【アニメ感想】ヒーリングっど♥プリキュア 第12話「以心伝心!?チームワーク大作戦」

 ヒープリの12話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は複数のメガビョーゲンを倒したプリキュアさんですが……
 特訓の成果で新しい必殺技でも覚えるのでしょうか。

【内容】
 冒頭から自分達がプリキュアだと暴露して前回のあらすじをするのどか達。
 ネズミ(?)が出てきたかと思えば何かに捕まってしまいました。

 オープニングが流れた後、のどかはラテに食事を与えていました。
 ラビリンは緊急ミーティングをすると言い、チームワークが大切ではないかと結論づけます。
 ペギタンは特訓しかないと主張し「チームビルディング大作戦」を提案してきます。

 のどかは特訓と聞いて目を輝かせ、敵を見ると新たな幹部バテテモーダが出てきます。
 バテテモーダは先輩方を褒めちぎりつつバリバリ地球をむしばみたいっすよと言って去っていきました。
 のどか達は特撮のお約束である採石場に連れてこられ、ラビリン達は以心伝心を伝えますが……

 ジェスチャーゲームをしたり、猫のポーズやうさぎのポーズ、ペンギンのポーズをしたもののなかなかうまくいきません。
 ラビリンは本を読んで調べていましたが、ペギタンやニャトランに本当にこれでいいのかと言われてしまいます。
 ニャトランやペギタンはラビリンの真意を知ってやる気になりますが、のどか達はまるっきり緊張感がありませんでした。

 バテテモーダはメガビョーゲンを発生させ、いつもどおりラテの調子が悪くなってしまいます。
 のどか達はプリキュアに変身し、新しい敵が登場したことに色々な意味で驚きます。
 バテテモーダは自らプリキュアを攻撃して彼女らを圧倒しますが、のどか達は立ち上がって3人で攻撃を仕掛けます。

 合体技でメガビョーゲンを退けたものの、バテテモーダは戦うのが楽しいと言って周囲を驚かせます。
 バテテモーダはこの前のメガビョーゲンから生まれたらしく、そのほかにも大型新人が出てくる可能性があるのだとか。
 のどかは力を合わせれば大丈夫だと言いますが、ひなたにはそれでも不安が残るのでした。

【感想等】
 このご時世でも放送していることはありがたいものの、現場は大丈夫なのか心配になります。
 制作スタッフさんや声優さんがお手当される側にならないことを願うばかりです。
 オープニングでもさりげなく「愛」というワードが出てきて、ふとイエスタデイのことを思い出します。

 バテテモーダさんの中の人がガンダムSEEDのキラさんと同じ人だったのが一番の驚きかも。
 ジェスチャーは別に採石場でなくてもできるような気がしますが……
 のどかさんが後ろに手を回されて「やめてよね……」と言われるのを妄想しつつ、次回のお話も見ていきたいです。

【アニメ感想】ヒーリングっど♥プリキュア 第11話「力を一つに!ミラクルヒーリング!」

 ヒープリの11話を見て感想を書かせていただきます。
 ますます勢いを増すコロナウィルスメガビョーゲンを前にどう立ち向かうのでしょうか。
 関係者の皆様がコロナウィルスに感染しないことを願う今日この頃です。

【内容】
 校外学習に出たところで一度にメガビョーゲンが3体も出てしまいます。
 前回は1体倒して残りは2体となり、発生から時間が経過して強くなっていました。
 のどかは「さあお手当てをはじめよう」と気合いの入ったひと言を言い放ちます。

 オープニングの後、のどか達は必殺技で2体目のメガビョーゲンを浄化することに成功します。
 水のエレメントさんは一同を回復させてくれ、のどか達は最後のメガビョーゲンの元へと向かいます。
 最後のメガビョーゲンは恐ろしく強くなっていて、お手当てどころか近づくことも出来ません。

 のどか達は気づいたら変身が解けていて、ひなたは「本当にお手当て出来るのかな」と弱気になります。
 このまま放置してはもっと強くなってしまいますし、それぞれ自分の担当を浄化できていればと言い出します。
 のどかはラビリンの判断があったから光のエレメントさんや水のエレメントさんが助かったとフォローします。

 幼少期にお医者さんにあきらめずに戦ってほしいと言われたことを思い出すのどかさん。
 ラテに聴診器を当てても心の声が聞こえてこなくてどこに行けばいいのかわかりませんでした。
 たくさんのエレメントさんが飛んできて道を教えてくれたらしく、どうか仲間を助けてと言われます。

 のどか達は再びメガビョーゲンの前に立ち、3人同時にプリキュアに変身してきました。
 一気に近づいて攻撃を仕掛けていき、渾身のキックを浴びせたものの、再び吹き飛ばされてしまいました。
 花のエレメントさんは体力を奪われて消滅の危機に瀕していて、のどか達は言葉で説得することに。

 エレメントさんが光ったらステッキも光り、はじめて見るボトル(販促アイテム)が出てきました。
 3人で虹色の光を出してメガビョーゲンを浄化し、メガビョーゲンは「ヒーリングッバイ」と言って消えていきます。
 ダルイゼンは「プリキュアも成長するんだ」と言って去っていき、エレメントさんは少しずつ戻るそうです。

 先生が探したんだぞと言って出てきて、とりあえずワーキャーと言ってごまかします。
 女王様は「どうにか危機を乗越えたようですね」と言いつつも嫌な予感がしているようです。
 そしてCパートでは手洗いやうがいについてしっかりご教授するプリキュアなのでした。

【感想等】
 不謹慎ながら連続発生したメガビョーゲンがどうしても現実世界のコロナウィルスと重なります。
 はめふらを見た後だとダルイゼンさんがグレたアラン王子に思えたのはここだけの話です。
 相手を倒すことを遠回しに「お手当て」というのは機会があれば今後使ってみてもいいかもしれません。

 何の作戦もなく挑みかかるのは無謀とも思えますが、グレース(のどか)さんのライダーキックかっこいいです。
 新しい販促アイテムが出てきてラテ様も無事ならとりあえずはよかったのかもしれません。
 最後はちょっと不安が残る終わり方なのですが、手洗いやうがいを促すプリキュアの皆さんに感謝です。

【アニメ感想】ヒーリングっど♥プリキュア 第10話「緊急お手当て!メガビョーゲンがいっぱい!?」

 ヒープリの10話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は同時に3体のメガビョーゲンが出てくるようですが……
 現実世界のコロナウィルスと重なるのは気のせいでしょうか。

【内容】
 のどかは駅前でちゆを待っていて、今日の校外学習が楽しみだと目を輝かせます。
 実は電車でお出かけがはじめてだからと1時間前から待っていたそうです。
 おばあさんがお金を落としたのを拾っていたらあやうく自転車にひかれそうになります。

 お金は拾ったもののお守りは排水溝に落ちていて、ちゆ、ひなたとともに取ることが出来ました。
 ビョーゲンズは幹部(?)3人が言い争いをし、オープニングが流れた後、のどかは電車で景色を眺めていました。
 ニャトランは自分達だけ留守番なのはつまらないと言い、とりあえずは美術館の地図を見つめていました。

 今回やってきたガラス美術館は有名なところで、作者の女性が出てきてわざわざ開設してくれました。
 彼女は中学生くらいの時に美しいガラスを見て作りたいと思い、フランスに留学して試行錯誤を繰り返したそうですが……
 のどかはニャトランやラテがついてきているのを発見し、とりあえずは「見つからないようにね」と言い聞かせます。

 グアイワルは作品をメガビョーゲンにしてしまい、いつもどおりラテの気分が悪くなりました。
 ニャトランは「俺達が来てよかったろ!」と言ってきて、のどか達はとりあえずはプリキュアに変身します。
 「大切な作品は私達が守ります」と言って避難を促した後は戦闘を開始しますが……

 今回はラテの様子がおかしく、別の2箇所でもメガビョーゲンが出たようなことを言ってきました。
 ちゆ、ひなたはそれぞれ別の場所へと向かい、のどかは作品が壊れちゃう……と言って戦えなくなります。
 ひなたはシンドイーネと対峙しますが、到着まで時間がかかったせいでメガビョーゲンが育ったのだとか。

 ラビリンは「3人で力を与えるラビ!」と言い、1体1体を浄化することを提案しますが……
 のどかは「嫌……」と言い出して一人でガラスを守ろうとし、そこにちゆやひなたが戻ってきてまず1体目を浄化します。
 光のエレメントさんはひなた達を回復させてくれて、のどかは移動中に涙しながら残りを片付けに向かうのでした。

【感想等】
 初めての電車だと目を輝かせるのどかさんを見て、こんな風になりたかったなとふと思いました。
 チームとして一体感が出てきたのどかさん達と不協和音が続く敵とが対照的に描かれているのかも。
 今はそこにつけいる隙がありますが、相手がチームプレイを身につけてきたら危なそうです。

 ガラス作家の女性がアルテさんと重なりますし、作品によっては彼女が主人公でもよさそうに思えます。
 最初から1つ1つ各個撃破していたほうがよかった……と突っ込むのは野暮でしょうか。
 次回は残り2体と戦うことになりましたが、年度も変わりましたし新しい販促アイテムの出番でしょうか。 

【アニメ感想】ヒーリングっど♥プリキュア 第9話「ひなたのカワイイ大作戦!」

 ヒープリの9話を見て感想を書かせていただきます。
 前回がちゆさんのメイン回で、今回はひなたさんのメイン回となりました。
 自粛要請もものともせずに外出してもは大丈夫なのでしょうか。

【内容】
 ひなたはノリノリで踊った動画を配信して、ニャトランを出して再生数を伸ばしていました。
 のどかの写真を見ると小さいときとあまり変わりませんが、最近の(入院していたときの)写真はありませんでした。
 ひなたは急に「付き合って!」と言ってオープニングを挟んでショッピングモールに連れてきてくれました。

 やたらとテンションが高いひなたは「エンジェルフォト撮影会」というところを指さします。
 ここでは可愛いアイテムを身につけて写真撮影するらしいですが……
 シンドイーネは女の子(?)らしくおしゃれしてキングビョーゲンにアピールしようとしていました。

 のどか達は販促アイテムっぽいものを使ってビーズでアクセサリーを作っていました。
 ニャトラン達も密かにアクセサリーを作っていましたが順番どおりでないからやり直すことに。
 ネイルをつけたちゆはオトナっぽくなり、のどかはネイルやヘアアクセでまるでお花畑になりました。

 ドレスコーナーでは女性達が先を争っていて、のどかは人混みにやられたのか倒れてしまいます。
 ひなたはのどかが倒れたことに責任を感じ、飲み物を飲んで落ち着いたら帰ろうと言いますが……
 のどかは「こんなにドキドキするくらい楽しいんだもん」と言って素敵な笑顔を見せてきました。

 シンドイーネは「私がもっときれいにしてあげちゃう」と言っていつもどおりメガビョーゲンを発生させます。
 ラテが弱ってきたので診察し、ひなたはメイン回らしく変身シーンを見せつけつつプリキュアに変身します。
 宝石のメガビョーゲンは見た目に反して身軽で素早く、さすがに1人はきつかったのか殴り倒されます。

 のどか、ちゆが助けに来てプリキュアに変身し、ひなたはのどかに「好き」と言われて赤面します。
 ちゆがメガビョーゲンを凍らせ、ひなたは必殺技でそれを浄化して、プリキュアの恰好で写真を撮ると言い出します。
 最後は普通にドレスを着て写真撮影し、最後は3人で抱き合って笑顔を見せるのでした。

【感想等】
 可愛い可愛いと連呼するとプリチャンのまりあさんのことが頭に浮かびます。
 「動物と子供には勝てない」という言葉がありますが、そういう意味ではラテさんが最強なのかも。
 ドレスを取り合うところは写真撮影と言うよりもバーゲンセールのように思えました。

 調子の悪いのどかさんを周りが心配してくれるのが見ていて微笑ましい気持ちになりました。
 ハンドルネームに反して、ひろゆきさん、シナモンさん、ラテさんと最近は犬推しになりつつあります。
 ひなたさんとのどかさんが百合方面に進むのか、今後のヒープリからますます目が離せません。

【アニメ感想】ヒーリングっど♥プリキュア 第8話「とべないちゆ!? 陸上大会 大ピンチ!」

 ヒープリの8話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はちゆさんが陸上大会に出てライバルと激突するらしいです。
 大会にはいつもどおりメガビョーゲンが出てきそうですが……

【内容】
 のどかが前回の予告をダイジェストで流し、ちゆは目覚ましで起きて早朝からランニングをします。
 ラビリンはのどかがランニングを続けていることをほめ、のどかはちゆが走っているのを見て追いかけます。
 オープニングが流れた後、ビョーゲンズのシンドイーネがダーツで占い(の練習)をしていました。

 「いい結果を出すためには練習が必須」というシンドイーネは仲間から呆れた目で見られていました。
 のどかはちゆの練習を見て「生きてる感じ」と言ってきて、県大会の新記録も出したそうですが……
 道男はわざわざライバル校を調べてきたらしく、相手はすでにちゆの記録を上回ってきたそうです。

 ちゆは「ライバルは私」と言って練習を再開しますが、動揺しているのか失敗してしまいます。
 ペギタンは毎日一生懸命なちゆはかっこいいと言いますが……
 次の日、のどかだけでなくひなたもちゆと走りたいと言ってきて、3人で砂浜を見ていました。

 ちゆが言うには砂浜では負荷をかけられるらしく、小さい頃は泳ぐのが好きだったそうです。
 自分の限界を感じたときに海を見たらまた飛ぼうと思えるそうです。
 しかしちゆはまだ飛ぶことが出来ず、ペギタンは日曜日くらいは休んだ方がいいのではと苦言を呈します。
 
 ペギタンは彼なりに書物を調べていて「イップス」という単語を見つけてしまいます。
 ひなたやのどかは買い物に出かけていると聞いていましたが、実際には極秘で横断幕を作っていました。
 のどかも一度説得を試みたものの、ちゆは今は無理をしてでも自分の限界を超えると言ってきます。

 気がついたら春の陸上大会当日になり、のどかやひなたはペギタン達を伴って応援に来ていました。
 のどか達の横断幕を見たちゆは空を見上げ、あの空の高さに比べたら……とやる気になります。
 そこにいつもどおりメガビョーゲンが現われ、ややご機嫌斜めのひなた達はプリキュアに変身してきました。

 ちゆはペギタンに感謝しつつも敵を飛び越えて敵をお手当し、エレメントさんがいつもどおりラテを治療してくれます。
 大会はどうやら中止になったようですが、ちゆは新記録をだして笑顔を見せてきます。
 のどか、ひなたはちゆに抱きついてきて、ちゆはまた一歩近づいたと言ってお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 体が弱いのどかさんがランニングで体力をつけようとしているのが他人とは思えません。
 経験上、走ればある程度は体力がつくものの、運動部ほどの体力になるのかはかなり怪しいです。
 増子道男さんと似たようなキャラが過去作に出てきたのは親戚か何かなのでしょうか。
 
 イップスと聞いてメジャーの吾郎さんを連想した視聴者がどのくらいいるのか気になります。
 「限界を超える」とヤミ団長のようなことを言うちゆさんは少年誌向けのキャラクターなのかもしれません。
 のどかさんよりも毎回エレメントさんの力を借りるラテさんの方が心配なのは私だけでしょうか。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム