【アニメ感想】社長!バトルの時間です! 第9話「白馬の騎士」

 シャチバトの9話を見て感想を書かせていただきます。
 ミネコさんを助けに向かうマコトさんですが、敵はなかなか手強そうです。
 種族を超えた友情を育むことが出来るのでしょうか。

【内容】
 マコトはしゃべるファムネラであるミネ子と友だちになりたいと訴えます。
 ミネ子はファムネラの群れに取り囲まれて、大いに不安を残しつつもオープニングが流れます。
 ミナトはミネ子が他のファムネラとは違っていたのは何かの理由があるのではと考えます。

 ファムネラを尾行すればミネ子に会えるのではと考え、マコトに続いて移動することとなりました。
 マコトはミネ子が怪我をしていたと言い、その怪我は他のファムネラからの意地悪ではと推測します。
 ミナトはミネ子が一方的にボロボロにされているのを見つけ、ライバーが相手を引きつけます。

 ライバーはお金をばらまきながら逃げていきますが小金を稼いでいそうだから問題なさそうです。
 ミネ子は自分をつかまえようとする人間が怖いと言い、さらに仲間からも人間の言葉しゃべるの気持ち悪いと言われるそうです。
 マコトは例え種族が違ってもわかり合えると言ってマジュウでもあるミネ子を入社させようと考えます。

 ミナト達の前にファムネラクイーンが現れ、五つ星以上が推奨される強敵みたいです。
 お金をばらまいてもクイーンには通じないそうですが、どうやら回復魔法でダメージを与えられるようです。
 冠を落としたクイーンは慌てふためき、ファムネラに取り囲まれたライバーは何故か胴上げされます。

 ミナトはミネ子を入社させますが、ユトリアは会社の経営状況があまりよくないと苦言を呈します。
 ミネ子は大量のレアアースやキラクリがあるところに連れてきてくれて、一人じゃなくなったからと笑顔を見せます。

 「クリスタルフラワー」をもらったマコトは喜び、経営状況がよくなったことでユトリアの機嫌もよくなります。
 一方、ライバーはファムネラのリーダーに祭り上げられてしまいましたが、一体どうなってしまうのでしょうか。

【感想等】
 セーラームーンばかり見ていたせいで白馬の騎士が一瞬、月影の騎士に見えました。
 ミネ子さんを助けるために奮闘するマコトさんが可愛らしいです。
 全体的に明るい作りの作品だけに、いじめ(?)のような描写はやたらと印象に残ります。

 例え種族が違ってもマコトさんが仲間に引き入れようとするところはよかったと思います。
 回復魔法でダメージを与えるところでドラクエ3のゾーマさんを思い出しました。
 大量のキラクリとレアアースで神託(?)のお金を確保して、次はお父さん捜しでしょうか。

【アニメ感想】社長!バトルの時間です! 第8話「新種発見」

 シャチバトの8話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はガイドさんとアカリさんのお話でしたが、今回はマコトさんのお話のようです。
 彼らが発見する「新種」とは一体どんなものなのでしょうか。

【内容】
 ミナトはマコトと一緒に買い物に来ていて、最近は気になる子がいるのかと聞かれます。
 ガイドさんとアカリ、そしてユトリアのことを考えていましたが、マコトは女性関係ではなくマジュウのことを聞いていました。
 オープニングの後、アカリ、ユトリア、マリカが言葉をしゃべるマジュウのことを話していました。

 マコトはマジュウをつかまえるためにダンジョンへと向かい、アカリは「重傷ね」とつぶやきます。
 ミナトはユトリア、マリカ、アカリの武器が似合っていると褒めますが、マコトに連れ去られてしまいます。
 途中で大量のキラクリを発見し、マコトはそのそばにいるマジュウと友だちになろうとしますが……

 ミナト達はマジュウを追い払いますが、マコトは反省したはずが植物やマジュウを見ると我を失うようです。
 気づいたマコトを追いかけていったミナトは仲間と離ればなれになり、敵に取り囲まれて絶体絶命かも。
 リュックサックが声を出したと思ったらマジュウを食べ、マコトのことをよろしく頼むと言って活動を止めます。

 マコトは社長を危ない目に遭わせたことを謝罪し、落ち着いて冷静に行動すると言いますが……
 ユトリア、マリカ、アカリはミナトを探し回りますが、ユトリアはミナトがゴキブリ並にしぶといとなにげにひどいことを言います。
 ミナトの前に現われたフードの少女は日本語をしゃべってきて、出口への道を教えてくれました。

 フードを外すと実はマジュウであり、彼女(ミネコ)が言葉をしゃべるという「新種」でした。
 マコトはミネコが怪我をしていることを知って治療しますが、大きなお世話と言われてしまいます。
 「よかったら僕と友だちになってくれないかな?」といいムードになりますが……

 ライバーの攻撃でミネコは逃げていき、マコトは「なんてことを……」とぶち切れします。
 マコトはミネコを追いかけていきますが、ミネコは他のマジュウに襲われてしまいます。

【感想等】
 つぐもも、グレイプニル(特に後者)がシリアス展開なので、気軽に見られる本作はありがたいかも。
 ミナトさんはガイドさんとアカリさんに揺れているものの、最終的にユトリアさんに一途なら評価したいです。
 マコトさんのマジュウへの(傍目から見ると異常な)愛もある意味で一途と言ってもいいのでしょうか。

 比較的常識人ポジションだと思っていたマコトさんが一番変な人だったというのが真相なのかも。
 マコトさんのリュックサックがケロロ軍曹のような声を出してマジュウを食べてしまった時は言葉を失いました。
 ライバーさんの回復を祝しつつも、人とマジュウとの間に友情が芽生える可能性を信じたいです。

【アニメ感想】社長!バトルの時間です! 第7話「中間決算」

 シャチバトの7話を見て感想を書かせていただきます。
 主人公達は会社組織だから決算も納税もしなければならないようです。
 大きな組織だと株主総会なんかもあったりするのでしょうか。

【内容】
 ミナトが目を覚ますと社長就任から半年が経過し、気合いを入れて出社しますが中には誰もいませんでした。
 オープニングの後、ガイドさんが出てきて他の社員がダンジョンに向かったと説明します。
 ガイドさんは決算が迫っているからと書類整理をしていて、手伝おうと言ったら大量の書類を渡されます。

 ミナトは間違いを指摘されますが、かつて父親も同じところを指摘されたのだとか。
 ガイドさんは「いつもと違うランチはどうでしょう?」と言って自分の作った弁当を出してきました。
 ミナトは「いくらでも食べられそうだ」と言ったら大量のサンドイッチが出てきました。

 ガイドさんはもう15年働いているベテランらしく、社長(ミナト)のおかげで働くことを決めたのだとか。
 柄の悪い男が出てきてエクスカリバーを取りに来たと言い、預かり証(の偽物)まで出してきて賠償金を出せと迫ります。
 ガイドさんはこういった客の対応も業務のうちといって「ごにょごにょ」してきたら相手が急に青ざめます。

 何があったのかと驚くミナトですが「企業秘密です」と言われてこれ以上は聞けませんでした。
 嫌なことがありましたが仕事も終わり、ガイドさんと一緒に飲むことになりまして……
 「私、ちょっとお酒が強くて……」と飲み比べることになってミナトは最後は酔い潰れてしまいました。

 ミナトはガイドさんを膝枕にして眠ってしまい、ガイドさんは「あの頃を思い出します」とつぶやきます。
 決算も終わって社員にボーナスも支給できたのですが、今度は女神様に捧げるキラクリを集める必要があるようです。
 アカリと待ち合わせして買い物を手伝うことになり、男の人に渡すプレゼントを選んでほしいとのことです。

 ミナトが鎧を着せられたら「新入社員が無理してスーツを着ているみたい」と謎の突っ込みをされます。
 今度は変なビキニを着せられそうになりますが、武器や防具は難しそうという結論になりました。
 流れでケバブを間接キスで食べることになり、ミナトはアカリの唇を見て思わずドキドキしてしまいました。

 可愛い系魔獣のグッズに目がいくアカリですが、売っている男は以前、会社に文句をつけてきた男でした。
 どうやらアイテムは偽物だったらしく、男はそそくさと逃げていきました。
 ミナトは「お守りはどうか」と提案すると、アカリは「社長にしては」いいアイデアと言ってきました。

 たくさんの品物を見てもなかなか決められず、ミナトはメンタル強化のネクタイピンがいいのではないかと言ってきます。
 「きっとライバーさんも喜んでくれるね」と言いますが、アカリは「ちり紙1枚だけでももったいないわ」とあんまりな言いようでした。
 アカリは「社長によ」とプレゼントしてきますが、最後に「お金貸してくれない?」と言ってくるのでした。

【感想等】
 相続税を返してもまた新たな予算が必要……まるでどう○つの森のマイホームのようです。
 規模の小さい企業の割に大量の書類を処理するのを見ると、社会人の中には滅入ってくる人も多いかも。
 幼なじみがいるのに他の社員と次々とフラグを立てるのは社内不倫にあたるのでしょうか。

 高校生くらいの見た目で社会人経験が15年というガイドさんがお父さんを上回る謎なのかもしれません。
 前半は仕事の範疇と言えなくもないのですが、後半のアカリさんとのやりとりはもうデートにしか見えませんでした。
 ケバブというとガンダムSEEDのバルトフェルトさんを連想しつつ、残りのお話も見ていきたいなと思います。

【アニメ感想】社長!バトルの時間です! 第6話「企業目標」

 シャチバトの6話を見て感想を書かせていただきます。
 レアアースを集めるために機械化したダンジョンへと向かう一同ですが……
 ミナトさん達はレアアースを手に入れて相続税を払うことができるのでしょうか。

【内容】
 契約書を出してマリカの入社が決まり、いよいよ機械化ダンジョンへと乗り込むことに。
 あのライバーが怪我をしたダンジョンということで油断はできません。
 「キボウファイトーっ!」とノリでやってみたものの恥ずかしいだけでした。

 零細企業キボウカンパニーがダンジョンに向かう一方で、大手企業インペリアルはダンジョンに行かないようです。
 父親の失踪と関係があるのではと思っていたら巨大な鉄球に追いかけられ、落ちそうになったところをアカリに救われます。
 ミナト達は奥にやってきた一方で、入院中のライバーは「ママーっ!」と叫んで突っ込みを入れられます。

 大量のレアアースを発見したミナト達はこれで相続税を払おうとしますが、機械のマジュウが大挙して襲いかかってきました。
 兵士のようなマジュウを倒したものの、復活して「残業」「残業」と言いながら迫ってきました。
 アカリやマリカが「リストラ」「残業」「休日出勤」とつぶやき、どうやら社畜というステータス異常になってしまったそうです。

 ボスマジュウの上司を倒すことで社畜が元に戻るそうで、主力が動けないならとミナトが戦うことになりました。
 マコトは回復魔法を使って「社畜」を混乱させ、ユトリアがブラック上司を後ろから殴り倒して勝利します。
 レアアースを回収したことで相続税を払えそうですが、マリカが「大人になったら仕事に振り回されるの?」と言い出します。

 相続税を払ったことで父親遺産を手に入れることができ、これで装備品に困ることはなくなりました。
 父はどうして重要アイテムを寄贈したのかという疑問が残り、遺産の中からは映写装置が出てきて父親が話してきました。
 相続税はいわば父の「試練」であり、父は大型門にいてこのままではゲートピア全体がやばいと言ってきました。

 ミナトは会社の集合写真を見つけ、社員を大事に思っていたからではないかと推測します。
 一方でセクシー写真がたくさん出てきて先代社長の評価は下がってしまいました。
 父を探すために女神様に依頼してはどうかと言い出しますが、相続税の5倍を支払う必要があるそうです。

【感想等】
 異世界ものを見ているはずが、所々日本的なのは社会人にはきつい作品なのかも。
 仙狐さんのような癒し要素があればと思えてくる今日この頃ですが……
 オープニングを歌っている方(アカリさんの中の人)が仙狐さんと同じ人みたいです。

 巨大な鉄球に追いかけられるのはドラクエ4の「鉄の金庫」があるダンジョンを思い出します。
 ライバーさんが「ママーっ」と叫んだことでますますネタキャラになりつつあるようです。
 出勤と借金返済を強いられるミナトさん達に同情しつつ、残りのお話も見ていこうと思います。

【アニメ感想】社長!バトルの時間です! 第5話「新入社員」

 シャチバトの5話を見て感想を書かせていただきます。
 前回出てきたマリカさんが新入社員になったそうですが……
 幼い彼女を働かせても法的に問題はないのでしょうか。

【内容】
 ユトリアは相続税対策が進んでいないといい、税金以前に経営が破綻すると危機感を抱きます。
 そこにマリカがやってきて50万もの大金を出してこれが取り分だと言ってきました。
 なんでもマリカが倒したゴースト系のマジュウが持っていた指輪が高く売れたらしいです。

 ミナトは指輪のことを知っていて、売却することも彼の発案なのだとか。
 マリカは会社の経営が危ないと聞いて自分の分のお金を渡し、自分を社員にしてほしいと言ってきます。
 オープニングの後、ミナトはマリカの家に契約書を取りに来ましたが、どうやらなくしてしまったようです。

 ミナトは散らかった部屋に言葉を失いますが、マリカは「絶妙な配置」と言い訳してきました。
 なんでも魔法書を探した時に閉まったらしく、倉庫の中を探していましたが……
 防犯トラップに引っかかって地下道に飛ばされ、振動が起こって機械化したダンジョンの話題が出ます。

 インペリアルがダンジョン探索すると聞いたライバーは「俺の好きな言葉は一番乗りだ」と踏み込んでいきます。
 ミナトは何か原因が考えていたら、マリカはネズミを見て恐怖のあまり抱きついてきました。
 次々とネズミが逃げているのを見たミナトは何かから逃げていると考え、ネズミの後に続いて脱出することに。

 マリカにおぶってくれと言われたミナトは言うとおりにし、ライバーやヴァル美は洞窟の奥へと進んでいました。
 レアアースを見つけた2人は鎧を着けた敵に囲まれ、ミナトは眠ったマリカに夢の中でもこき使われているようです。
 ミナトは正直疲れたよとため息をついていて、ライバーがダンジョンで全治数ヶ月の怪我をしたと聞かされます。

 一同はライバーのお見舞い(?)に向かいますが、向こうの会社ではアポがないなら通れないと言われます。
 ヴァル美はぼろ雑巾みたいにズタボロになったと暴言を吐きつつも、受付を目で脅してミナト達を進ませます。
 ミナトはゲートピア全体に異変が起こっているのではと言い、ライバーはダンジョン探索のことを語り出します。

 レアアースを発見したライバーは見たことのないマジュウに襲われ、気がついたら医務室で寝かされていたとのこと。
 なんでもヴァル美がライバーを運んだらしく、這いつくばって感謝してほしいと言ってきました。
 ユトリアは大量のレアアースがあれば相続税を払えると言い、ミナト達は一路、ダンジョンへと向かうことになりました。

 ライバーはお前らを行かせるわけにはいかないと言い、どうしても行くなら俺を倒せと言い出します。
 あちこちの骨が折れたライバーは勝手に痛い目にあって「覚えてろよ」と言ってきますが……
 ミナトは「お大事に」と言って出て行き、ダンジョン攻略に乗り出す以前に契約書を取りに向かうのでした。

【感想等】
 アースグランナーも小学生が働いているのでマリカさんが新入社員でも違和感はないかも。
 会社から給料をもらう以前にお金を渡すというのはなかなか斬新だと思います。
 オープニングの最後にお父さんらしい人が出ましたが、彼がラスボス扱いなのでしょうか。

 「マリカ」というとマリオカートの略称とニセコイのマリーさんがまず頭に浮かびました。
 書類を探すはずがダンジョン探索になっていて、社長なのに部下に使われるミナトさんがシュールでした。
 レアアースを手に入れて相続税を払うとして、お父さんの遺産がどんなものなのか気になります。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム