【アニメ感想】キラッとプリ☆チャン 第102話「キラッとつながる!それがプリ☆チャン!だもん!」

 プリチャンさんの102話を見て感想を書かせていただきます。
 奇跡が起こってプリチャンの危機が去り、ちょうど今年度最後のお話となりました。
 旅立ちという名目で旧キャラが去って来週からまた新キャラが出るのでしょうか。

【内容】
 みらいにだいあ(虹ノ咲さん)から連絡が入り、小さなだいあも元気そうで何よりでした。
 だいあはミラノに留学してしまいますが、えもは「北海道(ふらの)って遠いよね」と言い出します。
 キラ宿のみんなは元気で、まりあ、すずにはブロードウェイから誘いに応じるようです。

 リングマリィのお別れライブが行われ、まりあの両親やすずの兄が見送りにやって来ました。
 すず、まりあは最後にあいさつをしますが、みらいの変顔を見て素敵な笑顔を浮かべます。
 えもの応援を受けてまりあ、すずがライブを行い、新キャラがキラ宿に行くと言って出てきました。

 みらい達は「キラ散歩を楽しもう」と公園にやってきて、だいあとはじめて出会ったことを思い出します。
 ユズルが手紙を届けてきてなる店長も異動(?)するようですが……
 みらい達はハート型のアイスを食べたり、本屋さんを訪ねたり、まりあやすずのことを思い出します。

 だいあはわざわざみらいに連絡をよこしてきて、どんなに離れていても心がつながっているとひと言。
 ジュエルが光ったのでみらい、だいあが同じステージに立ち、いつかまた会おうと言ってきます。
 すず、まりあはブロードウェイに立ち、なるがニューヨークに行ったことでユズルが店長になるのでした。

【感想等】
 ここたまやアイカツがWEBアニメに移行する中、枠を維持しているのはすごいと思います。
 キラ宿は架空の場所だと思われますが、ミラノやふらのという実在地名があるのがややこしいかも。
 2年目のキャラがここで離脱したものの、3年目が半分くらいすれば戻ってきそうな気がします。

 まりあさんの前向きなキャラが好きでしたが、彼女の目が時折、洗脳されているように見えました。
 ずっとだいあさんを見守ってきた身としては彼女の成長に涙が浮かんできました。
 次回から新キャラを交えて3年目がはじまるそうですが、Vチューバーの次は何のお話になるのでしょうか。

【アニメ感想】キラッとプリ☆チャン 第101話「だいあが守る!みんなのプリ☆チャン!だもん!」

 プリチャンさんの101話を見て感想を書かせていただきます。
 だいあさんを浄化したものの、今度は衛星がキラ宿に落下してくるのだとか。
 こうなったらνガンダムのように押し返すしかないかもしれません。

【内容】
 みらいは虹ノ咲さんと一緒に戻ってきたものの、ダイヤモンドコーデは力を使い果たして消滅します。
 元のだいあが戻ってきてこれで全てがうまくいったかと思われましたが……
 生き残ったバグッ虫がプリチャン衛星を乗っ取り、軌道を変更させてこのままではキラ宿に落下するそうです。

 ユズルはアイドル達を呼びだして手品を見せ、入れ替わりで出てきたアンジュも同じことをしてきます。
 プリチャン衛星は世界中に配信するための衛星らしく、落とされれば配信が出来なくなってしまうそうです。
 キラ宿の地下にはサーバーがあり、落下すればプリチャンの形跡を跡形もなく消滅してしまうのだとか。

 責任を感じただいあは自分がなんとかすると言い、バグッ虫に一気に向かっていったものの押さえ込まれます。
 えもはライブをするしかないと言い出し、みんなの応援のおかげでだいあが復活します。
 みんなの応援の力でダイヤモンドコーデが復活し、コーデをまとっただいあはバグッ虫を抱きしめて浄化します。

 衛星の落下は阻止されてキラ宿が救われ、あいらは「女の子の本気のお願いは絶対に叶う」とひと言。
 だいあは疲れてしまったと言って消滅したかと思ったらちっちゃくなってまた出てきます。
 虹ノ咲だいあとバーチャルアイドルのだいあは抱き合って、これで全てが丸く収まったようです。

【感想等】
 もうすぐ2年目も終わりだと思うと、今のオープニングもそろそろ聴き納めかもしれません。
 2年目は「虹ノ咲だいあ」という人物を通じて、ぼっちでも輝くことが出来ると言いたかったのでしょうか。
 隕石が落下したら人命も失われるはずですが、それよりプリチャンを優先するのは様式美かと。

 ライブの力を送るのは「元気玉」で、ダイヤモンドコーデが黄金聖衣だと考えるとわかりやすいかも。
 ハグで浄化するのは想定外でしたが、だいあさんとだいあさんはちょっとややこしいです。
 筆写の本気のお願いが叶うのかどうかわかりませんが、次回でしっかり締めくくってほしいなと思います。

【アニメ感想】キラッとプリ☆チャン 第100話「お願い、ダイヤモンドコーデ! 届け、私たちの思い!」

 プリチャンさんの100話を見て感想を書かせていただきます。
 ジュエルコレクションが終わったものの、プリチャンさんはもうちっとだけ続くようです。
 みらいさん達は闇墜ちしただいあさんを救うことは出来るのでしょうか。

【内容】
 だいあから突然黒いものが噴出し、パクトもコーデも無効化されてしまいます。
 女の子達は「プリチャン出来ない!」とわめき、どうやら世界中のプリチャンが使えなくなった模様です。
 虹ノ咲さんはだいあに呼びかけますが、自分はもう要らないと言ってきました。

 ヘリで接近しようとしたもののうまくいかずジェットボードですらうまくいきませんでした。
 バグバグッチュウはだいあの「心の殻」らしく、虹ノ咲さんの気持ちが自意識を生まれさせたそうです。
 虹ノ咲さんはこれまで自分のことしか考えてこなかったと謝罪しますが……

 なるはみらい達ならなんとかしてくれると言いますが、まりあは気絶して他のメンバーも力尽きます。
 みらいはコーデの声が聞こえたと言い出し、キラッチュはだいあからもらったパワーがあるから動けるのだとか。
 コーデを纏ったみらいは虹ノ咲さんとともに空を飛び、虹ノ咲さんはだいあと同じ姿になります。

 黒い固まりの中に入ったみらい、虹ノ咲さんは真っ黒い宝石のようなものに引きこもっただいあを発見します。
 虹ノ咲さんはお話の結末を知った今こそその「続きの歌」を送ると言ってライブをやってきました。
 だいあは「だいあと友だちになるために生まれた」と言い、虹ノ咲さんがぼっちじゃなくなったことで必要なくなったと主張します。

 突然にコーデがだいあに飛んでいき、だいあは元の姿に戻っていました。
 虹ノ咲さんがだいあに抱きついてキラ宿が元に戻り、ダイヤモンドコーデは力を使い果たして消滅します。
 最後はみんなで抱き合って全て綺麗に終わったと思われましたが……

【感想等】
 突然の緊急事態にも「プリチャン出来ない!」と言っているあたりはまだ平和なのかも。
 虹ノ咲さんが自立したことでだいあさんが暴走した遠因ではないかと推測します。
 緊急事態でも妖怪大同盟に比べればまだなんとかなりそうな気がするのは私だけでしょうか。

 キラッチュさんが決め手になるのならシルクちゃんも……とちょっと思ってしまいました。
 だんだん展開が現実離れしてきましたが、現実離れは今に始まったことではないのかもしれません。
 だいあとだいあでややこしいのはさておき、次回はアクシズが落ちてくるのでしょうか。

【アニメ感想】キラッとプリ☆チャン 第99話「いよいよ決着!ジュエルコレクション!!!だよん!」

 プリチャンさんの99話を見て感想を書きます。
 前々回から続くジュエルコレクションもついに決着の時を迎えます。
 最後に笑うのは一体誰なのか、わたし、気になります!

【内容】
 ジュエルコレクションの残りは虹ノ咲さん、みらい、アンジュの3人になりました。
 オープニングの後、フェニックスからアンジュが出てきて早速ライブを行ってきました。
 かつて負けたことを思い出しながらももっと高みを目指したいと訴えます。

 アンジュのライブは周りを圧倒してしまい、虹ノ咲さんは姿を消してしまいます。
 みらいは「キラースマイル」で虹ノ咲さんを勇気づけ、やってみないとわからないと言ってきました。
 そうかと思ったらみらいが先に歌うと言い、虹ノ咲さんはみらいのことを応援します。

 みらいのライブが周りを感動の渦に巻き込み、虹ノ咲さんは改めて周りへの感謝を抱きながらライブを行います。
 ライブから力をもらってダイヤモンドコーデが動き出し、最終的にみらいがダイヤモンドアイドルに輝きます。
 みらいは虹ノ咲さんを「だいあ」と呼びますが、そのことがもう一人の「だいあ」の精神にダメージを与えてきました。

 ダイヤモンドコーデにこれからもずっとみんなと一緒にいたいとお願いしようとするみらいさん。
 しかし、上空にいただいあの心が割れ、みんな大嫌いだと言ってきますが……

【感想等】
 1期(ついでに言えば前作の1話)からずっと見てきただけになんだか感慨深いです。
 フェニックスから白鳥というのはよくわかりませんが、大物のオーラをひしひしと感じました。
 周りがみんな中学生なのに自分だけ大人というのはどんな気持ちなのでしょうか。

 「先制は負けフラグ」という格言を考えるとみらいさんが一番最後だとばかり思ってました。
 私自身の立場だったら勝利を争う相手を本気で応援出来るかかなり怪しいです。
 次回は闇墜ちしただいあさんを助け出して2クール目を終了させる算段でしょうか。

【アニメ感想】キラッとプリ☆チャン 第98話「まだまだ続くよ!ジュエルコレクション!!だよん!」

 プリチャンさんの98話を見て感想を書かせていただきます。
 前回に続くジュエルコレクションで今回はめるさんがライブをするそうです。
 ますます混迷してきたような気がしますがどう収拾を付けるのでしょうか。

【内容】
 えも、あんな、りんかがそれぞれの輝きを放ち、アンジュは観客の気持ちの高ぶりを感じます。
 めるは勝手にランウェイから飛び出してサインを書いてファンサービスをした後でライブを行います。
 宇宙からもいいねが届いて紫色の輝きが加わり、すっごい楽しかったと叫んできました。

 めるはその次にはさらを指名し、さらは弟に「かわいい」と言われて感慨深い表情を浮かべます。
 さらの「緑」の宝石が光り輝き、かっこいいと言われるのも可愛いと言われるのもうれしいと言ってきます。
 メルティックスターのライブに触発されたまりあは自分の全力を受け止めてくれと言ってきました。

 「かわいい向上委員会」の皆さんが詰めかける中、まりあはかわいいかわいいと連呼した曲を披露します。
 世界中からのいいねとともにまりあの輝きが加わり、相方のすずは一人でこの場所には立てなかったと実感します。
 すずがライブをすればまりあは目を輝かせ、2人が手をつないだところで観客の興奮がますます高まるのでした。

【感想等】
 出場者10人ということで前回も今回もほとんどライブのお話なのは仕方ないのかも。
 ランウェイで笑うと別のアニメを思い出しつつも、中学生からファンサービスに余念がないのは素晴らしいかと。
 「かわいい」と言われて喜ぶさらさんはやっぱり年齢相応の女の子なんだなとつくづく思います。

 かっこいいとは言われたことがない私ですが、気づいたらあっという間に半分が終わっていて驚きました。
 ユヅルさんのルーレットは要らなくなりましたが、彼の身を考えるとむしろその方がよかったはず。
 次回でジュエルコレクションの決着がつくそうですが、最後に笑うのは一体誰になるのでしょうか。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム