【アニメ感想】ゾイドワイルド 第4クール(39~50話)

 ゾイドワイルドZEROの放送休止の間に前作を見ようとしたら、休止は2週間だけで放送が再開されることになりました。
 対象年齢を下げてわかりやすくしつつも、所々にシリアスな内容を挟み込んで、時として深く考えさせられることもありました。
 敵味方が出そろってあとは最終決戦だと思われますが、アラシさんはデスメタル帝国とギャラガーさんを倒すことが出来るのでしょうか。

【まとめ(その4)】
第39話 決別!さらば友よ!(2020.6.13)
 グラキオ達がデスメタルに奪われ、アラシは亡きベーコンに「どうすればいいんだ……」と悩んでしまいました。
 アラシは重傷を負ったギョーザの仇を討つと宣言し、サンラータンはギョーザを病院のあるサナとリウムの町に(ツケで)運んでくれるとのこと。
 ギョーザを見送った一同はゾイドの整備を行いますが、動かない部分が出てきて、応急的に替えのパーツを作ることに。

 アラシは今まともに戦えるのがライガーだけだと考え、ソースとキャンディの会話から北の火山地帯にデスメタル帝国があることを知ります。
 仲間をこれ以上戦わせたくないアラシは一人でこっそりと出かけようとしますが、ペンネ達に(ほっかふりしているところを)見つかってしまいます。
 アラシ達はわざと暴言を吐いてフリーダム団を解散すると言い出し、ライガーに乗って一人でデスメタル帝国へと向かいます。

 デスメタル四天王は互いに責任をなすりつけ、ギャラガーは「もうすぐ作業が終わる」とグラキオ達に誰が乗るか決めろと言ってきます。
 ギャラガーはドレイクにもゾイドを乗り換えてもいいと言いますが、ドレイクは煮え切らないものを感じていました。
 アラシは雨の中を進んでいましたが、目の前にソルトが現れ、あんな下手な芝居でごまかされると思ったのかと言ってきます。

 ソルトは彼なりにアラシを案じて「お前を止めに来た」と言い、俺を倒せない程度でデスメタルに行って何が出来るのかと攻撃を仕掛けてきます。
 アラシはウルフをこれ以上傷つけたくないと言い、互いにゾイドを降りて素手で殴り合い、オニギリやペンネもアラシを殴ってきます。
 お前達に会えてよかったとアラシは号泣しますが、直後に俺は泣いていないと言って感動を台無しにしてしまいました。

 ソース、キャンディが出てきて「その気持ちだけで十分」と言い、デスメタルを倒す鍵は古大秘宝Zにある(らしい)と言われます。
 オニギリは自分達が手に入れて正しく使えばいいと言ってきて、アラシはZを探すために出発することに。
 地下鉱脈を掘って生活している町から情報を得る必要があるらしく、ソルトは「トンズラー」という町の名前を聞いて反応します。

続きを読む

【アニメ感想】ゾイドワイルド 第3クール(27~38話)

 ゾイドワイルドZEROがセレクション放送になり、その間に直近の作品である本作を少しずつ見てみることにしました。
 対象年齢がずいぶんと下がった印象を受けつつも、ゾイドさんの激しい動きやキャストの豪華さ、所々のシリアス展開など、見るところは多かったです。
 敗北と修行を経たアラシさんはここからどうフリーダム団の仲間を集め、宿敵のギャラガさんと戦うのでしょうか。

【まとめ(その3)】
第27話 燃えよ!運び屋の誇り!(2020.6.7)
 アラシがリゾートでバカンスしていたのは夢であり、現実はみんな揃って砂漠で行き倒れていたらサンラータンに助けられます。
 食事をもらって復活したもののいつになったらツケを払うのかと言われ、気がついたら1000万もの大金になっていました。
 ギョーザが交渉したら1000万が500万に下がりますが、そもそもお金がなく、サンラータンは体で払ってもらうと言ってきます。

 サンラータンはアラシ達に仕事を手伝わせますが、その業務内容は労災もないといういわゆるブラックなそれでした。
 次の届け先でツケはチャラにしてくれると言い、ザギンでショッピングしようとしたもの、町はすでにデスメタルによって潰されていました。
 デスメタルに反抗する町は次々と潰されていましたが、ギャラガーは四天王が手こずるような報告を聞きたいなどと言い出します。

 ラッキョーは自分も出撃したいと言いますが最後まで秘密兵器だと言われ、デスメタルをクビになった元小隊長が動き出します。
 サンラータンはワイハーにやってきたものの、人々の笑顔が見られないと思うと悲しい気持ちになってきました。
 アラシは自分の帽子で涙をふけと言いますが、一度も洗っていなくて臭く、サンラータンは父親との過去を思い出します。

 父親は仕事で家を空けることが多く、サンラータンはそのことに傷つき、親に反発するようになったのだとか。
 過労しても仕事に向かう父を心配してついていくことで、色々な人に出会い、運び屋の仕事も大好きになったのだとか。
 父の気持ちとともにキャタルガを引き継いだというサンラータンに、アラシはデスメタルを倒してみんなが笑顔でいられる世界にすると宣言します。

 ハンターウルフに乗った賞金稼ぎがいるらしく、アラシはそいつを仲間にしてデスメタルをぶっ潰すことを決意します。
 ワイハーでは元小隊長の3人が暴れ回っていましたが、アラシは相手のことをまるで覚えていませんでした。

 敵は子供を人質に取りますが、アラシはギョーザとのコミュニケーションで子供を助け、サンラータンはワイルドブラストで敵をやっつけます。
 回想シーンで死んでいたと思っていたサンラータンの父親は実は生きていて、荒らしが託されていたのはデスレックスのキーでした。

続きを読む

【アニメ感想】ゾイドワイルド 第2クール(14~26話)

 ゾイドワイルドZEROの放送が一時止まり、その前作を見れば何かつながりがあるのではと考えました。
 食べ物のネーミングややたらと空腹で倒れる主人公に突っ込みを入れつつも、デスレックスさんは2期で名前だけ聞きました。
 調べるとおもちゃのみならずゲームもあるらしいのですが、さすがにそこまで突き詰めるのは難しそうです。

【まとめ(その2)】
第14話 暴走!アラシの叫び(2020.6.1)
 ベーコンはギャラガーのデスレックスの前に散り、彼が守ったアラシはオニギリやペンネとともに旅を続けていました。
 アラシはベーコンのことを必死に忘れようとしていて、オニギリはペンネにいつも眼鏡が汚れていると上から目線で怒られます。
 オニギリやペンネはアラシが無理をしているのを心配しますが、アラシはとにかく修行するぞと言って山にこもることに。

 アラシは山を登る途中でもベーコンのことを思い出し、大岩を落としてもらうという無茶な修行をしていました。
 ペンネは「やかましい!」とアラシを追い込むことに快感を覚え、オニギリはこのチームにいることを考え直そうと言い出します。
 アラシは滝に打たれてやたらと興奮していて、次にベーコンに会うまでに強くならなければと意気込んでいました。

 ことあるごとにベーコンのことを思い出すアラシは責任を感じているらしく、次の日もゾイド相手にかけっこすることに。
 よく見るとライガーがアラシを気遣っているのが見て取れますが、そこにギルラプターを駆るドレイクがやってきました。
 ドレイクはベーコンがデスレックスの餌食になったと煽ってきて、ぶち切れしたアラシはいきなりワイルドブラストしてきました。

 アラシ、ドレイクは互いに本気の戦いを繰り広げますが、散々に煽られた挙げ句にアラシは暴走してギルラプターを圧倒します。
 暴走するアラシは仲間にすら攻撃を加えてきて、気づいたらドレイクを吹き飛ばしていました。
 ドレイクはギャラガーにラプトール1000体集めろと無茶振りされ、オニギリはもっと僕たちを頼ってと言ってきます。

続きを読む

【アニメ感想】ゾイドワイルド 第1クール(1~13話)

 コロナウィルスの影響下でもずっとがんばってきたゾイドワイルドZEROも、5月の終わりには総集編を経てセレクション放送となりました。
 ちょうど烈火の炎を見終わったところだったので、その前作であるゾイドワイルドをちょっとずつ見てみようかなと思います。
 2つの作品は時代的にはつながっている(らしい)ので、色々なところにその痕跡が見て取れるのではと思います。

【まとめ(その1)】
第1話 本能解放!ワイルドライガー(2020.5.26)
 主人公のアラシは森の中で「クワーガ」をつかまえようとし、罠にはめたはずが岩を持ち上げられて窮地に陥ります。
 ファングタイガーに乗った男「べーコン」が助けてくれて、ベーコンは俺達はシュプリーム団だとどや顔をしてきます。
 アラシはめし抜きにされてもへこたれることなく去っていき、デスメタル帝国から逃げてきたライオン種「ワイルドライガー」が近くにいることを知ります。

 村人はゾイドを恐れている一方でアラシは父親がゾイドハンターだったことからゾイドに並々ならぬこだわりがあるようです。
 アラシはファングタイガーをくれと言ったものの軽くあしらわれ、ブラキオ種のゾイドを見て同種のゾイドを操る父親のことを思い出します。
 父は相棒のゾイドを見つけて旅立てと言っていて、そのままどこかに行ったきり戻ってこなかったみたいです。

 ワイルドライガーの泣き声が響き渡り、アラシは「すげえ俺に響いた」と森の中に入り、あいつこそが俺の相棒だと断言します。
 アラシはワイルドライガーと対面して恐怖しますが、ラプトールを操るデスメタル帝国の皆さんが現れます。
 帝国は電気でワイルドライガーを攻撃し、助けようとしたアラシもまた電撃を受けますが、それでもニッパーで線を引きちぎります。

 アラシは「一緒にあいつらぶっ倒そうぜ」と言えばワイルドライガーもその気になり、あっという間に帝国を撤退に追い込みますが……
 敵は撤退したと見せかけてアラシ達を取り囲みますが、アラシはゾイドキーが出てきてこれは究極の絆をつないだ証らしいです。
 アラシは主題歌とともに「本能解放 ワイルドブラスト」を行い、帝国のゾイドと戦いを始めるのでした。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム