【アニメ感想】ニセコイ 第20話(終)「ホンバン」

 ニセコイの最終回(20話)を見て感想を書きます。
 小咲さんの代役として千棘さんが劇に出ることになりましたが……
 千棘さんは自分の気持ちに気づくことができるのでしょうか。

【内容】
 ジュリエットの衣装に身を包んだ千棘は台詞はすでに覚えたと笑顔を見せてきます。
 ヤクザとギャングの両親が見に来ている中、小咲は早々に台詞を忘れてシナリオにダメ出しします。
 劇としてはめちゃくちゃながらも観客にはウケているので集はまんざらでもありません。

 楽、千棘は両親が来ていることに気づいて気を取り直しますが、鶫扮する召使いの棒読みが続きます。
 集は気をよくして台本を改編して召使いがロミオを好きという設定にしてしまいました。
 鶫は恥ずかしさのあまりかつらを投げつけて告白に失敗し、万里花も本当の恋人を名乗って出てきます。

 女の敵だと言われたロミオ(楽)は万里花(ジョセフィーヌ)を実の兄妹だと結婚を拒否しようとします。
 万里花は風邪だったこともあって倒れますが、今度はクロードがジュリエットの兄という名目で出てきました。
 クロードは迫真の演技で攻撃を仕掛けてきて、楽は舞台装置を倒してクロードを倒します。

 楽はボロボロになりながらも千棘の元を目指し、千棘は「私も愛していますわ」と自分の気持ちに気づきます。
 ドタバタがしながらも劇はうまくいき、千棘は劇の題材が自分達に似ているのではと言ってきました。
 楽は赤面しつつも「偽物カップルでもケンカする」と言い、千棘は「大嫌いよ」と言いつつも笑顔を見せてきます。

 劇は大団円で終わり、楽がビンタされたことはMに目覚めたということで処理されます。
 るりは小咲が直前に怪我したことを知って、楽にクレープを持っていけと言って去っていきました。
 楽は千棘が劇に思い入れがあったことを知り、屋上で2人で劇をやり直して締めくくるります。

【感想等】
 千棘さんとの仲がもどったのはよかったですし、降板した小咲さんも最後はフォローがあってよかったかと。
 前回の小咲さんも今回の千棘さんも綺麗でしたし、色々なキャラをうまく生かして実によくできていたと思います。
 楽さんと千棘さんの境遇がロミオさん達に酷似しているのは狙っていたのは言うまでもないかと。

 本作だけでなく「きんモザ」「わたてん」も最終回が劇であり、劇で終わるアニメは名作ということかも。
 クロードさんの登場あたりからバトルアニメっぽくなりますが、バトル路線はジャンプ系らしいといえばらしく聞こえます。
 他のヒロインがどう巻き返ししてくるのか気になりますし、2期もいずれ時間を改めて見てみたいです。

【アニメ感想】ニセコイ 第19話「エンゲキ」

 ニセコイの19話を見て感想を書かせていただきます。
 夏休みが終わって2学期になり、あっという間に文化祭のお話になりました。
 文化祭で楽さん達がどんな劇をするのか、わたし、気になります!

【内容】
 文化祭でロミオとジュリエットをやることになりますが、千棘はジュリエット役を辞退します。
 くじ引きの結果、小咲がジュリエット役をやることになり、万里花は代役で手を打つと言ってきました。
 楽は小咲と恋人役という事実に緊張してくる一方で、千棘の態度のことが気になってしまいます。

 早々に帰宅しようとする千棘は「一日くらい平気よ」「もう馴れ馴れしくしないで」と突き放してきました。
 小咲は楽と千棘がケンカしていると察しながらも、楽は千棘をどう思っているのか気になります。
 先生は千棘がどアップで写った写真を出し、楽が小咲の下着姿が写っているのを気づいたことを告げます。

 小咲は写真が思い過ごしだとわかった途端に真っ赤になり、千棘は「本当馬鹿なんだから」とつぶやきます。
 万里花は練習に紛れ込んできて、ロミオとジュリエットのシチュエーションが自分達と同じではないかと言ってきます。
 楽は千棘のことがどうしても気になりますが、小咲のジュリエット役の衣装を見てドキドキしてしまいます。

 クロードがナイフを持って出てきて、楽はそろそろ仲のよさそうなシーンを見せないといけないと主張します。
 千棘は恋人のふりなんてできないと反論し、気がつけば演技傾向まで変わってしまいました。
 「赤の他人」「まっぴらごめん」と言われた楽はショックを受け、10年前の思い出も勘違いじゃないかと言い出します。

 楽は千棘に殴られてますます反発し、千棘は学校の壁を殴って「私だって……」と涙を流します。
 気がつけば文化祭当日になり、小咲はクラスメイトをかばって怪我をしてしまいました。
 代役のはずの万里花は熱で休んでしまい、楽は「中止になんてさせない!」と飛び出していきました。

 千棘は他のクラスでホットケーキを焼いていて、もやもやした気持ちになっていました。
 楽は千棘を連れ出して代わりにジュリエットをやってほしいと言い出しますが……
 海でのやりとりを引きずる千棘に、楽は好みじゃないと言いつつも嫌いじゃねえよとデレ、千棘は代役を了承するのでした。

【感想等】
 文化祭の劇は定番で、ロミオとジュリエットも他の作品でも何度か見たような気がします。
 数年前にアニメ化した「恋と嘘」ではメインヒロインの中の人までかぶってたりします。
 元ネタつながりというだけですが「寄宿学校のジュリエット」の2期放送を期待したいです。

 前回の楽さんの発言はまずかったと思いますし、私の中での彼の好感度がかなり下がりました。
 千棘さんがクラスで孤立しないか少し心配になる一方で、小咲さんの衣装がすごくいいなと思います。
 険悪になった楽さんや千棘さんの変わりようが実にうまく、最終回もどうなるのか楽しみです。

【アニメ感想】ニセコイ 第18話「ウミベデ」

 ニセコイの18話を見て感想を書かせていただきます。
 夏休みはもうちっとだけ続くらしく、今回はいわゆる水着回のようです。
 なお「スイエイ」は3話で使ったからダメだったみたいです。

【内容】
 集の提案でみんなで海水浴にやってきて、女性陣の水着シーンが続きます。
 鶫は水着が恥ずかしいと言い、これだから胸なんていらないと贅沢なことを言いますが……
 万里花は背後から鶫の胸を触ってきて「けしからんですわ」と言ってきました。

 日焼け止めを塗ってくれと万里花が言ってきて、千棘は激怒して楽を殴り飛ばしてきました。
 前回の「恋むすび」を出しながらもどうして自分は即答しなかったのかとついつい考えてしまいます。
 楽、千棘がバーベキューの準備をすることになり、千棘は楽と一緒にいることが多いと気づきます。

 とりあえずは楽が野菜の皮を剥いていきますが、千棘は野菜を取ろうとして楽の手を握ってしまいます。
 楽は千棘の手を手当してくれて、千棘は思わずドキドキしてしまいました。
 バーベキューは盛況のうちに終わり、小咲は楽に声をかけて中学の頃は想像出来なかったとつぶやきます。

 小咲はカナヅチという設定があったものの、海では砂でお城を作って楽しんだそうです。
 「キスしていい?」と口に出してしまった小咲はどうしよう……と戸惑ってしまいますが、楽は眠っていたようです。
 千棘は「キムチでもいい?」と聞こえていたらしく、意外と辛党だったのねと勝手に解釈します。
 
 次の日、千棘は「友だち」が「ある人」の前では胸がドキドキすると相談してきます。
 小咲は鶫のことではないかと考えつつ「それは恋ではないかと思われます」と言ってきました。
 千棘は内心で焦って「ありえないわよ」と考え、小咲は10年前も一緒に遊んでいたのかと考えます。

 「今度お礼にキムチ送るね」と言われた小咲は何のことなのかよくわかりませんでした。
 集は鶫やるりに埋められている一方で、千棘はどうしてこんなにドキドキするのかと考えます。
 千棘は一人で線香花火をしていて、楽に「こんなところで何やってんだ」と言われます。

 もし自分達が恋人だったらうまく言っていたのかと言われ、楽は千棘に何があったのかと考えます。
 楽は顔を赤くしながらもうまくいくはずがないと言い、千棘は「黙っててよ!」とぶち切れして去っていきます。
 以降は会話することなく新学期を迎え、文化祭では楽と千棘で「ロミオとジュリエット」をするとのことですが……

【感想等】
 いわゆる「水着回」ですが、万里花さん達のキャッキャウフフにドキドキしました。
 なにげに前回の恋むすびを大切に持っている千棘さんが素敵です。
 だんだん楽さんを意識する千棘さんですが、本当の恋になったらタイトルが変わるのかも。

 万里花さんや小咲さんの好感度はマックスで、千棘さんも攻略されつつある感じかと。
 「キスしてもいい?」が「キムチでもいい?」になってしまうのは笑ってしまいました。
 気がつけばあっという間に残り2話になりましたが、後は文化祭をやって終わりでしょうか。

【アニメ感想】ニセコイ 第17話「エンニチ」

 ニセコイの17話を見て感想を書かせていただきます。
 前回から夏休みに入り、今回は夏らしく縁日のお話となりました。
 最近出番のない鶫さんの出番も少しあるようですが……

【内容】
 夏祭りが行われ、楽は実家(極道)が出している店の手伝いをしていました。
 楽は「恋むすび」お守りを手に入れようと歩いていましたが、千棘にばったりぶつかってしまいます。
 組の者は店のことは任せてと言ってきて、楽は一瞬固まってしまいました。

 千棘は彼氏からおごってくれと言い、組の者はただでたこ焼きをくれました。
 全部ただだと聞いた千棘は楽をフリーパスの代わりにしようとしますが……
 浴衣姿の小咲は楽から隠れてしまい、そこに万里花が声をかけてきました。

 万里花は自分が断られたのに千棘と楽がデートしていることが不服のようです。
 楽はいつも千棘と一緒にいることを実感しますが、周囲に彼氏の方が冴えないと言われてショックを受けます。
 なんで浴衣じゃないのかという声を聞いた千棘は浴衣の方がいいのかと考えます。

 千棘は金魚すくいを失敗しますが、楽はすさまじい勢いで金魚をすくっていきました。
 組の者は楽に対抗するためにニシキゴイを入れていましたが、楽はそれすらもすくってしまいました。
 「恋むすび」の発売を前にすごい列が並んでいて、万里花は強引に道を切り開きます。

 楽はなんとか「恋むすび」を買えましたが、千棘とは離ればなれになってしまいました。
 千棘の手だと思って引っ張ったら小咲が出てきて、千棘は改めて浴衣の人が多いことに気づきます。
 楽は恋むすびを落としてしまいますが、それを拾おうとした千棘は下駄の鼻緒が切れます。

 小咲はおんぶしてもらって赤面しましたが、ねこが恋むすびを持っていってしまいます。
 その先には万里花がいて、楽は「じっとしてろ」と言ってきましたが、ねこには逃げられてしまいました。
 鶫は射的がうまくいかなかったものの、背後からねこがぶつかってきて、続いて楽が走ってきます。

 楽は情報提供料だと言って射的でキャラメルを落とし、集はナンパしようとしたらるりというオチでした。
 恋むすびを持っていたのは浴衣に着替えていた千棘であり、似合ってると言われた千棘は少し気をよくします。
 男性から女性にお守りを渡すのは「求婚」を意味するらしく、楽から渡された千棘は赤面するのでした。

 帯がほどけそうになりつつも「突然もらっても受け止められないわよ」と戸惑う千棘さん。
 恋むすびの意味を知った楽は慌ててプロポーズを否定しますが……

【感想等】
 縁日の夜店がヤクザという妙にリアルな設定は何といえばいいのかと。
 本作のヤクザは現実ほど危ない存在というわけではないようですが……
 縁日を全力で楽しむ千棘さんが可愛く、楽さんが金魚を捕ってくれたのが素敵です。

 みんなお守りの「恋むすび」がほしいようですが、お名前だけ聞いているとおむすびっぽく聞こえます。
 千棘さんが小咲さんになったのは笑いましたし、買った途端に御利益があったと思うと驚きです。
 楽さんが誰とくっつくのかわかりませんが、集さんはもうるりさんと付き合えばと思う今日この頃です。

【アニメ感想】ニセコイ 第16話「タイフウ」

 ニセコイの16話を見て感想を書かせていただきます。
 終業式が終わって夏休みになり、小咲さんの実家に行くこととなりました。
 ここから一気に小咲さんの好感度を上げていく感じなのでしょうか。

【内容】
 小咲はるりから進展がなかったことを責められ、自分から誘ってみたらどうかと言ってきます。
 少し遡って、終業式の日、小咲は週末は従業員が来られないからバイトをお願いできないかと聞いてきます。
 楽が意気揚々とやってきた先、小咲の実家では母親に「子供は飴でもなめてな」と言い放ちます。

 実力を示せ(意訳)と言われた楽は緊張しながらも和菓子を作ってきました。
 お菓子を食べたお母さんは「うちにお婿に来なさい」と言ってきて小咲は赤面します。
 そのお母さんが席を外したので小咲は楽に和菓子の作り方を教えていきます。

 小咲は肝心の料理は問題らしいですが、形を整えるのはうまくできるようです。
 楽はあまりの雰囲気の良さにこのまま幸せな家庭を築けるのではないかと考えます。
 常連客と思しき老人が出てきて小咲をデートに誘ってくるのは本気なのでしょうか。

 小咲は千棘とデートしているのかと聞いてきて、楽は否定しそうになりながらも恋人のふりを続けることに。
 しかし、千棘はすでに小咲から楽が恋人のふりをしていることを聞いていました。
 小咲はどうして楽が千棘のどアップ写真を隠していたのかと考え、楽は小咲に声をかけようとしてドキドキします。

 サブタイトルどおり台風が接近し、楽は帰れなくなったので小咲の家に泊まるようにと言われます。
 父親は帰ってこないし妹は寮生活をしていると聞いた楽は女の子と2人きりはまずいと帰ろうとしますが……
 小咲はいそいで自分の部屋を片付け、とっておきの服を着て、楽の写真を倒して隠します。

 楽は女の子の部屋に入ること自体がはじめてで、小咲の部屋に入るといい匂いが広がってきました。
 小咲は飲み物を持ってくると言って席を外し、楽は倒れていた写真立てを見ようとしたら小咲が戻ってきました。
 楽は中学の卒アルでもないかと言ってきて、半年前まで中学生だと思うと感慨深い気持ちになりました。

 どんな小さく写っていても楽には小咲がわかり、小咲も同様に楽が写っているのがわかるようです。
 小咲は中学時代に楽のことを好きだったという女の子を一人知っていると言いますが……
 楽はこの時間が永遠に続けばいいのに……とつぶやいていたらいつしか台風がやんでいました。

 帰宅することになった楽は次はいつ会えるんだろう……と考えると心残りになります。
 勇気を振り絞ってメアド交換することになり、小咲は「私のことだよ」と入力しようとして思いとどまります。
 楽は早速メールを送ったらすぐに「おやすみなさい」と返事が来てしまうのでした。

【感想等】
 小咲さんルートを進む……はずがそのお母さんのキャラクターに圧倒されました。
 大原さやかさんがお母さん役なのは定番なのですが、演技傾向が違うせいか気づきませんでした。
 何はともあれ親御さんの了解を得たことは大きな進歩なのかもしれません。

 2人で店番をやっているところは微笑ましく、台風という追い風が2人を後押ししているのかも。
 妹さんの話題がちらっと出てきますが、妹さんはたしか2期で出てきたような気がします。
 15話で万里花さん、16話で小咲さんのお話なら、17話では千棘さんがクローズアップされるのでしょうか。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム