【アニメ感想】クオリディア・コード(12話:最終回)「燦然世界のクオリディア」

 クオリディア・コードの最終回を見て感想を書きます。
 作画で物議をかもした作品でしたが、後半からの急展開は見ていて非常に先が気になるものでしたし、しっかりと綺麗に終わってよかったです。
 最後に立ちはだかった朝凪さんたちは、試練となることで「親」としての勤めを果たしたのではないかと思います。
 南関東の解放は、同時に彼らの親離れのときだったのかもしれません。
 これから、彼らがどのような道を歩いていくのかはわかりませんし、いろいろ大変なことはあると思いますが、きっと乗り越えていけるのではないかと思います。

【内容】
 「女神に出会っちまったんだよ」
 かつて愛理に出会ったことを思い出しながら、壱弥立ちの前に立ちはだかる朝凪さん。
 壱弥たちは能力で戦おうとしますが、指令たちを裏切れないというあおいにより、世界の発動を妨害されてしまいます。

 その場を離れるあおいを追いかける明日葉とカナリア。
 男性陣2人は世界なしで朝凪さんと戦うことに。
 一方、舞姫とほたるは正体不明のアンノウンと戦います。

 銃撃をも素手で止める人間離れした朝凪さん。
 あおいを追い詰めたはずの明日葉ですが、かつて神奈川の次席であった彼女に苦戦します。
 舞姫、ほたるの攻撃は敵には通っていないようです。

 散々道に迷ったカナリアは、気づけばゲートの前に立っていました。
 歌により勇気付けられた壱弥は、「あいつが諦めない限り、俺は諦めない」と朝凪さんと対峙し、明日葉はあおいを締め上げます。
 力を取り戻した舞姫とほたるはアンノウンを倒しますが、その正体が愛理であることに気づきます。
 子どものために死ぬことが出来たら、そういっていた彼女の言葉が舞姫の耳に残ります。
 一方、愛理の死を感じた朝凪さんは「お前達の勝ちだ」と言い残し退場します。

 崩れてゆく管理局から脱出する一同。
 親離れした彼らは、それぞれの都市の復興という新しい戦いへと身を投じます。

【考察等】
 最後の戦いについて、明らかに乗り気でなかったあおいさんの裏切りもある意味想定されていたことだと思います。
 ただ、後方支援専門と思われていた彼女の能力があそこまでのものだとはおそらくほとんどの人は想像していなかったのではないかと。

 いわば最後の試練として立ちはだかった朝凪さんや愛理さんは、ある意味で親としての使命を全うしたのだろうと思います。
 血はつながってはいないのですが、いいご両親だとふと思ってしまいました。
 そして、これを通してみたときに、(千葉の兄妹の場合は2重の意味で)親離れを果たした彼らの巣立ちの物語だったのではないかと思います。

 親から巣立っていった彼らにはこれからますます厳しい試練が待ち構えているのかもしれません。
 私達にそれを見守る術はありませんが、同じような現実と向き合うことならできるのではないかと思います。

 真面目に感想を書けば、後半の急展開以降はとても面白かったですし、キャラクターの個性もよく出ていました。
 この作品を送り出してくださった関係者の皆様に、心から感謝したいと思います。
 大変お疲れさまでした。

【アニメ感想】クオリディア・コード(11話)「双極のファミリア」

 急展開が続く「クオリディア・コード」の11話を見て感想を書きます。
 いよいよ最終決戦ということなのでしょうが、前回の急展開もあってなかなか話についていけていない自分がいます。
 千葉の兄妹さんや神奈川の2人、東京のカップルのやり取りは見ていて良かったと思います。
 朝凪さんや愛理さんが単純に敵とは思えない点もありますし、その辺りは次回に決着が付くのかもしれません。

【内容】
 あちらの世界とこちらの世界をつなぐゲートを破壊するため、アンノウンの拠点に総攻撃を仕掛けるヨハネス軍の皆さん。
 ヨハネス曰く「アンノウンは人の体を乗っ取る存在」であり、絶対に倒さなければならない相手なのですが、あおいのように今まで信じていたものを100パーセント覆されたその「真実」に戸惑うものも少なくはありませんでした。
 一方、アンノウンの拠点に陣取る朝凪さんと愛理さんは、子ども達に愛着を持ち、単純に敵として考えてよいのかと思えてくるところです。

 ノリノリで「アンノウン絶対殺す砲(正式名称)」を展開する自称「処女天使」のヨハネスさん。
 しかし相手の反撃により負傷してベッドに運ばれてしまいます。
 母親の姿を見て、千葉の兄妹は母親譲りの手法(副指令に銃を向ける)で再び戦いを始めます。

 「みんなの世界を守りたい」と舞姫さん。
 気合たっぷりに演説をし、正面突破を図ろうとしますが、その時明日葉(千葉妹)からの連絡が入り、荒川から突っ込むとの方針を受けます。
 一方、同様の連絡を霞から連絡を受けた壱弥とカナリアも出撃します。

 壱弥、カナリアは千葉の兄弟、神奈川の舞姫、ほたる、あおいと合流します。
 敵陣に突入した一同は二手に分かれ、舞姫たちが子ども達を救出し、残りのメンバーでゲートを破壊することに。
 ゲート破壊組は途中に散乱しているアンノウンの死体、さらにはゲートの前に立ちふさがる朝凪さんが人間の姿のままであることに驚きを隠せません。
 また、子ども達を救出するために動いている舞姫たちの前には、異形の姿となった愛理さんが立ちはだかります。

【考察等】
 前回の急展開ほどではないにしても、なかなかついていくのが難しい状況かなと思います。
 ヨハネスさんは意外とあっさり倒れ、その後はメインの子ども組中心ということである種クオリディアらしくなってきました。
 それにしても、全体的にシリアスな展開の中で、「アンノウン絶対殺す砲」という言葉が妙に浮いています。

 ようやく最終地点にやってきた皆さんは、いわば育ての親ともいえる朝凪さん愛理さんといよいよご対面です。
 ヨハネスさんの言うように、単純に敵とは思えないこの方々。
 始めの所では親子の情のような感情をあらわにし、同属をも殺した彼らとどのように向き合っていくのか、次回を楽しみに待とうと思います。

【アニメ感想】クオリディア・コード(10話)「福音のフォークロア」

 クオリディア・コードの10話をみて感想を書きます。
 ここにきてまさかの新キャラ登場には驚きを隠せません。
 ヨハネスと聞いて、一瞬ヨハネ(=善子)さんを思い出したのは私だけではないはず。
 このお母さんのノリノリの雰囲気ですが、行っていることがかなり怖いです。
 色々な意味でここから先が、私、気になります!

【内容】
 コードが壊れたことで見え出した世界は今までのものとは全く異なったものでした。
 壱弥たちはイージス艦に案内され、そこで見知らぬ女性から状況の説明を受けます。
 この女性は霞と明日葉の母親を名乗り、名前を「ヨハネス」と名乗ります。

 30年前にアンノウンに侵略された際、コールドスリープから目覚めた子ども達はアンノウンにより全く異なった視界を与えられ、人類を敵だと認識して戦わされていたそうです。
 そして、ヨハネス軍は、そのアンノウンから南関東を奪還しようとしているのだとか。

 今までカナリアを守るために戦っているつもりが同じ人類と戦っていたという事実に驚愕する壱弥の一方で、顔を真っ赤にしているカナリアさん。
 「また始めればいいよ」と彼を励ますさまはみていてほほえましいです。
 一方、舞姫はマイペースにごはんを平らげていましたし、明日葉はいきなり出てきた母親に困惑しているもようです。

 「アンノウン絶対殺す砲」という、ネーミングそのものに突っ込みを入れざるを得ない兵器を披露するヨハネスお母さん。
 その前に子ども達を奪還しようと行動を開始します。
 その後は皆殺しにすると言い出すお母さんに、あおいさんは困惑を隠せません。

 突然の敵襲に、状況がわからないまま出撃する壱弥たち。
 霞のピンチを助けともに手を取り合うところは良かったと思います。
 一方で、「千葉カス」はちょっとどうかと思いますが。

【考察等】
 まさかの急展開に、視聴者も驚きを隠せません。
 霞さんや明日葉さんのお母さんはどう見ても母親に見えませんが、アニメなので底はあまり気にしないでおこうと思います。
 肝心のストーリーについては、今まで見えていたことが全く逆だったということで、まさに180度反転してしまいます。

 相手を全員抹殺しようと、まるでガンダムAGEのフリットさんのようなことを言うお母さん。
 一方で、相手側の司令官のような男女は主人公達に何やら情が移ったような、そんな感じが見受けられるのがちょっと気がかりです。
 最後は、強引なお母さんのやり方に反対して、袂を分かつこともあるのかもしれません。

 今回のお話は、東京、千葉、神奈川のそれぞれのキャラクターの性格や思いがよく出ていて良かったと思います。
 特に、突然出てきた母親に困惑する明日葉さんや、相変わらずマイペースな霞さんがいい味を出していました。
 カナリアさんと壱弥さんの夫婦漫才も健在です。

 敵を前にして、戸惑いを隠すかのように戦いを続ける皆さん。
 あと数回でどのようにまとめてくるのか、最後まで見届けようと思います。 

【アニメ感想】クオリディア・コード(9話)「反獄のイデア」

 本放送から少し遅れましたが、クオリディア・コード9話の無料配信があったので見ました。
 霞さんの活躍によりほたるさんの言い残した「この世界はニセモノだ」の意味が見え、そしてあのカナリアさんも久しぶりの登場です。
 この調子だと、舞姫さんやほたるさんもきっと生存なのだろうと思います(明日葉さんと戦っている2人でしょうか?)。
 作画についてはあえて触れませんが、ストーリー自体はますます先が気になるところです。

【内容】
 目を覚ました霞(千葉兄)ですが、その右目で見える世界は今までに見ていた世界とは全く異なるものでした。
 この世界のありように疑問を抱いた霞は、明日葉に「管理局の(大人の)連中は信用するな」と言い残し、自分は「ばっくれる」と言って姿を消し、単独で調査を開始します。
 前回襲われた場所から紙の資料を発見し、何かに気づいたようです。

 一方、残された明日葉は、相変わらず戦意を失っている壱弥のところへ助力を求めます。
 「カナリアのいない世界ではもう守るものがない」という彼を奮い立たせるために、明日葉は兄が壱弥を「本当のヒーロー」だと信じていると言い残してアンノウンとの戦いへと戻ります。

 アンノウンの大群が迫っていますが現場は混乱し、明日葉はとりあえず前線に出ることに。
 「一度だけお前の兄に騙されてやる」とデレた壱弥はいなくなった霞の代わりに全軍に指示を出し、自らも出撃します。
 一方で、アンノウンを見据えている霞は「敵はあれでいいのか」と意味深な発言をします。

 「俺はヒーローだ!」とやる気満々の壱弥さん。
 撤退すべきだと主張する大人が彼に擦り寄りますが、霞はそれを射殺してしまいます。
 その行動に怒った壱弥は、霞と戦うことに。
 2人の間に割ってはいるアンノウンの姿を見て、霞はそれを逃がし、その行動を人類への敵対行為とみなした壱弥はさらに怒り、霞を攻撃します。
 一方で、全然で戦っていた明日葉は、2人のアンノウンとの戦いを強いられてしまいますが、チップが切れた彼女には敵の姿がかつての仲間と重なります。

 「見えている世界が違う」と言い放ち、壱弥の攻撃をかわす霞。
 壱弥の後ろには例のアンノウンの姿が有りました。
 霞は突然カナリアと同じ歌を歌い始め、「お前の世界を見ろよ」と一言。
 壱弥のチップが壊れ、彼の目の前に再びカナリアが現れます。

 「この世界は一体何なんだ!?」
 いつもと違う光景に戸惑いを隠せない壱弥なのでした。

【考察等】
 前回に続き、霞さんの活躍が光ります。
 序列200位以下の彼がその隠していた力を発揮する様は、まさに彼の隠していた爪を見せた形かと思います。
 同じ千葉の同僚でもあまり評価されていない彼ですが、妹さんはしっかりとそれを見ているところが素敵です。

 チップが壊れて見えている世界が変わってきたということについて、やはり大人がチップを使って今まで何らかの真実を隠していたのだろうと思います。
 まさに霞さんが冒頭で言っているように「管理官は信用するな」のとおりであり、またほたるさんの「この世界はニセモノだ」にも通じるところです。

 アンノウンだと見られていた個体がカナリアさんだったことから壱弥さんは復活します。
 まあ、いつまでも主人公が復活しないままになるわけがないと思っていたので、ある種予想通りでした。

 おそらく明日葉さんと戦っているほうが、舞姫さんほたるさんのコンビでしょうか。
 死んだと思われていた人たちは全員生存し、何らかの真実を知って仲間を迎えに来たのかも知れません。

 次回以降、どのような展開をたどるのか、ますます目が離せなくなってきました。
 大人たちが何を考えているのか、私、気になります!

【アニメ感想】クオリディア・コード(8話)「反転のクオリア」

 クオリディア・コードの8話を見て感想を書きます。
 いよいよ千葉の兄妹さんが活躍するお話がやってきました。
 妹思いのお兄さん、そしてお兄さんを心配する妹さんの関係がいいなと思います。
 「世界はニセモノだ」というこの言葉の意味、そして大人組の正体など謎はつきませんが、このお兄さんなら何かやってくれそうな気がします。

【内容】
 意味深な発言を残しつつ姿を消した舞姫とほたる。
 東京・神奈川が壊滅的な打撃を受けたという事実に、霞(千葉兄)は湾岸部を放棄して戦線を縮小するよう本部に提案します。
 大人の側は明日葉(千葉妹)への内地行きを提案しますが妹大好きなおにいちゃんには受け入れられません。
 一方、カナリアの復讐に燃える壱弥は霞の提案に反対して壁ドンします。

 霞はあおいと共に復興現場を視察し、他の生徒に「デートか?」とからかわれます。
 妹の方はその現場を見て備考を開始します。

 「この世界はニセモノだ」
 ほたるの言い残した言葉がどうしても引っかかる霞さん。
 そんな彼に、大人から明らかに怪しいデートのお誘いがかかります。

 「秘密のデートだ」
 そういい残して一人外出する霞ですが、そんな兄さんを妹が放っておくわけがありません。

 「どこまで気づいてる?」
 知られてはならない事実があるのか、霞を殺そうとする大人のお姉さん。
 大人には発現しない「世界」を使って霞を追い込みます。

 そんな兄のピンチに登場した明日葉さん。
 あっという間に大人を氷付けにしてしまいます。
 妹の手を汚させないように自分でとどめを刺すお兄さんは優しい人ですし、その兄さんが気絶した後、焼却処分する明日葉さんもまた兄思いの素敵な人です。

 Cパートでは寝込んでいる兄におかゆを作る明日葉さん。
 一方看病されているお兄さんは、包帯を取った右目が今までとは別のものを映し出してしました。

【考察等】
 カナリアさんに続いて、神奈川の2人も行方不明(死亡扱い)になってしまいます。
 ただ明確な死亡が確認できたわけではない、新しいエンディングにカナリアさんが出ていることもあり、この人たちはきっと無事なのだろうと思います。
 そうでないと、まるでガンダムAGEのフリットさんのようになってしまった壱弥さんが復活しそうにありません。

 いままで必要以上の力を見せてこなかった霞さん。
 今回はこれぞとばかりに活躍するお話でした。
 大人との戦いのところで、家畜のように大人しくしていろと言われた際の、「ネコは家族。俺ネコ好きっすから」の一言が個人的に好きです。
 妹さんの手を汚させないようにとどめを刺すところも、妹思いの一面が出ていて良かったと思います。

 謎が謎を呼び、ますますわからない点が多くなるお話ですが、大人が明確に敵だとわかったのは大きいかもしれません。
 霞さんがどこまで真実に近づけるのか、私、気になります!
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム