【アニメ感想】キングダム 第3シリーズ 第4話「二つの戦場」

 キングダムの3期4話を見て感想を書かせていただきます。
 序盤から最終決戦の様相を示し、めまぐるしく戦況が移り変わってきました。
 後に中国を統一する秦がどうこの苦境を乗り切るのでしょうか。

【内容】
 剣を持った女性は「行かないよ」と言い、今回は信を信じて戻らないようなことを言っていました。
 合従軍に対して秦は全戦力を集中させ、ヒョウ公の指揮下に入った信は破竹の勢いで突っ込みます。
 趙軍が次々と打ち破られる中、敵将の李白は動かず、李牧は慶舎に信頼を置いていました。

 慶舎は秦軍の様子をうかがっていて、ヒョウ公は「この戦場には匂いがないぞ」と立ち止まります。
 ヒョウ公が本能で動く将軍ならば、慶舎もまた本能で動く将軍でした。
 慶舎は右翼の公孫龍軍を動かしてヒョウ公を翻弄し、真後ろから万極の軍が襲いかかってきました。

 ヒョウ公も信もまた慶舎の策に追い込まれ、李牧は慶舎は蜘蛛のような男だと説明します。
 慶舎は李白に一切の策を封じていて、ヒョウ公の敗因は慶舎という将軍を知らなかったかららしいです。
 その慶舎は「目と耳に集中しろ」と言ってきて、次々と万極によって秦の軍が倒されていきます。

 ヒョウ公が後ろに戻って士気を盛り返すしか方法はないそうで、信が「反撃開始だ!」と大声で吠えます。
 「知るかそんなもん!」と叫んで士気を上げ、ヒョウ公は信に「貴様、本能型の武将の才が目覚めておるわ」とつぶやきます。
 別のところでは秦の軍が城塞から魏兵に対して矢のような弓矢を浴びせて攻撃していましたが……

 オギコは弓が一番下手なのに当たったと喜びますが、魏は井闌車(せいらんしゃ)を出して対抗してきます。
 一斉に火の矢を放ったものの、水を吸っているからか全く燃えていませんでした。
 井闌車はわずかに届かず、気をよくした将軍は函谷関が100年以上の間、敵に抜かれたことはないと大声で叫びます。

 届かないことがわかっても車は動き続け、その中から巨大な杭のようなものが突き刺さってきました。
 呉鳳明は「俺が設計したんだからな」とどや顔をしますが……

【感想等】
 病気と闘うプリキュアも、遠い過去の中国ですら未知のウィルスには勝てませんでした。
 ひと言で言えば二次元は三次元には勝てないということなのかもしれません。
 「リハク」というと南斗五車星か詩人のイメージでしたが、中国は似たような名前が多くてややこしいです。

 戦況が次々と動いていきますが、負けフラグが立ったところで出てくる信さんがかっこよすぎました。
 ピンチでますます燃え上がるのは主人公気質だと思いますし、ここまで燃える展開は昨今ではなかなかないです。
 放送延期は「なん……だと……」のひと言ですが、一日も早く事態が収拾することを願うばかりです。

【アニメ感想】キングダム 第3シリーズ 第3話「函谷関攻防戦」

 キングダムの3期3話を見て感想を書かせていただきます。
 秦の将軍が一堂に会し、いよいよ敵との一大決戦の幕が切って落とされます。
 信さんはこの戦いで成果を上げることが出来るのでしょうか。

【内容】
 魏の総大将呉鳳明の前に燕の総大将オルドが出てきて、楚の総大将汗明や韓の総大将も現れます。
 李牧が現れて5国の総大将が勢揃いし、オルドは李牧は中華で最も注目を集めている男だと考えます。
 各国の軍はあくまで対等の関係であるものの、食客3000人を擁する春申君が指示をするとのこと。

 昌平君は合従軍の侵略を止める手立てはないと言い、天然の要塞咸陽を守る「黒門」函谷関に兵を集めます。
 信は函谷関のスケールの大きさに驚かされ、兵士達はそれを見るなり万歳万歳と叫び出します。
 昌平君は合従軍を甘く見ていたと言い、李牧は秦がここまでの手を打ってくるとは想定していなかったと言い出します。

 信は「これが戦国だろ」と言い、王ホンに色々と煽られたことで俺はこの戦で将軍になってやると宣言します。
 5国が一列に陣を構え、その後ろには李牧と春申君がどっしりと構えていました。
 秦の後宮は混乱状態になっていて、ようちゃんはいざとなったらお腹の子は守ると言ってくれました。

 信は12万の趙軍と4万で戦うことになり、他の軍を見ても数の上での不利は否めません。
 楚の将軍は大声でこの戦で秦が滅ぶと断言し、信は口火を切るのは俺達だと突進してきました。
 向こうは血で大地を染めると物騒なことを言い、次々と合従軍が動き出してきましたが……

【感想等】
 次から次へと(キャストが豪華な)新キャラが出てきて中国のスケールの大きさを感じさせられます。
 森田さんのお声を聴いてBLEACHを見ようかなと思い立ったのはここだけの話です。
 ルルーシュさんの方は2年ほど前に見たのですが、映画の方はそのうち見るかもしれません。

 前番組(映像研)とのギャップというよりも作風はその更に前のヴィンランドサガに近いように思えます。
 函谷関の大きさに驚きつつも、同期との出世争いという人間くさい側面も興味深いです。
 次回からは激しい戦いが展開されると思いますが、後に中華を統一する秦が数の不利をどう覆すのでしょうか。

【アニメ感想】キングダム 第3シリーズ 第2話「一堂に会す」

 キングダムの3期2話を見て感想を書かせていただきます。
 敵国が一つや二つだけでなく一気に6つも攻めてきてしまいました。
 この絶体絶命のピンチを切り抜ける策はあるのでしょうか。

【内容】
 合従軍が一斉に侵攻を開始して秦に未曾有の危機が迫りますが、その知らせは信にはまだ届いていませんでした。
 昌平君は斉を合従国から離反させようと考え、斉の王は毒蛇を食べて「まずいぞ」と言ってきました。
 蔡沢は「一体いくらで買われました?」と言って揺さぶりをかけ、合従軍離脱でその倍額を約束すると提示してきました。

 斉王は自分が急病だという名目で離脱し、李牧より蔡沢の方が付き合いが長いと言ってきます。
 しかし「李牧は怪物だ」と言い、かりに斉が抜けたところでも秦には勝ち目がないと言ってきましたが……
 背後に憂う存在を作ることが離反の狙いであり、問題はどうやって長期戦に持ち込むかでした。

 一番近づいているのは魏軍であり、10万の大軍を相手にヒョウ公率いる秦軍は善戦していました。
 魏軍の総大将である呉鳳明は策を弄していましたが、秦軍は気配を察してか引き下がっていきます。
 信は合従軍によって秦がなくなる可能性があると聞き、ヒョウ公には戦いに付き合ってもらうと言われます。

 ヒョウ公は「本能型」の大将軍であり、信は「横っ腹を食い破ってやれ!」と攻撃を仕掛けていきます。
 呉鳳明はヒョウ公が父を破られた相手だと言っていたら、そこに李牧が出てきて侵攻が遅いと文句を言ってきます。
 「戦はすでに詰んでいる」という呉鳳明はどこまでやるのかと聞き、李牧は秦が滅ぶまでだと断言します。

 秦の参謀本部はあらゆる模擬戦をして疲弊しながらも5つに1つの勝利というところまでこぎ着けます。
 昌平君は名だたる将軍を集めてほしいと言い、民達は合従軍が攻めてくると知って中へ、中へと避難していきます。
 将軍達を前にした昌平君は失敗したら秦は中華から消え去ると断言し、敵が迫る中で作戦を発表します。

【感想等】
 原作も1期2期未見ではなかなか厳しいと思いつつも、一から見るのも今からはなかなか難しいです。
 6国が5国になり、各個撃破出来たとすればまだまだ勝機は残っているのかもしれません。
 幹部連中が勢揃いする展開は燃えますし、ここからどんなガチバトルが繰り広げられるのか気になります。

【アニメ感想】キングダム 第3シリーズ 第1話「迫り来る合従軍」

 キングダムの3期1話を見て感想を書かせていただきます。
 中国史はそれなりに勉強しているのですが1期2期未見だとやはり不安です。
 間違っていたら笑い飛ばすくらいの覚悟が必要なのかもしれません。

【内容】
 100を超えた小国は7つの国となり、そんな乱世の世に後の始皇帝エイ政が立ちます。
 信はそんな政に従い、中華の統一へと動きますが……
 敵軍は全く動かず膠着状態になっていますが、李牧という男のことが気になります。

 かつて李牧は「戦争の本当の恐ろしさはわかっていない」と言っていました。
 秦は楚に巨大な壁を作り上げていましたが、そこに楚の大群が攻めてきてひたすらに北上していました。
 呂不韋は「うろたえるな」と言ってきたものの仮に5万もの敵兵が入れば「猛毒」なのだとか。

 楚の軍勢と秦の軍勢が激突し、信は楚と戦うはずが魏の10万の軍勢と鉢合わせします。
 魏の軍勢が城を落とせば住民を皆殺しにし、信は「間に合わなくて済まぬ」と言いつつも先へ先へと進軍します。
 すでに拠点の城すら落とされていて、信は「放っておけば秦はとんでもないことになるぞ」と追いかけます。

 咸陽では敵の3国が同盟を結んでいると動揺し、緊急事態宣言を出さざるを得ませんでした。
 呂不韋は「何じゃそれは!」と叫び、政は「合従軍だ!」と言ってきましたが……
 李牧は秦の中枢を麻痺させて早期決着をもくろみ、政は「対処を講じられるのが我々だけだ」と檄を飛ばします。

【感想等】
 最初からクライマックスで1期2期はおろか原作未見の視聴者を置いていく勢いでした。
 信さんがBLEACHの一護さんなら政さんがルルーシュさんというキャスティングが素敵すぎます。
 ベルクーリさんのお声で5万の大群といわれてアンダーワールド大戦かと思えますが……

 キャラが次から次へと出てきたもののキャストが豪華すぎて中の人の名前が先に浮かびます。
 展開が恐ろしく早く、あっという間に1話が終わっていた……という感じでした。
 ついていける限りは見ていきたいですし、出来れば時間を作って1期2期は見ておきたいなと思います。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム