いてしまいました。
 言動があまりよくなかったルーラさん(4話で死亡)についても、実は面倒見のいい、結構いい人だったのではないかと思えてきます。
 一方で、児童虐待や爆破事件のカラミティメアリさんや、お姫様になりたいという気持ちがなぜか大量殺人へと結びついたスイムスイムさんなどはほとんど同情の余地のないひとかもしれません。

 スイム、メアリの両名もかすんで見えるほど一番ひどかったのは「ファブ」というのは視聴者共通の意識だと思われます。
 キュウべぇの例から警戒はしていた相手ですが、徐々に現してくる邪悪な本性には怒りしか感じませんでした。
 最後まで色々と精神を逆なでしてきた彼が、その報いを受けたときにはほっとしました。

 今まで力がなかったからと反省したのか、すっかり肉体派になってしまったスノーさんには驚きました。
 ラ・ピュセルさんやアリスさんが願った「魔法少女」は、絶対にこんな姿ではないだろうと思うのですが。
 元凶が倒れてすっきりと終わったはずなのですが、一方で、スノーさんとリップルさんが、今後どのような人生を歩んで行くのかという点ですごく先が気になる終わり方でもありました。

 3ヶ月の間、いろいろな意味で楽しませていただきましたし、おそらく今期だとトップクラスの作品だったと思います。
 関係者の方に感謝を述べるとともに、2期、心のどこかで期待してしまいます。

【アニメ感想】魔法少女育成計画(11話) 「サーバーメンテナンス中です」

 まほいくの11話を見て感想を書きます。
 スイムさんの弱点を見抜きつつも、意外な最後を迎えてしまったクラムベリーさんには驚きです。
 その後のたまさんのところでは、回想も含めて涙が止まりませんでした。
 回想が定位置になったルーラさんは、口は悪いけど部下は見捨てませんし、実はいい人なのではないかと思えてきます。

 クラムベリーさんが死んだからとあっさりと乗り換えるファヴさんマジ外道です。
 また、スイムさんの「お姫様だから」のひと言に、2話のねむりんさんの最後の言葉の影響力をまざまざと見せ付けてくれました。

 残りは3人になり、リップルさんは予想通り敵討ちに動きます。
 戦いを煽るファヴはやっぱり外道かと。
 それでも、スノーさんは雪のように真っ白で合ってほしいと思う今日この頃です。

【内容】
 冒頭から殺し合いを見せてくれるのは、クラムベリーさんの回想シーンでした。
 「刺激的に行こうポン!」と語りかけるファヴに対して、クラムベリーはもっと強い敵と戦うために手を組むことに。

 そんなクラムベリーは、スイムスイム、たまの2人と殺し合いの真っ最中でした。
 水と一体化して直接攻撃が通用しないスイムスイムですが、光と音は無効化できないことをあっさり見抜いてそれを倒してしまいます。
 しかし、その正体がまだ小学生の子どもだったことに騒然とするクラムベリーは、たまに一瞬の隙を突かれて、その穴を掘る能力によって消滅させられてしまいます。
 スイムスイムにかけよるたまですが、スイムスイムは正体を見られたことから、彼女の首をあっさりとはねてしまいます。

 たまの回想シーンが始まります。
 勉強も運動も出来ない、自分に自信の持てないそんなたまを慰めてくれたのはおばあちゃんただ一人でした。
 そんなおばあちゃんが死んでしまい、アプリに手を出したことから魔法少女になったのです。
 彼女の教育係はルーラで、口汚く相手をののしりつつも、マニュアルを用意し、さらにフリガナまでふってあげるそんな優しさが素敵です。

 マスターであったクラムベリーが倒れたことで、スイムスイムに乗り換えるファヴさん。
 「二人三脚でいこう」と語るファヴに、スイムスイムは「私はお姫様だから」とひと言。

 今回の犠牲者は4人で、残る魔法少女は3人となりました。
 マスターとなったスイムスイムは相変わらず、ルーラなら……とつぶやきますし、リップルは相方のトップスピードのことを、スノーホワイトはラ・ピュセルやシスターナナ、ハードゴアアリスといった仲間のことを思い出していました。

 トップスピードの敵討ちにはやるリップルは、スノーホワイトを呼び出してスイムスイムについて知っていることを教えてほしいとひと言。
 「殺し合いはもうやめよう」、「人を殺したら魔法少女でなくてただの人殺し」と反論するスノーホワイトに対して、もう人殺しでいいといいつつも、魔法少女へのあこがれがあったことを告白するリップルさん。

 ファヴはリップルにスイムスイムの弱点を暴露して戦いをあおり、リップルはスノーホワイトが止めるのも聞かず、改めて殺し合いを決意します。
 一方でスイムスイムに対しては、ルーラの教えである「リーダーには部下が必要」との言葉を逆手に取り、リップルを打ちのめして部下にすればいいとささやきます。
 争いの種を撒き散らすファヴさん、マジ外道です。

 リップルの夢に現れたトップスピードさん(故人)。
 死体を夫の元に運んでくれたそんな「優しい」リップルに「早まるな」と警告してゆきます。
 リップルはその思いを受けつつも、スイムスイムの待つダムへと向かいます。

【考察等】
 最終回も近いということで、今回もあっさり2人が死んでしまいます。
 ラスボスのような風格を出していたクラムべりーさんはあっさりと退場したのには驚きましたが、その後にたまさんが味方のはずのスイムさんに首をはねられてしまったところは辛かったです。
 回想シーンの、勉強も運動も出来ないいうところが私自身に重なってきたことも、なおさら感情移入してしまった原因かもしれません。

 4話で早々に退場したルーラさんは相変わらず回想でよく出る人でした。
 たまさんを罵倒しつつも、マニュアルを用意し、さらにフリガナまでふってあげるそんな優しさが、あるいはどんな無能な部下でも見捨てないところに、実はいい人だったのではないかと思えてきます。

 そのルーラさんに歪んだ憧れを抱いたスイムスイムさん。
 魔法少女は正体を知られてはいけないという彼女の教えが、たまさんを亡き者にしてしまいます。
 ファヴに「お姫様だから」と語る彼女を見て、2話ラストのねむりんさんの「自分がお姫様になっちゃえばいい」の発言が巡り巡って4話のクーデターを初めとする彼女の行動を規定していったのかと思うと、因果を感じてしまいます。

 相方であるトップスピードさんの敵討ちに燃えるリップルさんは、トップさんの言うとおり優しい子だと思います。
 トップさんの死体を運んだところについては、発見した旦那さんが容疑者として連行されないのか心配ですが。
 次回で本懐を遂げることが出来るのかは注目です。

 マスターが死んだとスイムスイムさんに乗り換えつつも、リップルさんやスイムスイムさんをあおって殺し合いをさせるファヴさんは、おそらくキュウべえを超える外道だと思います。

 こんな殺伐とした世界ですが、スノーホワイトさんは今まで散っていった仲間のためにも、最後まで正しい魔法少女であってほしいと切に願います。

【アニメ感想】魔法少女育成計画(10話)「乱入バトル確変中!」

 まほいくの10話を見て感想を書きます。
 アリスさんの正体について、亜子という名前といい中の人といい、ネトゲ嫁を思い出したのは私だけではないかと。
 そのつらい過去とひたむきな優しさだけに、あまりの展開に涙が出てきます。
 一方で、ミナエルさんの死はそれほどでもなかったり。

 ルーラ、ウィンタープリズン、トップスピード、アリスと4人を葬ったスイムさんの手際のよさには驚きですが、正直余り好きではないです。
 ラピュセルさんを殺したクラムベリーさんも同じくあまりいい印象がないので、次回どちらが死んでもそれほど悲しまないような気がします。
 予想はクラムベリーさんがスイム・たまコンビに殺され、リップルさんがスイムさんを倒す展開でしょうか。

【内容】
 遺書を見つめるハードゴアアリスの正体、鳩田亜子さん。
 父親が母親を殺して服役し、学校ではいじめを受けているなど、その過去は余りにもつらいものでした。
 そんな彼女にとっての心の支えは、スノーホワイトただ一人だったのです。

 スノーホワイトの呼び出しを受けるアリスですが、いつも持っているぬいぐるみは紛失したもようです。
 ラ・ピュセルを失ったスノーホワイトはアリスと心を通わせつつありますが、そんなときあのファヴから業務連絡が入ります。
 今週の犠牲者は5人、そしてルール変更により4人の枠をかけて殺しあうとのこと。

 「いい加減にして!」
 通信装置を叩きつけ、怒りをあらわにするスノーホワイト。
 ラ・ピュセル、ウィンタープリズン、シスターナナといった正しい魔法少女がいなくなったという事実に、もう何もしたくないとひと言。
 アリスはまだスノーがいると伝えようとするのですが、ヒステリーを起こしたスノーによって拒絶されてしまいます。

 拒絶されたことで、父親とスノーホワイトを重ねる亜子さん。
 登校中の彼女をスイムスイムが襲い、彼女は変身する前に倒されてしまいます。
 その心の声を聞きつけたスノーホワイトは、血まみれの亜子の下へ。
 亜子は自分がスノーホワイトに助けられたこと、そしてスノーホワイトなら正しい魔法少女になれると言い残して命を引き取ります。

 4人目を殺したスイムスイムらはいつもどおりお寺で作戦会議です。
 ぬいぐるみに化けて亜子の正体を突き止めたミナエルは、初めからこうしていれば妹を失わずに済んだとひと言。
 そして、スイムは次は「予定通り」クラムベリーの命を狙うことに。

 諸悪の根源のファヴと会話する「マスター」ことクラムベリー。
 ファヴは「魔法の国」から優れた才能を求めて魔法少女の「選抜試験」を行っているとのこと。
 そんな彼(?)に強者だけが生き残る、血みどろの殺し合いを仕向けたのはクラムベリーのようです。

 スイムスイムはクラムベリーを強襲しようとその居場所へと向かいますが不在。
 クラムベリーは隠れて近づくたまを退け、ウィンタープリズンを殺したミナエルをハートキャッチ(物理)で殺害します。
 残ったスイムスイムはたまと合流して、クラムベリーを挟み撃ちにしようと画策しますが……

【考察等】
 冒頭のアリスさんの正体とその過去に思わず涙してしまった私がいます。
 亜子という名前と中の人でネトゲ嫁の玉置亜子(アコ)さんを思い出したのはそのちょっと後でした。

 スノーさんのアリスさんへの誤解が解けたのはよかったのですが、その後の展開がつらいところでした。
 気が動転したスノーさん(正直無理もないかと思います)に拒絶され、さらには登校途中で変身することなく殺されたのはさすがにつらすぎます。
 最後に大好きなスノーさんの胸で死ぬことが出来たのは唯一の救いかもしれませんが。

 立て続けに4人を殺したスイムさんはだんだんと視聴者の好感度が下がっているのではないかと思えてきます。
 同じく、ラ・ピュセルさんを殺したクラムベリーさんとの戦いになりますが、どちらも応援することはないかなと。
 それよりも、ファヴの口から出た「魔法の国」という言葉が中々シュールです。

 次回はスイムチームがクラムベリーさんを倒し、最後はリップルさんがスイムさんを倒して敵を討つ展開ではないかと。
 ほとんど戦うことなく残ってしまいそうなスノーさんは、ラ・ピュセルさんやアリスさんの死を無駄にしないためにも、最後まで正しくあってほしいなと思います。

【アニメ感想】魔法少女育成計画(9話)「ルール変更のお知らせ」

 まほいくの9話を見て感想を書きます。
 次々と死んでいく魔法少女に、胸が痛くなりますが、それでも最後まで見てしまうのがこの作品のすごいところかもしれません。
 メアリさんはやったことが大量虐殺だからいいとしても、母子ともになくなってしまったトップスピードさんが悲しすぎます。
 スイムさんの能力がかなり厄介そうな感じがしますが、相手の能力にもよりますが、クラムベリーさんを倒すことが出来るのかもしれませんが、個人的にはあのファヴを先に倒すべきだと思ってます。
 ひどい展開だからこそ、スノーホワイトさんには最後まで初心を貫いてほしいなと思います。

【内容】
 自分におびえなかったリップルをおびき出すために無差別に道路上を走る自動車を爆発・炎上させるカラミティ・メアリ。
 一方で、最愛の人であるウィンタープリズンを失ったシスターナナは、そのショックの余りお酒と薬に溺れるのでした。

 メアリの行動に怒りを覚えたリップルは単身メアリと戦闘を繰り広げ、相方のトップスピードは助けを求める若い母子に自分の将来を重ねて、病院へと運ぶのでした。
 一方、現場に急行したスノーホワイトとアリスは、黙々と人命救助を開始します。

 手裏剣はすべて銃ではじき返され、肉弾戦に持ち込むリップルですが、地雷を踏んでしまい、身動きが取れないまま攻撃を一方的に受けてしまいます。
 絶体絶命の彼女を助けたのは、戻ってきたトップスピードでした。
 しかし、リップルは自分が死ぬまで無差別攻撃を続けるメアリを止めなければならないといい、その心意気に同調したトップスピードはバイクを暴走させてメアリに突進を仕掛けます。

 ホテルを破壊するほどの威力を見せる突進攻撃ですが、メアリの対戦車ライフルに打ち落とされてしまいます。
 それでも正面から勝負を仕掛ける2人の魔法少女。
 敵の上空からガラスの破片をばら撒き、手裏剣でメアリの眉間を打ち抜きます。

 勝利の喜びに沸くトップスピードとリップルですが、トップの体からは赤々と血がにじんでいました。
 トップを不意打ちしたスイムスイムに切りかかるリップルですが、彼女のあらゆるものを水のようにすり抜ける能力には、物理攻撃が全く通じません。
 スイムスイムは退散したのはよかったのですが、トップスピードはおなかの子どもとともになくなってしまいます。

 スノーホワイトの前に現れる双子天使の片割れのミナエルさん。
 信用しきって近づこうとするスノーを殺そうと、斧に変身して襲い掛かりますが、アリスに阻まれてしまいます。
 透明マントを持ったたまは心の迷いをスノーホワイトに読まれて姿を現しますが、直ぐに穴を掘って逃げてしまいました。
 なお、ミナエルはアリスの人形に変身したもようです。

 ウィンタープリズン、ユナエル、カラミティ・メアリ、トップスピードが戦いで命を落とす中、暗いマンションの一室で、シスターナナは自殺してしまいます。
 魔法少女は当初の目標の8人を切りましたが、そこであのファヴからルール変更のお知らせがはいります。
 今度はその枠が4人になったとのことですが、最終的には一人になりそうな気がします。

 死んだルーラの声を聞いて次の作戦を立てようとするスイムスイム。
 そんな中、帰ってきたミナエルは「今度は失敗しない!」と絶対の自信を示します。

【考察等】
 8話9話で気づけば5人が死んでしまい、まどマギをある意味で完全に超えたのではないかと思えてきます。
 あと半年(で出産)だといっていたトップスピードさんの、おなかの子どもごとの死亡には胸が痛いです。
 一方で、死んだはずなのに回想でしょっちゅう出てくるルーラさんは余り死んでいる実感がなかったりします。

 リップルさんと戦うメアリさんのさまざまな銃火器を見て、まどマギのほむらさんを少し思い出してしまいました。
 中身のキャラクターは全く別物ですが。
 正体は児童虐待、やったことは大量虐殺ですし、余り同情できない人でしたが、前回の変身シーンは笑ってしまいました。

 今まで余り強そうに見えなかったスイムさんの特殊能力には驚きました。
 こんな状況になっても人を信じようとするスノーホワイトさんもある意味すごいですが。
 なお、ルール変更の内容は大体予想通りでした。

 すごいペースで亡くなっていく展開に胸が痛くなりながらも、気づけば9話まできてしまいました。
 これからもっと死ぬのでしょうが、それでも最後まで見ていくことになると思います。
 

【アニメ感想】魔法少女育成計画(8話) 「ゲリライベント発生中!」

 魔法少女育成計画の8話を見て感想を書きます。
 直前に「響け!ユーフォニアム2」を見ていたのですが、つくづく早見さんの透き通ったお声は素敵だなと思います。

 お話の中身についてでですが、これが平常運転とばかりに、次々と死んでいく展開が続きます。
 前回のコンクリート詰めも相当でしたが、あれがましに思えてくるところが恐ろしいところです。

 メアリさんの回想は全く同情するところがなかったという意味では異例かも知れません。
 そんな17歳さんは、いよいよこのお話を本格的なバトル展開へと導いてくれました。
 先が気になってどんどん見てしまう私が時として恐ろしくなってしまいます。

【内容】
 スイムスイム達を説得しに向かったシスターナナとウィンタープリズン。
 かつて同様にカラミティメアリと話し合いに行ったとき、彼女に不意打ちをされたことから、警戒は怠るべきではないとウィンタープリズンは念を押します。

 一方、彼女たちを待ち受けるスイムスイムたち。
 回想で出てきたルーラ(故人)は、ウィンタープリズンと交戦したというカラミティメアリの名前を聞いてご機嫌斜めです。
 なんでも、ルーラの教育係はカラミティメアリだったとか(4話参照)。

 ルーラに思いをはせるスイムスイムはシスターナナ達を迎撃するための作戦を開始。
 ユナエル(双子の一人)がシスターナナに変身し、油断したウィンタープリズンをナイフで突き刺します。

 ウィンタープリズンはシスターナナを逃がし、単身戦うことに。
 壁で相手の動きを封じ、最愛の人に変身したユナエルの頭を壁に叩きつけて殺害します。
 しかし、スイムスイムの一撃で腕を切り落とされ、そのまま命を引き取ってしまいます。
 最愛の人を失ったシスターナナは、ウィンタープリズンへの思いを心に浮かべて号泣します。

 アイキャッチによると、カラミティメアリの正体は主婦とのこと。
 子どもを虐待するひどい母親ですが。

 後半では、トップスピードも主婦であることが判明します。
 夫に弁当を届けるトップスピードは、おなかに新たな命を宿していました。
 その後彼女は、教え子であるリップルと合流します。

 続いて、カラミティメアリの回想へと続きます。
 酒びたりの上に子どもを虐待したことで夫に責められた彼女は、酒瓶を投げつけて夫を追い出してしまいます。
 不機嫌な17歳はスマホを壁に投げつけると、例の「ポン」の語尾とともにファヴが登場。
 自信に満ち溢れた奴を倒す魔法少女がいてもいいのではないかと契約を促しますが、ポーズまで決めて変身するメアリさんに時代を感じます。

 リップルとトップスピードに話は移ります。
 かつて暴走族だったと語るトップスピードは、おせっかいな友人の兄と結婚して今は主婦をしているとのこと。
 そんな彼女達に、突然銃声が鳴り響き、その場を離脱するリップルとトップスピード。
 
 小雪(スノーホワイトの正体)は自分を助けてくれたハードゴア・アリスのことを考えていました。
 彼女の能力は傷の直りが早いとのこと。
 首が飛んでも死なないのは回復というレベルの話ではないような気がしますが。

 カラミティメアリは、魔法少女たちをおびき出すために車や人を無差別に殺害していきます。
 スイムスイムは、妹が死んで闇堕ちしたミナエルとともに助けに来た魔法少女を始末するために動き出します。

 逃げるリップルとスノーホワイト。
 現場にやって来たスノーホワイトとアリスの2人。
 ファヴから好敵手のウィンタープリズンを殺した連中の事を聞きだすクランベリー。
 彼女たちの運命がどうなるのか、私、気になります!

【考察等】
 ウィンタープリズンさんとユナエルさんが冒頭であっさりと死んでしまいました。
 前回はあんな展開ではありましたが死傷者が出なかったことがましに思えてくる今日この頃です。

 後半は同じ主婦でも児童虐待のメアリさんと円満な夫婦のトップスピードさんが対照的です。
 酒びたりで児童虐待とは、もう同情の余地はないような気がします。
 そんな恐ろしい彼女の変身シーンはなかなかにシュールですが、町を地獄絵図に変えるというギャップが恐いです。

 気づけば半分近くの魔法少女が脱落(=死亡)してしまい、次回も相当の死者が出そうな気がします。
 恐ろしいながらも、ますます目が離せないという意味では、本当にすごい作品だと思います。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム