【アニメ感想】美少女戦士セーラームーンR 第43(89)話「うさぎ達の決意!新しき戦いの序曲」

 セラムンの2期43話を見て感想を書かせていただきます。
 ブラックムーンとの戦いが終わり、今回は総集編に加えて最新映像を流すそうです。
 映画の公開が延期になった今、出来れば5期まで配信してくれると助かります。

【内容】
 主役交代がささやかれる中、オープニングは画面を4分割してお送りします。
 オープニングの後はうさぎがセーラームーンに変身しつつ自己紹介をしてきました。
 2人のセーラー戦士や怪しい科学者が出てきて新シリーズは大変そうです。

 セーラープルートの登場シーンを交えつつ、うさぎは新たなセーラー戦士はルナがスカウトしたのではと推測します。
 ルナからブローチをもらったうさぎの初変身シーンやちびうさの登場シーンが続きます。
 今度は妖魔やカーディアン、ドロイドとは違う新たな敵と戦うことになりますが、2人の戦士との関係はわかりません。

 タキシード仮面のようなお助けポジションなのではと言ってみたり、レイが自分が主役になればいいのではと主張します。
 あやかしの四姉妹と4人のセーラー戦士との戦いが流され、レイや美奈子、まことは自分が主役になればと言い出します。
 美奈子はじゃんけんで主役を決めようといい、まことは腕相撲、レイは占い、亜美はチェスで勝負しようと言ってきました。

 亜美はこんなことばかりやっていたらよい子がテレビを消すと言い、とりあえずはこれまでの映像を流して切り抜けることに。
 CMの後は新シリーズの極秘映像を流し、レイはエスメロードのようにおほほほと言い出します。
 まことは自分がスケートがうまくて家庭的だとアピールしつつも昔、ふられた先輩のことを考えてしまいました。

 美奈子は「セーラーV」として活躍してきた実績を主張しますが、料理や洗濯、掃除はまるで出来ませんでした。
 亜美は「主役をやるなんて気が重いわ」とその気になり、勉強は機械じゃなく自分の力でやるものよと言ってきました。
 浦和とのラブシーンや洗脳を解いたシーンが続きますが、敵がすでに動き始めているのもまた事実でした。

 うさぎは「女の子の服を切り刻むなんて許せない」とぶち切れしてこれまでの戦闘シーンを流すことに。
 クンツァイトは「意地でもリフレッシュとは叫ばんぞ!」と言い、ルベウスとのバトルシーンも流れますが……
 普段の精神年齢の低さやお勉強のことを指摘しつつも、うさぎあってのセーラー戦士というところで落ち着きます。

 うさぎはクインベリルとの最後の戦いで力を合わせ、誰が主役だなんて関係ないという結論に至ります。
 続いてワイズマンとのバトルシーンが流れ、結局は2人の戦士が何者なのかわからずじまいでした。

【感想等】
 総集編と高をくくっていましたが、オープニング4分割の時点で並々ならぬ気合いを感じます。
 これまでの蓄積が90話近くあるだけに色々な映像が出てきて面白かったです。
 あやかしの四姉妹とセーラー戦士とのバトルシーンは作画にも気合いが入っていてよかったかと。

 レイさんや美奈子さんが主役の座を奪おうとし、実際に主役争奪戦というゲーjムもあるらしいです。
 1期2期のラストバトルが流されたところを含めて1期2期の集大成と言ってもいいかと。
 次からは3期(S)のお話になりますが、はるかさんとみちるさんがどんな風に登場するのか気になります。

【アニメ感想】美少女戦士セーラームーンR 第42(88)話「光と闇の最終決戦!未来へ誓う愛」

 セラムンの2期42話を見て感想を書かせていただきます。
 サブタイトルどおり最終決戦となり、ブラックムーンをめぐるごたごたにも決着がつきます。
 1期と同様にデスファントムを銀水晶の力で消滅させるしかないと思います。

【内容】
 邪黒水晶の力がどんどん強まり、このままゲートが開いてしまうと地球が滅んでしまうらしいです。
 ブラックレディ(ちびうさ)は邪黒水晶の力を受け入れて世界を滅ぼすなどと言い出します。
 うさぎや衛は説得しようとしたものの、ブラックレディは「死ね!」と叫んで容赦なくうさぎ達を攻撃してきました。

 衛はうさぎをかばって倒れ、ブラックレディはその「愛」の形に戸惑いますが、邪黒水晶のエナジーで再び洗脳されます。
 うさぎ、衛はふとキングエンディミオンの「浮ついた中途半端な愛では太刀打ちできない」という言葉を思い出します。
 今度こそはと銀水晶を使ってちびうさをもとに戻そうとし、気がついたらネオクイーンセレニティに姿を変えていました。

 両親がちびうさに手を差し伸べなかったのは自らの力で立ち上がる強さを持つ子に育てたいという気持ちがあったのだとか。
 ワイズマンは「人は所詮、一人で生まれ一人で死ぬ」と言いますが、うさぎの説得を受けて元に戻ります。
 ちびうさは「とっても温かい気持ちになった」とつぶやき、うさぎは力を使い果たしたのかその場に倒れ込んでしまいます。

 ワイズマンはすでに暗黒ゲートが開かれて地球が滅亡すると言って攻撃してきます。
 うさぎは「そんなことさせないわ」と言って再びネオクイーンセレニティになって銀水晶でワイズマンと撃ち合います。
 ちびうさは「あたしのせいで……」と涙を流すと、体の中に入っていた銀水晶が出てきました。

 衛につづいて亜美達も立ち上がり、ちびうさが銀水晶を発動させ、仲間のエネルギーを加えてワイズマンを吹き飛ばします。
 うさぎは「あたし達死んじゃったのかな……」と言いますが、2つの銀水晶の力が奇跡を生んだので死ななかったようです。

 目を覚ましたうさぎはちびうさに抱きつき、邪黒水晶が消え、これで過去と未来の地球もネメシスも救われたらしいです。
 ちびうさは未来に帰ることになり、その先では両親や未来のセーラー戦士達が待っているのでした。
 
【感想等】
 2期の序盤はオリジナル展開が続き、ブラックムーンとの戦いはあっという間に終わったような気がします。
 衛さんがうさぎさんをかばうシーンで前回のデマンド様のことが重なり、彼も最後は愛を知ったのだと思うと少しうれしいです。
 三石さんのうさぎさんとネオクイーンセレニティ(とラミアス艦長)の演じ分けは流石だと思います。

 1期は仲間が前に出て次々と倒れていったのと対照的に、2期はうさぎさんが前面に出て決着をつけることになりました。
 体から未来の銀水晶が出てきた時は一瞬驚きましたが、うまく伏線回収されていてよかったと思います。
 次回は3年目に突入して総集編と3期の予告だそうですが、どんなシーンが出てくるのか、わたし、気になります!

【アニメ感想】美少女戦士セーラームーンR 第41(87)話「愛と未来を信じて!うさぎの決心」

 セラムンの2期41話を見て感想を書かせていただきます。
 エスメロードさんもサフィールさんも倒れ、いよいよデマンド様自らが戦うことに。
 うさぎさんはデマンド様に「愛」を伝えることが出来るのでしょうか。

【内容】
 タキシード仮面はうさぎ達に「改めて出直したまえ」と言い、うさぎ達は打ち合わせのために神社に移動します。
 なるは「この頃様子が変だよ」と声をかけてきて、うさぎがはぐらかすとなるは「明日学校で会おうね」と言ってきます。
 「うさぎ達を守って……」というなるの思いが通じたのか、うさぎはなるの分も地球を守ることを決意します。

 ワイズマンは「時は来た」と言い、自分達は地球の歴史を塗り替えるために努力してきたと主張します。
 デマンドは前回、弟を殺されたことを憤りますが、地球への復讐が終わったら問いただしてやると言ってきます。
 邪悪なエナジーが高まっていて地球の危機であり、中に潜入したタキシード仮面のことも心配です。

 うさぎ達は一斉に変身しようとしますが、亜美は「今までありがとう」「ケーキ食べたかったね」とフラグを立てます。
 5人がケーキうんぬんと言いながら円陣を組み、改めてセーラー戦士に変身して敵アジトに向かいます。
 うさぎは吹き飛ばされながらも立ち上がり、潜入したかと思えばすぐに落とし穴に落ちてデマンドと対峙します。

 デマンドは第3の目を使ってうさぎを手に入れようとしますが、うさぎは涙を流して「まもちゃん……」とつぶやきます。
 うさぎはまやかしの術で手に入れた愛なんて本物じゃないと訴え、危ういところで仲間の声が聞こえて立ち直ります。
 「力では何も解決しないことがわからないの?」と言われたデマンドはワイズマンが欺いているのではと気づきます。

 うさぎはサフィールが真実を語ろうとして殺されたと言い、本性を現わしたワイズマンとデマンドが戦うことに。
 ワイズマンはうさぎを攻撃しますが、デマンドがうさぎをかばって深い傷を負ってしまいます。
 デマンドはうさぎにブラックムーンのことを託し、最後に「愛している」と言ってその命を落としてしまいます。

 ワイズマンは銀水晶を渡せとうさぎの首を絞めてきて、衛に捨てられたのだと精神攻撃をしてきます。
 うさぎは目の前でブラックレディと衛が抱き合っているシーンを見せられますが、ちびうさの声が聞こえて立ち上がります。
 「ちびうさもまもちゃんも私の大切な人」と立ち上がったところで本物のタキシード仮面や仲間が次々と現れます。

 タキシード仮面は暗黒ゲートの中心を示しますが、そこにはブラックレディが待ち受けていました。
 ブラックレディはまもなく世界が崩壊すると言い出しますが……

【感想等】
 弟の後を追うようにデマンド様も退場となり、中の人が同じ南斗水鳥拳のレイさんを思い出しました。
 今思えば、ブラックムーンは心のどこかで「愛」を求めた一族だったのかもしれません。
 なるさんはうすうす、うさぎさん達がセーラー戦士だということに気づいているのではと思えてきます。

 ケーキの食べ放題の話題が出てきた時に、一瞬、ケーキを食べまくるエスメロードさんが頭に浮かびました。
 銀水晶の力でデマンド様やサフィールさん、エスメロードさんの生存ルートを作れないのかと思いました。
 次回でブラックムーンをめぐる戦いに決着がつくそうですが、ここまできたらもう見ないわけにはいきません。

【アニメ感想】美少女戦士セーラームーンR 第40(86)話「サフィール絶命!ワイズマンの罠」

 セラムンの2期40話を見て感想を書かせていただきます。
 サブタイトルの時点でサフィールさんが死ぬことは決まっているようです。
 エスメロードさんとサフィールさんのご冥福をお祈りいたします。

【内容】
 東京の中心に巨大な邪黒水晶が現れ、ニュースによると首都圏の機能は完全に麻痺したそうです。
 うさぎはちびうさのことを考え、育子ママは無意識にちびうさの分もお茶を準備してきました。
 「ちびうさがいなくなって元通りになったはずなのに、家が広く感じる」といううさぎにレイは顔を寄せてきました。

 ワイズマンは「デスファントム」なる者の下で動いているらしく、生命を抹殺するなどと言っていました。
 サフィールは「やはりそうか……」と危機感を抱き、反応炉の制御パネルを抜きますが、ワイズマンに見つかってしまいます。
 デスファントムは生命体を全て消し去る存在で、ワイズマンはエネルギーを発してサフィールを抹殺しようとします。

 デマンドやブラックレディがうふふふと言っている頃、久しぶりにあやかしの四姉妹が出てきます。
 ペッツはボロボロになったサフィールを見つけ、サフィールは兄が一面の花畑を手に入れると言っていたことを思い出します。
 サフィールが目を覚ますとペッツの部屋で介護されていて、ペッツは妹だけは許してほしいと言ってきます。

 妹達によるとペッツは男嫌いらしいですが、サフィールのことが好きだったのだとか。
 デマンドは弟が裏切ったと言われてショックを受け、ブラックレディがサフィールを粛清しに向かいます。
 ペッツはセーラー戦士によって優しさや愛を知って変わっていったそうです。

 サフィールは自分達のやろうとしていたことは間違っていたのではないかと考えます。
 立ち上がるサフィールをペッツが止めようとしますが、兄を思う心に打たれて止めることが出来ませんでした。
 サフィールは上着を置いていき、ペッツは力のない自分には待つことしか出来ないとつぶやきます。

 コーアンはうさぎの自宅に電話してサフィールのことを伝え、サフィールの前にブラックレディが現れます。
 うさぎ達はちびうさを元に戻すために戦闘を開始し、サフィールをデマンドのもとに進ませます。
 まことは「たとえ敵でも信じてあげるのが好きなんだよ」と言いますが、うさぎ、美奈子、亜美が捕まってしまいます。

 サフィールはレイやまことに仲間を助けに行けと言い、自分達がワイズマンにだまされていたと訴えます。
 バラが飛んできてタキシード仮面はサフィールの話を聞けと言いますが……
 ワイズマンはサフィールを攻撃し、サフィールはワイズマンの目的を言う前に倒されてしまいます。

 目の前で弟を失ったデマンドは動揺し、サフィールは「ペッツ……済まない」と言って命を落とします。
 デマンドはサフィールの死体を持って帰り、ペッツは上着を抱きしめて涙を流します。
 ペッツは妹の前では「大丈夫よ……こうなるってわかっていたから」と言い、サフィールは私の中にいるとつぶやきます。

【感想等】
 不謹慎ながらもうさぎさんとレイさんが顔を寄せ合うところでちょっとドキドキしてしまいました。
 デスファントムともどもワイズマンさんを火星に代わって折檻したいです。
 あやかしの四姉妹の再登場やペッツさんとサフィールさんとの絡みはよかったと思います。

 暴走していた時は妹すら殺そうとしていたペッツさんが、真っ先に妹の身を案じたところが好きです。
 敵であるはずのサフィールさんを守ろうとするうさぎさんにもちょっと涙が出ました。
 エスメロードさんに続いてサフィールさんが命を落とした今、デマンド様もそろそろ目を覚ましてほしいです。

【アニメ感想】美少女戦士セーラームーンR 第39(85)話「暗黒の女王ブラックレディの誕生」

 セラムンの2期39話を見て感想を書かせていただきます。
 ちびうささんが姿を消したと思えば、大人の姿になって現れました。
 ブラックはもうポケモンさんだけで充分だと思います。

【内容】
 うさぎ達はちびうさ(スモールレディ)を探し回りますがどこを探しても見つかりません。
 もしかしたら敵に捕まっているのではと不安になりながらも探索を続けることに。
 ワイズマンは転んだちびうさに両親が手を差し伸べなかったのは愛していなかったと言って洗脳します。

 未来のセーラー戦士は秘密でお誕生日会を企画していたようですが、ちびうさは誰も祝ってくれなかったと解釈します。
 憎しみを植え付けられたちびうさは大人になって「ブラックレディ」になってしまいました。
 ワイズマンは「機が熟した」と言い、デマンドは過去の地球に言って地球を制圧しろと言われてその気になります。

 サフィールはエスメロードの死はワイズマンによるものだと言いますが、復讐に燃えるデマンドは聞く耳を持たないようです。
 兄弟のいちゃいちゃの後、うさぎ達はデマンド達が過去の地球に向かったと聞いてさっそく移動することになりました。
 元の世界にもどったうさぎ達は平和の尊さをかみしめ、改めてこの平和を守らなければならないと思いを強めることになりました。

 うさぎがちびうさの無事を祈るのも空しく、ちびうさはブラックレディとしてうさぎ達の前に現われます。
 ルナPボールの反応を見てうさぎ達はブラックレディがちびうさだと気づいてショックを受けます。
 ブラックレディはルナPボールを傘にしてうさぎ達を攻撃し、レイはちびうさが洗脳されていると考えます。

 うさぎはブラックレディを攻撃することが出来ず、そこにタキシード仮面が出てきて銀水晶でちびうさを戻せと言ってきます。
 銀水晶をかざしたらブラックレディは1日遅れのお誕生日パーティーのことを思い出し、ちびうさに戻ろうとしていましたが……
 そこにワイズマンが出てきて「お前は愛に飢えた哀れな子ウサギ」と先ほどの映像は幻覚だったと言い出します。

 ブラックレディはちびうさに戻らず、ワイズマンとともに消えていきました。
 うさぎは「いったいどうすればちびうさを元に戻せるの?」と途方に暮れるのでした。

【感想等】
 ブラックムーンもブラック企業も悪い人ですが、ブラックレディさんのコレクターアイ寄りの演技は好きです。
 いたいけな女の子を洗脳するワイズマンさんは水でもかぶって反省してほしいです。
 デマンド様の復讐心は理解出来なくもないものの、ワイズマンさんを盲信するのは首をかしげざるを得ません。

 あやかしの四姉妹は百合っぽい描写がありましたが、サフィールさんとデマンド様はBL要員になるようです。
 ボスキャラのデマンド様が自ら動いてきたところにお話もそろそろ終わりが近づいてきたように思えます。
 私もいずれはブラックレディになるのではと妄想しつつ、残りのお話もできる限り見ていきたいなと思います。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム