【アニメ感想】新サクラ大戦 the Animation 第10話「帝都壊滅!?ツングースカの怒り」

 さくらさんの10話を見て感想を書かせていただきます。
 圧倒的な兵力を前にしてはさすがのさくらさんも厳しかったようです。
 ここからどうやって巻き返していくのか気になります。

【内容】
 巨大要塞を前にして、軍隊は国民を避難させるくらいしか出来ませんでした。
 さくらの機体は完全に破壊され、何とか動けるようにするのには司馬でも半日はかかるそうです。
 仲間達はさくらを心配し、さくらは機体が完全に駄目だと言われてショックを受けます。

 目を覚ましたクラーラは実家を再現した部屋にいましたが、クラーラは「幸せな時間は取り戻せないのよ」とひと言。
 クラーラはさくらが自分達を家族だと言ってくれたと主張しますが、レイラは人間と家族になれないと反論します。
 人間か降魔かなど関係ないというクラーラですが、レイラのこれまでの行動はただ妹を守りたかっただけとのことです。

 カミンスキーはレイラに「再調整が必要のようですね」と言い、クラーラには災厄が起こると言ってきます。
 「最終幕の鐘をならそう」と言って、世界中に発信して「新たなる支配者」の出現を目撃してもらうなどと言い出します。 
 彼は自らが「新たなる神」になると言い、ツングースカの怒りなるもので山を一つ吹き飛ばしてきました。

 カミンスキーは旧来の統治機構は不要だと言い、24時間以内に国家をはじめとする全ての組織の機能停止を求めます。
 華撃団連盟の理事の中にカミンスキーの傀儡が入り込んでいて、欧州各国は降伏する方向で意見がまとまっているそうです。
 さくらは旧式の機体で出撃するしかないと言い、誠十郎は白秋先生に自分が戻るまでさくら達を頼むと言ってきます。

 司馬は密かに作った「大弓ちゃん」という巨大なボウガンでさくら達の機体を射出することになりました。
 白秋はわざわざ白マントの姿になって一緒についてくるらしく、ロケットのようなものに乗ってさくらについていくことに。
 さくら達は敵要塞に殴り込みをかけ、カミンスキーはロボットの華撃団員を出してさくら達の動きを止めます。

 1体でも苦労した相手がたくさん出てきますが、さくら達は白秋につづいて戦闘を開始します。
 白秋はさくら達に戦闘をまかせて「ツングースカの怒り」の破壊に向かうことになりました。
 カミンスキーはクラーラを降魔人間の最高傑作だと言い、レイラは複雑な心境を浮かべます。

 さくら達は偽モスクワ華撃団を次々と倒していきますが、増援が次々と出るからきりがありません。
 旧式の機体は限界を迎えますが、さくらはクラーラを助けずに撤退は出来ないと訴えます。
 仲間がさくらの分も戦おうと奮起し、さくらの必死の戦いぶりにすみれはかつての戦友を思い出します。

 すみれは「あの機体」を使う覚悟があるかと言い、必ず無事に帰ってきなさいと言ってある機体を射出します。
 さくらは新たな機体に乗り換え、大切な家族を守りたいというその思いに機体が応えます。
 新たな機体は圧倒的な実力で敵を倒し、さくらは改めてこのままクラーラの元に向かうことを決意します。

【感想等】
 すでに収録を終えているのか、この時期でも総集編すらなのはすごいです。
 オープニングを見るとさくらさんが生身で戦っているシーンがあったのが気になります。
 全力を使い果たして最後は殴り合いになるような、そういった展開になるのかも。

 時折、事案っぽく見えるのは抜きにしても、カミンスキーさんがムスカさんの焼き直しに見えてきました。
 1話を見てミュージカルアニメだと思っていたのが遠い昔のことのように思えました。
 残り2話でカミンスキーさんを倒してクラーラさんを救ったら、最後は公演を流して終わるのでしょうか。

【アニメ感想】新サクラ大戦 the Animation 第9話「驚天動地!クラーラの真実」

 サクラさんの9話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はクラーラさんから羽根が生えてどこかに行ってしまいました。
 さくらさん達は彼女を連れ戻すことが出来るのでしょうか。

【内容】
 姿を消したクラーラの行方はつかめず、そこに欧州にいる誠十郎から連絡が入ります。
 オープニングの後、レイラは妹のことを考えていてカミンスキーが声をかけてきます。
 彼らはダンスをしながら自分が海の中にいてレイラとクラーラが姉妹だと説明してきました。

 カミンスキーが青い石を使ってレイラを使役し、目を覚ましたクラーラは白秋先生の孤児院にいました。
 クラーラはもう帝国華撃団には戻れないと言いますが、白秋はここの子はクラーラを迷惑だとは思わないと言ってきます。
 誠十郎はロシア各地を巡ってモスクワ華撃団のメンバーが全員死亡していることを確認していました。

 ロシアで降魔の研究をしていたナターリャは人間と降魔とを掛け合わせて「降魔人間」を作り出したと言ってきます。
 カミンスキーは研究を手伝いたいと言ってきますが、彼は世界を我が物にするというどす黒い野望を秘めていました。
 モスクワ華撃団はクラーラを受け取ろうと指定の場所に現れ、例の惨劇が起こって全滅してしまったそうです。

 カミンスキーはクラーラの確保に失敗し、ナターリャはクラーラの正体を隠して帝国華撃団に彼女の保護を要請したとのこと。
 人間と降魔との共存には時間がかかり、白秋は人間の子供と降魔の子供とを引き取って一緒に育てているそうです。
 さくらはクラーラの正体を知っても「おかえり」と言いたいと言い、クラーラも自分の覚悟を決めますが……

 カミンスキーに操られたレイラが現れ、子供たちを人質にクラーラを無理矢理連れていってしまいました。
 海からカミンスキーが現れますが、ちょうどいいタイミングでロボットの修理も終わっていたのでさくら達が出撃します。 
 さくらたちとレイラ率いる「偽」モスクワ華撃団との戦いが始まりますが、そこに白マントが助けにやって来ます。

 レイラは黒い翼を生やしてその正体をあらわし、クラーラも自分と同じ降魔人間だと言い放ちます。
 白マントは大切なのは誰がクラーラを必要としているかだと言い、わざわざ自分から正体を明かしてきました。
 クラーラはさくらの元に戻っていこうとしますが、カミンスキーが横槍を入れてさくらは機体を攻撃されます。

 さくらを救うために力を解放しようとしたクラーラはうまくいかず、白秋はさくらを連れて脱出します。
 敵の容赦ない攻撃が続き、レイラは無理矢理にクラーラを奪って去っていきました。

【感想等】
 昨日は寝る直前にセラムンを見ていたので、スミレさんにレイさんの姿が微妙に重なります。
 気づいたら5月も終わりですが、ここまで再放送なしできているのは実際すごいと思います。
 ちなみにカミンスキーさんが色々と説明するときに踊っているのは彼の趣味なのでしょうか。

 レイラさんとクラーラさん……語尾が同じなのでもっと早く姉妹と気づくべきだったのかも。
 時折コミカルな動きを見せていたカミンスキーさんが世界征服を企んでいるとはちょっと驚きでした。
 白マントさんにタキシード仮面と同じ何かを感じつつ、残り3話か4話、最後まで走り抜けたいです。

【アニメ感想】新サクラ大戦 the Animation 第8話「波瀾万丈!華撃団対戦」

 サクラさんの8話を見て感想を書かせていただきます。
 クラーラさんをかけてカミンスキーさんと戦うことになりましたが……
 彼らが執拗にクラーラさんを狙うのはいったいどうしてなのでしょうか。

【内容】
 カミンスキーは翼の生えた少女(レイラ)に「君は美しい」と口説いていました。
 夢から覚めたレイラにカミンスキーは「妹」を取り戻すと言いますが……
 オープニングの後、クラーラをかけてモスクワ華撃団といきなりの華撃団勝負となりました。

 勝負はコロナウィルスのせいなのか「無観客試合」となり、世界に各地に配信されるとのこと。
 クラーラは「私のせいで……」と言いますが、初穂は「俺達は家族だろ」と言ってきました。
 まずは「踊り勝負」ということで神職の初穂が出てきて巫女の舞を見せていきなりサクラの花が咲きます。

 初穂は「会心の出来」と勝利を確信しますが、続いて出てきたレイラは優雅ながらも悲しいダンスを見せてきました。
 技術点は互角でしたが、芸術点で大差をつけられてレイラが勝ってしまいました。
 次はあざみがパン食い競争をすることになりましたが、カミンスキーはここで「棄権」しつつも煽ってきます。

 カミンスキーは「ラストステージこそ我が野望の鐘を鳴らす最高の舞台」と言って不敵な笑みを浮かべます。
 最終戦は模擬戦で決着がつけることになり、3対3で塔の上にいるクラーラを救出するというものです。
 レイラは一歩も動かないのが不気味ですが、あざみや初穂が敵と戦う間にさくらが塔へと進んでいきます。

 さくらがクラーラを助けたかと思いきや、あざみ達が倒したはずの2体で同時に攻撃されてどったんばったん大騒ぎです。
 「始まりの鐘を鳴らすのです」と言われたところで急にクラーラの目が光って電源が落ちます。
 相手は実弾を撃ってあざみを倒し、カミンスキーの部屋に飛び込んだら黒マントがその姿を現わします。

 さくらは敵にボロボロにされながらもクラーラを守ろうとし、レイラは翼を生やして自分がクラーラの姉だと言い出します。
 またもクラーラが光ったかと思えば、カミンスキーは真なる平等の世界が生み出される時が来たと叫び出します。
 クラーラには真っ白い羽根が生えていて、さくらを一目見て飛び去っていきましたが……

【感想等】
 1クールという限られた期間とはいえ、ここまで放送休止もなく続いていることは立派です。
 レイラさんの過去を含めて一気にお話が動いて、最後は黒幕が出てきて共闘する流れではと思います。
 「私のために争わないで!」というのをちょっとやってみたいと思ったのはここだけの話です。

 色々な種目で戦うのはミニゲーム集みたいで楽しそうですが、レイラさんが全部戦うのは少し酷ではないかと。
 時間の都合もあるとは思いますがパン食い競争も見てみたかったのは私だけではないはず。
 クラーラさんが時々チノちゃんに見えてきたりしますが、とりあえず次回はクラーラさんを説得して連れ戻すと思います。

【アニメ感想】新サクラ大戦 the Animation 第7話「隠密作戦!デートを追え」

 さくらさんの7話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はさくらさんと誠十郎さんがデートをするお話らしいです。
 十中八九、途中で降魔が出てきてうやむやにされそうですが……

【内容】
 ヨーロッパから誠十郎が戻ってきますが、さくらよりも先にクラーラが抱きついてきます。
 誠十郎はすみれから話を聞いたものの「奴ら」とは一体何者なのでしょうか。
 連盟本部には怪しい動きがあり、カミンスキーに関する書類はすでに破棄されていたとのこと。

 行方不明になった試作機がモスクワに運び込まれたという知らせが気になるところです。
 さくらは誠十郎を元気づけようと和食を作っていて、誠十郎との夫婦生活を妄想していましたが……
 他のメンバーも料理を作っていて、誠十郎は各隊員から大量の料理を出されて戸惑ってしまいます。

 誠十郎はみんなで食べないかと言ってその場をおさめ、全員で食事をすることとなりました。
 カミンスキーは探りを入れられたことを知って「次のステップに進みますよ」と意味深なことを言います。
 その夜、誠十郎はさくらを呼び出し、すみれが連日根回しをしていることが明らかになります。

 誠十郎はもう一度欧州に戻ると言い、さくらが隊長代理としてがんばってきたことに感謝します。
 次の日、さくらと誠十郎はデートをすることになり、さくらはクラーラを一緒に連れていくことにしました。
 クラリス達はデートを察知して「ぬけがけ」を嘆き、帝国華撃団の総力を挙げて尾行を開始します。

 さくら、誠十郎、クラーラは花やしきにやってきますが、そこで白秋先生が子供達とともに現れます。
 白秋はクラーラを見て「家族サービスか」と言いつつ、背後に尾行がついていると忠告してきました。
 「デートは他の場所がいいんじゃないかな」と言われたのでさくらは2人を連れて移動することに。

 さくら達はカミンスキー、レイラとぶつかってしまいますが、どうやら彼らもまた尾行をしているようです。
 誠十郎は「船着き場で会おう」と言ってさくら、クラーラと離れ、クラリス達は人混みでわからなくなってきます。
 約束どおり船着き場で合流したさくら達は花組の護衛をまいたものの今度はカミンスキーが走ってきます。

 カミンスキーは船に飛びつこうとして川に落ちてしまい、浮き輪を投げつけられて助けられます。
 初穂達は尾行を切り上げて移動してしまい、司馬は「他人を頼ったのは間違いだった」と自ら動こうとしますが……
 すみれに怒られた司馬は「いやーん!」と叫び、カミンスキーは濡れてしまったレイラを体熱で暖めます。 

 誠十郎は欧州に行くことを再度伝え、さくらは誠十郎が自分を見込んでくれたことに感謝します。
 鈴(?)をもらったさくらは笑顔を見せる一方、すみれの元に一枚の写真が届きます。

【感想等】
 さくらさんより先にクラーラさんが抱きついてきても、小さい子なら仕方ないのかもしれません。
 クラーラさんが誠十郎さんに恋愛感情を抱いているとも思えませんし……
 そういえばすみれさんの中の人がセーラームーンのレイさんと同じことにようやく気づきました。

 ロボットアニメがいつしか飯テロアニメになり、接待を受ける誠十郎さんはギャルゲーの主人公のようです。
 さくらさん達3人を見ていると(デートとしては微妙でも)親子を見ているようで微笑ましいです。
 カミンスキーさんがドボンするところを見て彼らが悪人とは思えないのですが、これから一体どうなっていくのでしょうか。

【アニメ感想】新サクラ大戦 the Animation 第6話「奇々怪々!黒マントの正体」

 サクラさんの6話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はお師匠様がわざわざ帝劇を尋ねてこられるそうですが……
 サブタイトルだけ見たらお師匠様が黒マントの正体に思えるかも。

【内容】
 「師匠」にあたる村雨白秋がさくら達を尋ねて来て、彼女はクラーラのことをもう知っていました。
 白秋は孤児院の子供が増えたから物置を居室にするのを手伝ってもらおうとします。
 クラーラは「さくらと出かけられるのがうれしい」と言い、さくらもちょっとデレてきたようです。

 初穂の実家は神社であり、白秋の家はお寺で、欧州の人にはちょっとわかりにくいです。
 孤児と思しき子供達は白秋に駆け寄ってきて、さらにクラーラに興味を持って話しかけてきました。
 黒マントが白秋達のやりとりをストーカーしていて、カミンスキーは「まさか……」とつぶやきます。

 さくら、クラーラは物置の整理を手伝っていて、住職は白秋の知り合いで身よりのない人を放置できない人なのだとか。
 白秋は「君は今幸せかい?」と聞いてきて、物音がしたので「思ったよりも早かった」と何かを知っているようです。
 黒マントが出てきたと思ったら、匿名の通報があったからと初穂達が出てきてさくらの機体まで準備してきました。

 クラーラは物置に避難するようにと言われ、孤児のナオヤは白秋が自分に名前をつけてくれたと言ってきます。
 数体のロボットで攻撃を仕掛けたものの黒マントはそもそも人間ですらなく、ハッチを素手で破壊しようとしてきました。 
 クラーラは「私は帝国華撃団の一員だから」と言ってナオヤと一緒に子供を探しに向かいますが……

 黒マントが巨大な姿に変身する一方、白マントが応戦し、カミンスキーは「やはり彼女か」とつぶやきます。
 白マントはコアを破壊したら動きを止められると言ってきて、さくら達は一斉攻撃したら敵は大きな音と共に爆発します。
 クラーラは爆発音を聞いてトラウマを思い出して倒れ、カミンスキーはレイラに抱きついてそれを眺めていました。

 白秋はこれまでの経緯から黒マントの狙いがクラーラだと考え、わざわざ外出させておとりにしたことを告白します。
 さくらはどうして白秋がクラーラを狙っているのかと聞きますが、師匠というのは弟子の状況を把握しているものらしいです。
 一同は改めてクラーラのことを守ると決意し、白秋は「全てはその先にある」と言って去っていきました。

 別のところではカミンスキーが謎のダンスを踊りながら過去のことを思い出していました。
 「偽りの神よ」「あなたはこの世界に不要」と一体何を言っているのでしょうか。

【感想等】
 半数近くのアニメにコロナの影響が出ている中でも放送が続いているのはすごいと思います。
 単純に撮影が終わっているだけなのかもしれませんが……
 キャストが全体的に豪華な中でも沢城みゆきさんの演技の幅には相変わらず驚かされます。

 演劇の世界は華やかなのですが、孤児院の子供が増えたというところに社会の闇を感じます。
 ナオヤさんが年齢の割に達観しているのを見ると私もしっかりしないと……と思えてきました。
 白マントさんが白秋さんなのは言うまでもないとして、どうしてコア云々を知っているのでしょうか。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム