【アニメ感想】神之塔 -Tower of God- 第10話「悲しみの先に」

 神之塔の10話を見て感想を書かせていただきます。
 夜さんと再開したものの重傷を負ったラヘルさんは一体何を思うのでしょうか。
 サブタイトルの「悲しみ」の時点で永遠の別れを連想してしまう私です。

【内容】
 ラークはのろま亀が消えたと言いますが、エンドロシはあいつのことは知らないとひと言。
 クンはホーを心配するようにと言われていて、彼をリストから外していました。
 作戦は完璧だったはずが、何にも変わっていないじゃないかと思わず自嘲してしまいます。

 ラークが小さくなっていて、話を聞くと小さくされてしまったようです。
 クンは夜は上には進まないと言いますが、ラークは本当にそれでいいのかと反論します。
 夜はラヘルが歩けなくなったと言いつつ彼女の足になって塔を登ると言ってきます。

 「お願い」があるというので話を聞くと、みんなでホーを弔って最後は乾杯(?)します。
 ラヘルはどうしても星を見たいから夜を捨てたと言い、自分を捨ててもいいのだと言ってきました。
 夜は裏切ったとも言えるラヘルを許し、他のメンバーはお酒を飲んで酔っ払っていました。

 シビスは別れ際にナイフをもらい、クンは試験官のレロ・ローに声をかけてきました。
 別のところではアイテムを手に入れようとする「レン」が暗躍していました。
 「塔を登りたいか」というメモをホーに渡したのは一体何者なのでしょうか。

 合格発表はエンドロシ、アナク、ラーク、シビス、ハツ、夜、ラウレ、クンが残り、ラヘルは負傷で失格になります。
 不満を述べた男は神の水でボコボコにされ、クンは直接管理人の試験を受けさせろと言ってきます。
 夜は非選別者だから管理人に会わせてほしいと言い、仲間達は色々と言いつつも夜に協力するのでした。

【感想等】
 チョコバーで癒し要員だったラークさんが小さくなってちょっと可愛くなりました。
 ラヘルさんが歩けなくなったと言いつつも、彼女の足になろうとする夜さんが健気で泣けてきます。
 それに付き合うクンさんもラークさんも実はいい人で実にいいチームになったと思います。

 自分を殺そうとした相手を見送り、自分を見捨てた相手を許す夜さんに本当の強さを見たような気がします。
 敵対した相手がみんなでお酒を飲んでいるシーンを見るとどんな相手でもわかり合えるように思えました。
 残り2話前後でどこまで進むのかわかりませんが、最後は2期制作決定で締めくくってほしいなと思います。

【アニメ感想】神之塔 -Tower of God- 第9話「片角の鬼」

 神之塔の9話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトによると今回はエンドロシさんの過去が語られるようです。
 サブタイトルを見てリゼロのレムさんが頭に浮かんだのは私だけではないかも。

【内容】
 エンドロシは「作戦大成功」と言って自分の過去を語り出します。
 一族からザハードの姫を輩出するために養子を取り、才能ある姉妹を競争させてきたそうですが……
 姉達を殺害したことを示唆しつつも「物語は繰り返す」などと言ってチームメイトを倒してきます。

 エンドロシは夜にラヘルの元へ行けと言い、ハツは「手柄をやる」と言って自分がランカーと戦うことに。
 ほしいものを手に入れるために(人を蹴落とすことも必要)と言っているエンドロシは不意打ちを食らいます。
 ランカーのクォントはハツの攻撃を切り抜け、チームメイトは「天才だな」と言ってハツを見捨てます。

 クォントは「ろくな死に方しねえぞ」と裏切ったチームメイトを攻撃し、夜はエンドロシをかばって倒れます。
 ホーはラヘルを呼び出して「あなたを消せば夜が消える」と言ってテレビの映像が消えます。
 クンはラウレのように眠ってしまい、夜は「僕がラヘルを守る」と立ち上がり、エンドロシは自分を攻撃する敵と戦います。

 クォントは「うるせえ!」と言ってきたら、ホーは「何かがおかしい」とつぶやき、そこに夜がやってきます。
 ホーは「ハメられた?」と言いつつもラヘルを人質にして夜が全部悪いと言い出します。
 クォントは夜の動きを止めて去っていき、ラヘルは取っ組み合いで刃物を刺され、夜はクォントと同じ技でホーを倒します。

 ホーは「全部持っている者の理屈だ」と涙を流し、自分は誰も守れなかったと言い出します。
 「あなたが憎かった」とホーは自分にナイフを突き立て、エンドロシはこれ以上犠牲を増やしてもいいのかとひと言。
 後悔しないように前に進むと言われた夜は一体何を思うのでしょうか。

 エンドロシとクォントが戦うことになり、夜が背後からクォントの動きを封じてきました。
 あっという間にクォントのパンツとバッジを奪ってしまいました。
 ラークは相変わらず食べているだけですが、大けがをしたラヘルはどうなるのでしょうか。
 
【感想等】
 アナクさんもエンドロシさんも、ザハードの姫を名乗るにはつらい過去が必要なのかも。
 話数的に夜さんがラヘルさんと再会して会話して一つの区切りなのかもしれません。
 すでに塔を登ったエンドロシさんがわざわざ塔を登る理由もそのうち明かされるのでしょうか。

 たくさんのキャラクターがそれぞれの思惑で動き、お話は複雑に動いてきたように思えます。
 さすがの夜さんでもホーさんに使われてクォントさんと戦うのは流石に無謀すぎたようです。
 登場人物の過去がいずれも壮絶なものであり、最終的には誰が生き残るのかわかりません。

【アニメ感想】神之塔 -Tower of God- 第8話「クンの策略」

 神之塔の8話を見て感想を書かせていただきます。
 ランカーさんがあまりに強すぎてさすがのクンさんも動揺を隠せないようです。
 クンさんはどんな策略でこの窮地を脱することができるのでしょうか。

【内容】
 クォントはアナク達を相手に圧倒的な力を見せ、クンはどや顔で何かを考えついた模様です。
 Bチームのエンドロシはメンバーを見回して夜に声をかけますが、夜はミシェルの方が気になる模様です。
 アナクはエレベーターで上に上がり、最上階ではプレイヤーがクォントを取り囲みますが……

 クォントは捜索者が多勢に無勢になることが多いと言い、姿を消して1人ずつやっつけていきます。
 エンドロシはもしAチームが勝ち残ったら夜が落第すると言いますが、夜はミシェルのことが気になっていました。
 ラウルはもう眠っているようで、すでに合格したラークはチョコバーを大量に食べていました。

 ラークは「きっと何か企みがあるはずだ」とクンを評価しつつもチョコバーのおかわりを要求します。
 シビスはクォントに背後を取られながらもしつこくしつこくクォントの足止めをします。
 クンはクォントと対峙して話を続けていき、アナクを「箱」に入れて待っているだけでいいと言ってきます。

 クォントはクンを引きずり下ろそうとしますが、それすらも読めていて、さらにそこにはアナクが待機していました。
 アナクはこのまま勝利を確信しますが、クォントに最後の最後に逆転を許してしまいます。
 クンは周りに励まされてちょっとデレてきますが、実は上に上がらせてきたのはクン達というオチでした。

 今度は夜を含むBチームの番になりますが、クンはチームよりも8人の仲間を優先していたようです。
 エンドロシは自分がリーダーをすると言いますが、一部の槍使いはAチームで無理だった鬼をつかまえようと考えます。
 鬼が迫ってくる中、夜達はどのようにこの窮地を乗り切るのでしょうか。

【感想等】
 ザハードの姫の話題からラヘルさんのこと、次々と出てくるキャラ……と1クールでは終わらなさそうです。
 そもそも海外原作の作品できれいに終わった作品ってあまりなかったような……
 クォントさんも相当につわもののようですし、試験官とザハードの姫とどちらが強いのか気になります。

 キャラクターが次々と動く中でラークさんがチョコバーを食べるシーンが妙に印象に残りました。
 クンさんの策は実に見事でしたが、8人の友だち作りがこんなところで影響するとは思いませんでした。
 次で夜さんのチームが試験を受けたとして、残り3話前後で塔を登り切れるとはとても思えません。

【アニメ感想】神之塔 第6話「ポジション分け」

 神之塔の6話を見て感想を書かせていただきます。
 突然出てきたラヘルさんは夜さんに何を伝えようとしているのでしょうか。
 「ポジション」というのもタイトルだけではよくわかりません。

【内容】
 ラヘルは星を見たいからと塔に登り、自分は夜を見捨てたと言い、自分は夜のそばにはいられないと言ってきました。
 一緒にいたら互いに弱みになるからというラヘルに、クンは「自分のためだろ」と言い、ラークは彼なりに夜を心配していました。
 アナクが言うには武器が女の言うことを聞かないらしく、男性のシビスが話しかけたものの「イケメンに限る」と言われてしまいます。

 ユリがアナクの前に姿を現わして「忠告」し、クンはラヘルを夜に近づけたくないとつぶやきます。
 第四試験は「ポジション」の選別後に行われ、釣り師、槍使い、灯台守、捜索者、波使いを選んで教育を受けるとのこと。
 波使いの教官が来るのが遅れているので夜の教育は明日かららしく、クンはラヘルとの約束どおり彼女は別人だったと伝えます。

 クンは夜を自分と同じ目に遭わせたくないと考え、ラヘルはクンに会いたくないのではと嘘をついて、夜に強くなることを促します。
 夜は「波使い」の教育を受けることになりますが、どこからか謎の声が聞こえてきて、俺と契約したいかと聞いてきます。
 「契約ではなく足かせだ」と言われながらも契約した夜は疲労が蓄積し、他のチームの波使いとも会話を交わします。

 ラークは遠いところに槍を飛ばすという条件に苦戦しているらしく、俺は野性に還ると言って去っていったそうです。
 ラヘルは夜の周りに仲間ができて自分を置いていく夢を見て、エンドロシはスペシャルランチを頼んで夜に声をかけてきました。
 捜索者の試験は「友だち作り」で一週間で9人作るらしく、シビスやハツはアナクと縁を切ったと言ってきました。

 エンドロシはイケメンとは仲良くなると言いますが、シビスは「無理」「恋愛禁止」などと言ってきました。
 アナクは「黒の三月は返さんぞ」と言ってきますが、ザハードの姫は姉妹関係ではなくてブランド靴らしいです。
 謎の空間では8人になるまでつぶし合えと言われ、アナクはエンドロシに攻撃を仕掛けてきて「全員偽物だろう」と言ってきます。

 クンはパソコンのようなもので色々と調べていて、ラークはいつの間にか試験を突破していたことがわかります。
 夜はアナクの過去について調べてとっくに死んでいることがわかり、エンドロシはアナクを倒して「姉さんの忘れ形見なのね」とつぶやきます。
 アナクの母親は妹達に殺されたらしく、アナクはザハードの名を持つ全ての姫を殺して復讐を完成させると宣言します。

【感想等】
 もっと塔を登ってからラヘルさんが登場するものと思っていたら、話数的に中盤で向こうの方からやってくるのは驚きでした。
 他人のことに無関心だったクンさんがいつしか夜さんを心配するようになり、少しずつ人間的な魅力を増してきたように思えます。
 問題のポジションについては槍使い以外が他になかなか聞かれないのですが、このあたりはお国柄なのでしょうか。

 敵味方に分かれるはずがケンカ仲間みたいになっていて、これからどうなるのかますます先が読めなくなってきました。
 ラヘルさんとはいずれ再会するとは思いますが、時期が時期だけに最後までお話ができるのか少し不安があります。
 ブランド靴という例えの後は過酷なサバイバルが待っていましたが、アナクさんの重すぎる過去がお話を変えていくのでしょうか。

【アニメ感想】神之塔 -Tower of God- 第5話「王冠の行方」

 神之塔の5話を見て感想を書かせていただきます。
 王冠を守る夜さんの前にある一団が襲いかかります。
 夜さん達は王冠を守り抜くことが出来るのでしょうか。

【内容】
 夜はあっという間に玉座に座り、クンは同じような王冠をたくさん出して周囲を混乱させます。
 かばんにはコピー能力があるらしく、最初に投げたものは偽物だったようです。
 ラークは飛びかかってくる相手を吹き飛ばし、ここで三回戦が終了して四回戦の参加者を募集します。

 「まだ夢を見させてあげる」という女性と監視者の「ここからが本番だ」という発言が続きます。
 クンのかばんは何でもコピー出来るというよりもコピー「も」出来るかばんなのだとか。
 相手は3チームに留まりますが、髪を結んだクンは「戦う必要はない」といきなり夜の膝枕で眠りはじめます。

 3つのチームは共闘するはずが互いにいがみ合い、クンは「話を通しておいた」と言ってきます。
 髪を縛るのが協力を求める合図であり、四回戦も協力者のおかげもあって勝利しますが……
 最終戦では色々なチームが出てきますが、夜はある一人の少女のことが気になるようです。

 黒いタイツの女(?)が次々と他の参加者を倒してラークを通じて夜に襲いかかります。
 タイツとエンドロシが戦う一方で、ラヘルと思しき女性の声で「王冠は奪わないから」と聞こえてきました。
 エンドロシは「さっさと殺されなさい」と言っていましたが体勢を崩してしまいました。

 夜は目の前でラヘルが吹き飛ばされてたのを見て思わず飛び出してしまいました。
 大量の「神の水」を噴出して仮面の女を圧倒しますが、夜の三月が自ら出てきて夜を止めてきます。
 別のところにいたユリは夜に会いたがっているようで、レロ・ローは本当の狙いを聞きたいとひと言。

 レロ・ローは面識がある者は一緒に試験を受けられない決まりになっていると言ってきます。
 総試験官は自分達の目的は危険な力を持つ者を排除するのが本来の目的だと言ってきますが……
 レロ・ローは夜が塔を危険にするのではと考え、クンの前にラヘルが現れます。

【感想等】
 クンさんもラークさんもかなり強いようで、同時に漫才のようなやりとりも素敵だと思います。
 ポニーテールのクンさんもいいなと思いましたが、それが意外な伏線になろうとは……
 キャラクタが次から次と出てきたら誰が誰だかよくわからなくなってしまいました。

 エンドロシさんの底知れない強さで一気にけりをつける……というわけにはいきませんでした。
 塔を登ったはずのラヘルさんとの思わぬ再会は一体何を意味するのでしょうか。
 お話が進めば進むほどに謎が深まっていきますが、最後までしっかり見ていきたいです。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム